■プロフィール

sausalito

Author:sausalito
成田は新しいものと旧いものが混在する魅力的な街。歴史を秘めた神社やお寺。遠い昔から刻まれてきた人々の暮らし。そして世界中の航空機が離着陸する国際空港。そんな成田とその近郊の風物を、寺社を中心に紹介して行きます。

■ ■ ■

多くの、実に多くのお寺が、明治初期の神仏分離と廃仏毀釈によって消えて行きました。境内に辛うじて残った石仏は、首を落とされ、顔を削られて風雨に晒されています。神社もまた、過疎化による氏子の減少や、若者の神道への無関心から、祭事もままならなくなっています。お寺や神社の荒廃は、古より日本人の精神文化の土台となってきたものの荒廃に繋がっているような気がします。   石仏や石神の風化は止められないにしても、せめて記録に留めておきたい・・・、そんな気持ちから素人が無謀にも立ち上げたブログです。写真も解説も稚拙ですが、良い意味でも、悪い意味でも、かつての日本人の心を育んできた風景に想いを寄せていただくきっかけになれば幸いです。                             このブログでは、引用する著作物や碑文の文章について、漢字や文法的に疑問がある部分があってもそのまま記載しています。     また、大正以前の年号については漢数字でカッコ内に西暦を記すことにしています。         なお、神社仏閣に関する記事中には、用語等の間違いがあると思います。研究者ではない素人故の間違いと笑って済ませていただきたいのですが、できればご指摘いただけると助かります。また、コメントも遠慮なくいただきたいと思います。

■訪問していただいた数

■最近の記事

クリックした記事に飛びます。

■記事の分類とアップ数
■良く参考にする書籍リスト

記事中で引用したり、取材のヒントを得るために良く利用する書籍です。  文中の注釈が長くなりますので、ここに掲載します。               ■「成田の史跡散歩」小倉 博 著 崙書房 2004年               ■「成田の地名と歴史」大字別地域の事典編集委員会 2011年      ■「成田市史 中世・近世編」成田市史編さん委員会編 1986年       ■「成田市史 近代編史料集一」成田市史編さん委員会編 1972年

■訂正一覧

掲載後判明した誤りやご指摘いただいた事項と、その訂正を掲示します。 【指】ご指摘をいただいての訂正 【訂】後に気付いての訂正 【追】追加情報等 → は訂正対象のブログタイトル        --------------- 

【訂】2014/05/05 の「三里塚街道を往く(その弐)」中の「お不動様」とした石仏は「青面金剛」の間違いでした。  【訂】06/03 鳥居に架かる額を「額束」と書きましたが、「神額」の間違い。額束とは、鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束のことで、そこに掲げられた額は「神額」です。 →15/11/21「遥か印旛沼を望む、下方の「浅間神社」”額束には「麻賀多神社」とありました。”  【指】16/02/18 “1440年あまり”は“440年あまり”の間違い。(編集済み)→『喧騒と静寂の中で~二つの「土師(はじ)神社」』  【訂】08/19 “420年あまり前”は計算間違い。“340年あまり前”が正。 →『ちょっとしたスポット~北羽鳥の「大鷲神社」』  【追】08/05 「勧行院」は院号で寺号は「薬王寺」。 →「これも時の流れか…大竹の勧行院」  【追】07/09 「こま木山道」石柱前の墓地は、もともと行き倒れの旅人を葬った「六部塚」の場所 →「松崎街道・なりたみち」を歩く(2)  【訂】07/06 「ドウロクジン」(正)道陸神で道祖神と同義 (誤)合成語または訛り →「松崎街道・なりたみち」を歩く(1)  【指】07/04 成田山梵鐘の設置年 (正)昭和43年 (誤)昭和46年 →三重塔、一切経堂そして鐘楼  【指】5/31 掲載写真の重複 同じ祠の写真を異なる祠として掲載  →ご祭神は石長姫(?)~赤荻の稲荷神社 

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■最新コメント
■最新トラックバック
■メールフォーム

メールをいただける場合はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最下行の「コメント」をクリックしていただいてもご連絡いただけます

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

何の因果か塀の中、「東峰神社」
東峯神社ー31

側高神社のある空港の第2ゲートを出て、一般道を佐原方面に向かう県道44号線に入る
抜け道の途中に「東峰神社」はあります。
取香の側高神社 ⇒

この抜け道に面して空港反対派の土地が残っており、一時は空港反対闘争の象徴的な
場所となっていたこともあって、常に機動隊の監視下にあります。
利用するのは地元住民や空港関係者に限られているので、あまり交通量はありません。
この道は第2滑走路への誘導路の真下をくぐるので、警備上の問題から道の両脇には
高い塀が続いています。


東峯神社ー30

この塀に囲まれた一角に「東峰神社」と書かれた小さな標識が立っています。
「この先行止まり」とも書かれていて、入って行く狭い道にも高い塀が・・・
興味はあるものの、いつも素通りしていました。


東峯神社ー1

今回は思い切って「東峰神社」を訪ねます。

神社への道は曲がっていて先が見えません。
見えるのは威圧感のある塀のみで、奥には機動隊が待っているかも知れません。
入って行くにはちょっと勇気が要ります。


東峯神社ー2

圧迫感のある塀の道を100メートルほど進むと、「東峰神社」はありました。


東峯神社ー3

「東峰神社(とうほうじんじゃ)」のご祭神はちょっと珍しい「二宮尊徳」。
以前、津田沼町(現習志野市)にあった「航空神社」を昭和28年に遷座したもので、この
「航空神社」は民間航空のパイオニア、伊藤音次郎氏が昭和12年に伊藤飛行機研究所内
に空難者を祀るために建立した神社です。
戦後伊藤氏は成田市の東峰地区に入植、航空神社も移設されて「東峰神社」となりました。
戦後になってから入植が行なわれた東峰地区には神社がなかったため、ここが住民たちの
祈りの場所となってきました。


東峯神社ー4

手水盤に水はありません。


東峯神社ー5

「皇紀二千六百年記念」と記された板碑。
「皇紀」とは神武天皇の即位紀元で、2600年は昭和15年でした。
社友會とも記されていますから、多分伊藤飛行機時代に建立されたものを移設
したのでしょう。


東峯神社ー22

いつのころに載せられたのか、10枚ばかりの1円玉が頭上で錆びついている狛犬は
困ったような、怒っているような表情です。

東峯神社ー6
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・東峯神社ー7
左の狛犬はこんな場所に嫌気がさして逃げ出したのでしょうか・・・。

東峯神社ー9
東峯神社ー21

「東神社」と記された石柱の裏側には、セメントが埋め込まれた
「航空神社」の文字が・・・
津田沼町から持ってきて、裏側に新しく「東神社」と彫ったのでしょうか?
それにしては石柱が新しいような気がします。
ここに遷座した時は「航空神社」のままで、しばらくしてから入植者たちの拠りどころと
なるよう、地名をとって「東峯神社」に変えたのかもしれません。

東峯神社ー14

「東神社」か「東神社」か・・・
「峯」とあるのはこの石柱のみで、この辺りの地名は「東峰」、鳥居の額束も「東峰」です。


航空博物館ー21

ちなみに、こちらは航空科学博物館の敷地内にある「航空神社」です。
航空科学博物館 ⇒


東峯神社ー10
東峯神社ー11

質素な社殿には神額もありません。
千木は水平に切られ、堅魚木は三本です。
二宮尊徳は男性ですが、千木は水平に切られて女性神を表しています。
例外もあるようですし、堅魚木は男性神の奇数なので、まあ、堅いことは言わない、言わない。


東峯神社ー13
東峯神社ー17

2基の常夜燈の間はコンクリートで舗装してあります。
2004.4.15と棒で落書きしたような日付が残っています。


東峯神社ー24

ぐるりと神社を囲む塀のあちこちに、金網を張った覗き窓のような場所があります。
狭い神社への道に入らずに、空港の敷地側から監視できるような工夫です。


東峯神社ー18
東峯神社ー15
東峯神社ー25

神社の屋根をかすめるように第2滑走路に着陸する旅客機が飛んでいます。
轟音が小さな社殿を襲います。

東峯神社ー27
・・・・・・・・・・・・・・・東峯神社ー28
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・東峯神社ー29
明け方に神社の入り口に立つと、九十九里浜側から飛んでくる旅客機が、この角度で
数分おきに侵入してきます。


東峯神社ー26
東峯神社ー23
東峯神社ー19

本来ならば空の安全を祈願する象徴的な神社として、人々の信仰を集めたであろうに、
何の因果か、空港敷地内にポツンと取り残され、訪ねる人もいない「東峰神社」。
境内に咲く山茶花の花が健気に咲いています。


東峯神社ー32


             ※ 東峰神社 成田市東峰
                空港第2ビルから千葉交バス 栗源行き 新田下車徒歩2分
                空港第2ビルから徒歩約45分
                バスは本数が少なく、徒歩では歩道が整備されていないので、
                車で行かれることをお勧めします。  特に駐車スペースは
                ありませんが、何とか2台程度は止まれます。



テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

遠山村の寺社 | 08:51:06 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
私も以前から気になっていたこの神社。
行かれたのですね。

しかも飛行機までの距離が近く、迫力ありますね。
ここで飛行機の撮影してたら機動隊に職務質問とかされますかね?

勇気をもっていつの日か私も行ってみたい!

とても参考になりました!

2014-11-15 土 22:04:05 | URL | すらっぷしょっと [編集]
すらっぷしょっと 様
本当にすごい迫力です。
特に神社の正面左上を通過する飛行機は機体番号が読めそうです。
この近辺は以前はちょっと立ち止まっただけで機動隊が来ましたが、
今はそれほどでもありません。免許証など身分を証明するものを提示
すれば大丈夫です。(案外フレンドリーな対応です)
なお、飛行機を撮るには風向きが問題で、東峰神社の場合は西風で
芝山方向から着陸侵入する時でないと、はるか上空を上昇する機体
しか見えません。
2014-11-15 土 23:22:08 | URL | sausalito [編集]
東峰神社
今日は。

ご案内仔細にわたり、しかも達筆。

元は東峰神社は「空難者を祀る神社」として、建立され、
曲折があって成田で住民の祈りの場所になる。
それが今は寂しい神社となっている。

現代の花型、世界中の航空機が飛来。
直下に何があるかも知らないで轟音を落とす。

数奇な運命に出会ったものです。

成田に縁あって、訪れる人には、他のl案内にはない素敵な書き物。
今では「エッセイ」と言うのでしょうか。

先だってのリンク、既につけているようで恐縮です。
私は体力がなくブログ活動も儘なりません。
どれ程にかお伺いできるか知れません。

素敵なブログとして、私もリンクさせて頂きました。
応援して帰ります。PP。
2014-11-16 日 18:24:40 | URL | ijin [編集]
ありがとうございます。
ijin 様

ご丁寧なコメントをいただき、ありがとうございます。
健康のために歩き回らなければ書けないテーマで始めたブログですが、
尽きぬ好奇心に突き動かされて、今では生き甲斐となっています。
勉強不足で間違いも多々あると思いますが、焦らず精進するつもりです。
ijin様のブログも楽しみにしております。
健康に十分ご留意されて、ブログ生活をお楽しみください。
2014-11-16 日 21:13:26 | URL | sausalito [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する