穏やかな時間が流れる無人駅~久住駅

0 0
久住駅の開業は明治35年、成田鉄道株式会社により明治30年に成田滑河間が開通
した5年後のことです。

久住駅ー1

久住駅は成田市内で唯一の無人駅です。

以前は現在地より200メートルほど成田駅寄りにありましたが、昭和52年に移転しました。
最近のデータはありませんが、2006年の乗車数は238人でした。
周辺の状況から、現在もそれほど変化はないように思えます。


久住駅ー2

改札口前の待合室。
ベンチがあるだけの殺風景な景色です。


久住駅ー4

2009年にSuicaが設置されました。

久住駅ー3
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・久住駅ー34
Suicaのとなりにあった「乗車駅証明発行機」です。
Suicaを持っていない人は、この発行機から切符の形をした「乗車駅証明書」を取り出し、
降車駅で精算するわけです。
裏面は磁気化されていませんから、下車駅の窓口で直接精算することになります。


久住駅ー5

2つあるホームは跨線橋で結ばれていますが、番線の表示はありません。


久住駅ー6
久住駅ー7

銚子行きの電車が入ってきます。
ホームに人影は無く、この電車に乗る人はいません。
降りた人が一人、迎えに来た車に乗って走去ると、また駅前には人影が無くなりました。


久住駅ー8

次の駅は滑河駅です。
左に分かれて行くように見えるポイントがありますが、昔の引き込み線だったのでしょう、
今はすぐにレールは消えてしまいます。
 滑河駅 ⇒


久住駅ー10

向かいのホームは上りのホームです。
小さな待合室がありますが、成田行きの電車が来るまでは20分近くありますので、
ホームにはまだ誰も見えません。


久住駅ー11

見えている踏切は「飯岡踏切」。
成田方向は線路が単線になるまでの距離が長くとられています。
貨物列車がすれ違うために必要な長さだそうです。


久住駅ー13

この駅から成田空港に向かう外人観光客がいるとは思えませんが、ご親切にも英語での
乗換案内が貼られていました。
成田駅で乗り間違えて、この駅に来てしまう外人観光客がいるのかもしれません(?)ね。


久住駅ー15
久住駅ー16

跨線橋の上から下り方面を見ると、遠くにちらりと人影が見えました。
カメラの望遠で見ると、ゴルフ場の一角が見えていました。
紅葉のコースを、ここでものんびりとゴルファーがプレイしています、


駅前は宅地造成地が広がっていますが、住宅はほとんど建っていません。
ちょっと歩いてみました。

久住駅ー25

10分ほど歩き回って、「永福寺」に辿りつきました。
真言宗智山派のお寺で、山号は「飯岡山」、ご本尊は「薬師如来」です。


久住駅ー26

らしくない本堂ですが、脇にある木彫りの仏様が素晴らしい迫力でした。

久住駅ー27
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・久住駅ー28
風化が進み、虫に食われた無数の小穴、ひび割れた額・・・
でも、お顔は穏やかに笑っておられるように見えます。

久住駅ー31

小振りな板碑は相当な年月を経ているような趣があり、中央の板碑には
種字らしきものが刻まれています。

 延宝、天和、宝永、寛政等の文字が・・・久住駅ー29
久住駅ー30
久住駅ー33

帰宅後に調べたところ、寺伝ではこの「永福寺」は天平宝字七年(763年)に鑑真和上に
よって創建されたとされているようです。(成田の歴史散歩 倫書房 小倉博著 P260)
以前紹介した吉岡の大慈恩寺も鑑真和上が天平宝字五年(761年)に創建したという
説があり、その真偽はともかく、時間的にも地理的にも話はつながってきます。
もっとも、鑑真和上が亡くなったのは763年と伝えられていますので、ちょっと無理が
あるかも知れませんね。
 大慈恩寺 ⇒

そろそろ上りの成田行き電車が来るころです。
急いで久住駅に戻ります。

久住駅ー12
久住駅ー14

ホームには乗客が3人、のんびりと電車を待っていました。


久住駅ー17
久住駅ー18

乗車したのは3人、下車した人が1人。
通勤・通学時以外はいつもこんな感じなのでしょう。


久住駅ー23

近所の人が世話をしているのでしょう、駅舎の入り口に寄せ植えの鉢がひとつ・・・


久住駅ー19
久住駅ー20
久住駅ー22
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・久住駅ー21

ホームにベンチでもあれば、ちょっと日向ぼっこでもしたい気分です。

柔らかな日差しが注ぐ久住駅には、穏やかな時間が流れています。


久住駅ー35


                   ※ 久住駅  成田市飯岡19-1
                      上りの隣駅は成田、下りの隣駅は滑河

ページトップ