■はじめに

このブログでは、引用する著作物や碑文の文章について、漢字や文法的に疑問がある部分があっても、そのまま記載しています。また、大正以前の年号については、漢数字でカッコ内に西暦を記すことにしています。 なお、神社仏閣に関する記事中には、用語等の間違いがあると思います。研究者ではない素人故の間違いと笑って済ませていただきたいのですが、できればご指摘いただけると助かります。また、コメントも遠慮なくいただきたいと思います。

■プロフィール

sausalito

Author:sausalito
成田は新しいものと旧いものが入り混じる魅力的な街。歴史を秘めた神社やお寺。遠い昔から刻まれてきた人々の暮らし。そして世界中の航空機が離着陸する国際空港。そんな成田とその近郊を、流れる風になって気の向くままに綴ります。

■訪問していただいた数

■参加ランキング

クリックしていただくと励みになります               ↓           ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉県情報へ

■ジャンル別 ・ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
88位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
13位
アクセスランキングを見る>>

■最新記事

■記事の分類とアップ数
■良く参考にする書籍リスト

記事中で引用したり、取材のヒントを得るために良く利用する書籍です。  文中の注釈が長くなりますので、ここに掲載します。               ■「成田の史跡散歩」小倉 博 著 崙書房 2004年               ■「成田の地名と歴史」大字別地域の事典編集委員会 2011年      ■「成田市史 中世・近世編」成田市史編さん委員会編 1986年       ■「成田市史 近代編史料集一」成田市史編さん委員会編 1972年

■訂正一覧

掲載後判明した誤りやご指摘いただいた事項と、その訂正を掲示します。 【指】ご指摘をいただいての訂正   【訂】後に気付いての訂正       【追】追加情報等            → は訂正対象のブログタイトル   --------------- 

【訂】2014/05/05 の「三里塚街道を往く(その弐)」中の「お不動様」とした石仏は「青面金剛」の間違いでした。   【訂】06/03 鳥居に架かる額を「額束」と書きましたが、「神額」の間違い。額束とは、鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束のことで、そこに掲げられた額は「神額」です。→15/11/21「遥か印旛沼を望む、下方の「浅間神社」”額束には「麻賀多神社」とありました。”       【指】16/02/18 “1440年あまり”は“440年あまり”の間違い。(編集済み)→『喧騒と静寂の中で~二つの「土師(はじ)神社」』             【訂】08/19 “420年あまり前”は計算間違い。“340年あまり前”が正。  →『ちょっとしたスポット~北羽鳥の「大鷲神社」』               【追】08/05 「勧行院」は院号で寺号は「薬王寺」。  →「これも時の流れか…大竹の勧行院」         【追】07/09 「こま木山道」石柱前の墓地は、もともと行き倒れの旅人を葬った「六部塚」の場所  →「松崎街道・なりたみち」を歩く(2)          【訂】07/06 「ドウロクジン」      (正)道陸神で道祖神と同義    (誤)合成語または訛り  →「松崎街道・なりたみち」を歩く(1)      【指】07/04 成田山梵鐘の設置年 (正)昭和43年 (誤)昭和46年   →三重塔、一切経堂そして鐘楼  【指】5/31 掲載写真の重複       同じ祠の写真を異なる祠として掲載  →ご祭神は石長姫(?)~赤荻の稲荷神社 

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■最新コメント
■最新トラックバック
■メールフォーム

メールをいただける場合はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最下行の「コメント」をクリックしていただいてもご連絡いただけます

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

杉木立の中の乗願寺
乗願寺は名古屋の杉木立の中にありました。
成田市内では大竹の円光寺とここの二つしかない時宗のお寺です
円光寺 ⇒ 
 
乗願寺ー1
乗願寺ー20

乗願寺は延慶三年(1310年)に三世遊行上人智得によって開山されました。
ご本尊は阿弥陀如来座像。
山号は助崎山、院号は不断光院です。
以前は現在の成田市幡谷にありましたが、弘治年間にこの地に移りました。


乗願寺ー23

参道の入り口に「聖徳太子」の石碑があります。
慶應三年(1867年)と刻まれています。


乗願寺ー2
乗願寺ー3

杉木立の両側に4体のお地蔵さまが並んでいます。
享保十三年(1728年)と宝暦三年(1753年)の建立です。


乗願寺ー4
乗願寺ー17

山門は石柱のみとなっていますが、周辺には石垣が残っています。
なお、失われたかつての山門は、助崎城の大手門でもありました。
このお寺から助崎城祉までは500メートルはありますから、
相当広い城域を持ったお城だったようです。
助崎城祉 ⇒ (祥鳳院の項の最後に写真があります) 


乗願寺ー25
乗願寺ー6
乗願寺ー7

乗願寺は板割の浅太郎ゆかりの寺としても知られています。
浅太郎は国定忠治の子分で、芝居や映画、歌にも歌われた「赤城の子守唄」で
登場する侠客です。
どうした因縁か、この寺に位牌が安置されているそうです。
浅太郎については獄死説の他にいくつかの俗説がありますが、
「赤城山騒動の後に信州に逃れて時宗の金台寺で仏門に入り、後に藤沢の遊行寺の
堂守となった」という説があります。
時宗の本山である遊行寺に浅太郎の墓があることから、この説が有力です。
乗願寺も時宗のお寺ですから、何らかのつながりがあったのでしょう。


境内の脇に布袋像と石碑、二つの祠が並んでいます。
乗願寺ー27
乗願寺ー18
乗願寺ー8

「しもふさ七福神」の一つ、子供を肩に乗せている布袋様です。
珍しい構図です。


乗願寺ー26

説明板がないので分かりませんが、これがお参りすると子供の夜泣きが治るという
「夜泣き地蔵」でしょうか。


乗願寺ー14

布袋様の隣りにある石板には、「南無大開遍照金剛」と刻まれています。


乗願寺ー5

比較的新しい灯篭ですが、鹿を彫ったこの灯篭はあちこちの寺で目にします。


乗願寺ー10

無縁仏がまとめられている一角がありました。
新しいお地蔵さまの台座には「無縁仏の安からんことを」と祈る言葉がありました。
墓地の片隅に打ち捨てられている無縁仏を見ることが多い中、ホッとする景色です。
墓石には享保、明和、文化などの年号が読めます。
300年も経ってもこうして供養してもらえるのなら、幸せなことですね。


乗願寺ー11
乗願寺ー29

さて、この仏様は誰なのでしょう?
裏口の墓地の入り口に立っています。
小さいうえに風化が激しく、素人には判別が難しいのですが、
じっと見ていると足元に「見ざる、言わざる、聞かざる」の三匹のサルがいるようです。
とすると、熊野神社にもあった「青面金剛」ではないでしょうか?
制作年代などは読めませんでした。
熊野神社の青面金剛 ⇒ 

乗願寺ー12
乗願寺ー13
乗願寺ー15

境内は手入れが行き届いている感じがします。
ここには文化十一年(1814年)から明治時代の始めまで寺小屋があったそうです。


乗願寺ー19

街灯を兼ねたお寺の看板です。
「浄土門」とは阿弥陀仏を信仰し、極楽浄土に往生するという教えです。
浄土信仰は多くの宗派に見られますが、このお寺では阿弥陀如来をご本尊として
いますから、浄土門を掲げているのでしょう。


乗願寺ー24

宝永四年(1707年)に鋳造された梵鐘は大東亜戦争のさなかに供出され、
残念ながら今は残っていません。

同じ時宗の大竹にある円光寺もそうでしたが、市内に二つしかない時宗のお寺には、
何か独特の空気が感じられます。


乗願寺ー30


             ※ 乗願寺  成田市名古屋234
                JR成田線 久住駅または滑河駅から徒歩約50分




テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

小御門村の寺社 | 10:15:50 | トラックバック(1) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

しもふさ七福神など印旛方面
15日(火)印旛沼「農家の食べる」ミルキークイーン新米の買出しに出かけた。今年は陽当りが良く例年より10日程早い収穫らしい。帰路足を伸ばして「発酵の里:神崎町」界隈を散策してきた。
2015-09-19 Sat 13:28:32 | リタイア後の悠々スローライフ