■プロフィール

sausalito

Author:sausalito
成田は新しいものと旧いものが混在する魅力的な街。歴史を秘めた神社やお寺。遠い昔から刻まれてきた人々の暮らし。そして世界中の航空機が離着陸する国際空港。そんな成田とその近郊の風物を、寺社を中心に紹介して行きます。

■ ■ ■

多くの、実に多くのお寺が、明治初期の神仏分離と廃仏毀釈によって消えて行きました。境内に辛うじて残った石仏は、首を落とされ、顔を削られて風雨に晒されています。神社もまた、過疎化による氏子の減少や、若者の神道への無関心から、祭事もままならなくなっています。お寺や神社の荒廃は、古より日本人の精神文化の土台となってきたものの荒廃に繋がっているような気がします。   石仏や石神の風化は止められないにしても、せめて記録に留めておきたい・・・、そんな気持ちから素人が無謀にも立ち上げたブログです。写真も解説も稚拙ですが、良い意味でも、悪い意味でも、かつての日本人の心を育んできた風景に想いを寄せていただくきっかけになれば幸いです。                             このブログでは、引用する著作物や碑文の文章について、漢字や文法的に疑問がある部分があってもそのまま記載しています。     また、大正以前の年号については漢数字でカッコ内に西暦を記すことにしています。         なお、神社仏閣に関する記事中には、用語等の間違いがあると思います。研究者ではない素人故の間違いと笑って済ませていただきたいのですが、できればご指摘いただけると助かります。また、コメントも遠慮なくいただきたいと思います。

■訪問していただいた数

■最近の記事

クリックした記事に飛びます。

■記事の分類とアップ数
■良く参考にする書籍リスト

記事中で引用したり、取材のヒントを得るために良く利用する書籍です。  文中の注釈が長くなりますので、ここに掲載します。               ■「成田の史跡散歩」小倉 博 著 崙書房 2004年               ■「成田の地名と歴史」大字別地域の事典編集委員会 2011年      ■「成田市史 中世・近世編」成田市史編さん委員会編 1986年       ■「成田市史 近代編史料集一」成田市史編さん委員会編 1972年

■訂正一覧

掲載後判明した誤りやご指摘いただいた事項と、その訂正を掲示します。 【指】ご指摘をいただいての訂正 【訂】後に気付いての訂正 【追】追加情報等 → は訂正対象のブログタイトル        --------------- 

【訂】2014/05/05 の「三里塚街道を往く(その弐)」中の「お不動様」とした石仏は「青面金剛」の間違いでした。  【訂】06/03 鳥居に架かる額を「額束」と書きましたが、「神額」の間違い。額束とは、鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束のことで、そこに掲げられた額は「神額」です。 →15/11/21「遥か印旛沼を望む、下方の「浅間神社」”額束には「麻賀多神社」とありました。”  【指】16/02/18 “1440年あまり”は“440年あまり”の間違い。(編集済み)→『喧騒と静寂の中で~二つの「土師(はじ)神社」』  【訂】08/19 “420年あまり前”は計算間違い。“340年あまり前”が正。 →『ちょっとしたスポット~北羽鳥の「大鷲神社」』  【追】08/05 「勧行院」は院号で寺号は「薬王寺」。 →「これも時の流れか…大竹の勧行院」  【追】07/09 「こま木山道」石柱前の墓地は、もともと行き倒れの旅人を葬った「六部塚」の場所 →「松崎街道・なりたみち」を歩く(2)  【訂】07/06 「ドウロクジン」(正)道陸神で道祖神と同義 (誤)合成語または訛り →「松崎街道・なりたみち」を歩く(1)  【指】07/04 成田山梵鐘の設置年 (正)昭和43年 (誤)昭和46年 →三重塔、一切経堂そして鐘楼  【指】5/31 掲載写真の重複 同じ祠の写真を異なる祠として掲載  →ご祭神は石長姫(?)~赤荻の稲荷神社 

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■最新コメント
■最新トラックバック
■メールフォーム

メールをいただける場合はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最下行の「コメント」をクリックしていただいてもご連絡いただけます

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

成田山祇園祭(本祭り)
祇園ー50

多くの見物客の見守る中、2日目の本祭りが始まりました。
表参道では見物客が各町内の山車や屋台を追いかけて右往左往しています。


祇園ー47
山車を小さな女の子達が先導します。     祇園ー48
手古舞(てこまい)と呼ばれ、錫杖で地面を叩きながら歩きます。


祇園ー51
祇園ー52

昨日からの雨空がまだ続き、時々小雨がぱらつくあいにくの天気ですが、
威勢の良い掛け声とお囃子で山車が参道を進みます。
屋根の上の若衆は、提灯に代えて赤い番傘を差しました。
これはこれでなかなか決まっています。


祇園ー49

以前紹介した、参道名物「甘太郎焼」です。
10×8列の焼器が通りに向って2つ、奥に2つあり、
一人で右に左にと踊るように焼いて行きます。
手前に行列ができていて、この行列が途絶えることがありません。
いつもは窓の外から覗きこむ人がいっぱいいて、シャッターを切るのは気が引けるのですが、
山車が通り過ぎた一瞬の奇跡的瞬間でした。


祇園ー57
祇園ー60

次々と山車や屋台が通過して行きます。
参道はもう身動きが取れないほどの見物客です。
浴衣にたっつけ袴、パナマ帽姿は町内の「だんな衆」と呼ばれる役員です。


祇園ー54

時々雲が切れて晴れ間がのぞきます。
でも、山車の人形はいつ降りだすか分からない雨のため、今日も顔を出せません。


祇園ー59

見物客に気をつけながら角を曲がり、進んで行くのは大変な作業です。
お酒が効いてきたのか、それとも朝からの重労働のせいなのか?、
力いっぱい綱を引いても、足元がふらつき始めて(?)います。


祇園ー66
祇園ー67

いつまでも雲行きが怪しく、シートは外したものの、どうやら今日も一日山車の人形を
立てることはできそうもありません。
お囃子もイマイチ盛り上がりません。


祇園ー79

御神輿の担ぎ手の背中にも疲労感が漂っています。
「エイサッ、エイサッ」の掛け声も枯れてきました。


祇園ー80

引き手や屋上の踊り手が疲れ気味なのに、屋台の中のお囃子連は
どうやらこの時間になって調子が出てきた様子です。
お囃子は仲之町、本町、交道会(成田山)の3台が江戸囃子、田町、土屋、花崎町、囲護台、
幸町、上町、東町の7台が佐原囃子です。
二種類のお囃子があるのは全国的にもめずらしいと言われています。


祇園ー102

鐘楼が6時の鐘を鳴らす頃、奥之院にはまだポツポツと御参りする人がいます。
出口から覗いてみると、皆小さなロウソクを大日如来様に献灯し、
拝んだ後にそのロウソクを持ち帰ってきます。
ご利益を家まで運べるというわけですね。


祇園ー85
祇園ー91

夕闇のなか、山車や屋台が引き上げても、子供たちにとってはこちらの“夜店屋台”が主役です。
今はどの夜店屋台も携帯発電機で電灯を点けていますが、
私の小さい頃は、夜店・屋台はカーバイトでの薄暗い明かりでした。
カーバイトの匂いがする屋台を、夜更けまで大っぴらに遊べるお祭りが大好きでした。
今も昔も子供たちにとってお祭りとは、夜店・屋台の間を駆け回る“夜遊び”なのですね。


祇園ー53

夜も更けて人通りも少なくなってきました。
「暫」と得意の見得を切って通りを睨んでいる市川海老蔵さんもお疲れ様です。


                 ※ 明日は3日目の後宮の様子です。



テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

祭り・イベント | 08:17:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する