■プロフィール

sausalito

Author:sausalito
成田は新しいものと旧いものが混在する魅力的な街。歴史を秘めた神社やお寺。遠い昔から刻まれてきた人々の暮らし。そして世界中の航空機が離着陸する国際空港。そんな成田とその近郊の風物を、寺社を中心に紹介して行きます。

■ ■ ■

多くの、実に多くのお寺が、明治初期の神仏分離と廃仏毀釈によって消えて行きました。境内に辛うじて残った石仏は、首を落とされ、顔を削られて風雨に晒されています。神社もまた、過疎化による氏子の減少や、若者の神道への無関心から、祭事もままならなくなっています。お寺や神社の荒廃は、古より日本人の精神文化の土台となってきたものの荒廃に繋がっているような気がします。   石仏や石神の風化は止められないにしても、せめて記録に留めておきたい・・・、そんな気持ちから素人が無謀にも立ち上げたブログです。写真も解説も稚拙ですが、良い意味でも、悪い意味でも、かつての日本人の心を育んできた風景に想いを寄せていただくきっかけになれば幸いです。                             このブログでは、引用する著作物や碑文の文章について、漢字や文法的に疑問がある部分があってもそのまま記載しています。     また、大正以前の年号については漢数字でカッコ内に西暦を記すことにしています。         なお、神社仏閣に関する記事中には、用語等の間違いがあると思います。研究者ではない素人故の間違いと笑って済ませていただきたいのですが、できればご指摘いただけると助かります。また、コメントも遠慮なくいただきたいと思います。

■訪問していただいた数

■最近の記事

クリックした記事に飛びます。

■記事の分類とアップ数
■良く参考にする書籍リスト

記事中で引用したり、取材のヒントを得るために良く利用する書籍です。  文中の注釈が長くなりますので、ここに掲載します。               ■「成田の史跡散歩」小倉 博 著 崙書房 2004年               ■「成田の地名と歴史」大字別地域の事典編集委員会 2011年      ■「成田市史 中世・近世編」成田市史編さん委員会編 1986年       ■「成田市史 近代編史料集一」成田市史編さん委員会編 1972年

■訂正一覧

掲載後判明した誤りやご指摘いただいた事項と、その訂正を掲示します。 【指】ご指摘をいただいての訂正 【訂】後に気付いての訂正 【追】追加情報等 → は訂正対象のブログタイトル        --------------- 

【訂】2014/05/05 の「三里塚街道を往く(その弐)」中の「お不動様」とした石仏は「青面金剛」の間違いでした。  【訂】06/03 鳥居に架かる額を「額束」と書きましたが、「神額」の間違い。額束とは、鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束のことで、そこに掲げられた額は「神額」です。 →15/11/21「遥か印旛沼を望む、下方の「浅間神社」”額束には「麻賀多神社」とありました。”  【指】16/02/18 “1440年あまり”は“440年あまり”の間違い。(編集済み)→『喧騒と静寂の中で~二つの「土師(はじ)神社」』  【訂】08/19 “420年あまり前”は計算間違い。“340年あまり前”が正。 →『ちょっとしたスポット~北羽鳥の「大鷲神社」』  【追】08/05 「勧行院」は院号で寺号は「薬王寺」。 →「これも時の流れか…大竹の勧行院」  【追】07/09 「こま木山道」石柱前の墓地は、もともと行き倒れの旅人を葬った「六部塚」の場所 →「松崎街道・なりたみち」を歩く(2)  【訂】07/06 「ドウロクジン」(正)道陸神で道祖神と同義 (誤)合成語または訛り →「松崎街道・なりたみち」を歩く(1)  【指】07/04 成田山梵鐘の設置年 (正)昭和43年 (誤)昭和46年 →三重塔、一切経堂そして鐘楼  【指】5/31 掲載写真の重複 同じ祠の写真を異なる祠として掲載  →ご祭神は石長姫(?)~赤荻の稲荷神社 

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■最新コメント
■最新トラックバック
■メールフォーム

メールをいただける場合はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最下行の「コメント」をクリックしていただいてもご連絡いただけます

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

小さな龍の伝説が結ぶ三つの寺(3)「龍尾寺」
龍伝説の寺の最後は「龍尾寺(りゅうびじ)」です。
印旛沼の龍の尾を葬ったお寺です。

伝説の寺ー85
伝説の寺ー69

あちこち探し回ってやっと見つけました。
真言宗智山派のお寺で、ご本尊は釈迦如来、
「天竺山尊蓮院龍尾寺」が正式名です。
梵字が彫られた山門前の石碑には元禄七年(1694年)と記されています。
朱塗りの山門には何の飾りもありませんが、なかなか歴史を感じさせます。


伝説の寺ー86
伝説の寺ー87

手水舎に「弘法大師手鑿の井戸」から引いた水で、「目を洗ったり飲んだりするので、
水を汚さないように」という注意書きがありました。
龍が巻き付き、口から水を吐き出しています。
龍の伝説の寺らしい演出で、うれしくなります。


伝説の寺ー88
伝説の寺ー89

「龍尾寺板碑」です。
説明板によると、阿弥陀如来の文字が梵字で彫られています。
応安六年(1373年)の建立で、匝瑳市の有形文化財です。


伝説の寺ー72

手水舎の後方に古いお堂があります。
掲額の文字は剥げ落ちて読みにくくなっていますが、「薬師堂」と読めます。


伝説の寺ー74

裏手に回ると井戸がありました。
「弘法大師手鑿の井戸」です。
大同二年(807年)に弘法大師がここを訪れ、
その時に自ら井戸を掘ったと伝えられています。
以来、枯れることなく清水が湧き出しています。


伝説の寺ー75伝説の寺ー76

弘法大師報恩塔がたっています。
台座には、寶作延長 国家安泰 五穀成就 萬民豊楽 と刻まれています。
昭和10年の建立です。


伝説の寺ー77
伝説の寺ー78

立派な構えの本堂です。
三つの龍伝説の寺の中では一番手入れが行き届いていて、
すがすがしい雰囲気です。

このお寺は和銅二年(807年)の建立と伝えられています。
その後火災で焼失し、平成8年に再建されたそうです。


伝説の寺ー81
伝説の寺ー79
伝説の寺ー80

本堂前の二つの灯篭に龍の彫り物がありました。
伝説の三つの寺を巡って来ましたが、やっと出会った伝説の主です。


伝説の寺ー82

本堂の右手に薬師堂より一回り小さいお堂があります。
掲額が無く、このお堂の名前は分かりませんが、長い年月を経てきたことが分かります。


伝説の寺ー92

格子の間から中を覗かせていただきました。
観音様でしょうか?
とても優しいお顔で、優美なお姿です。
ポツンとここに置かれているのはもったいないと思いました。


伝説の寺ー67伝説の寺ー68

裏門の外に朱塗りの小さな祠がありました。
細かい龍の彫刻が施されています。

この龍尾寺は伝説の三つの寺の内、唯一“龍”をモチーフにした建造物がある寺でした。


伝説の寺ー28
                                                     龍角寺

伝説の寺ー57
                                                     龍腹寺

伝説の寺ー83
                                                     龍尾寺

龍角寺から龍腹寺へ、そして龍尾寺へと、小さな龍の伝説を追ってきました。
印旛沼から安食、本埜、匝瑳へと広がるロマン溢れる龍の物語が、
もっと広く知られるようになってほしいと願っています。

印旛沼の龍
 (佐倉藩士、渡辺善右衛門守由が記した「古今佐倉真佐子」にある「印旛沼の龍の伝説」)
                   水土里ネット印旛沼 http://www.inbanuma-lid.jp/ より転載 
前々回の「小さな龍の伝説が結ぶ三つの寺(1)龍角寺」の最後にある印旛沼の地図と
見比べてみて下さい。 似ているでしょう?    


               ※ 龍尾寺  匝瑳市大寺1856
                 総武本線八日市場駅から循環バス(豊和・椿海循環)大寺下車 2分
                                                    



テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

匝瑳市の寺社 | 22:34:16 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
こんばんは
  ここでも空海は穴を掘ってたのですねw
 一説には丹を探して四国中を掘って掘って掘りまくったようですw
結果あっちこっちで井戸を作ってますね
ついでに88箇所のお寺(四国88箇所)を建てたとか。 実は何をしていたか
結構解らない人ですねw
2015-05-18 月 00:42:33 | URL | 那賀猫 [編集]
Re: こんばんは
那賀猫 様

確かに。
成田近郊だけでも「弘法の井」と呼ばれる場所が数か所あり、
全国では千数百ヶ所もあるそうですね。
掘り当てたと伝えられる温泉も数多く、尾ひれがついたり、
便乗があったりするのでしょうが、それだけ偉大な人物だった
ということでしょうか。
2015-05-18 月 16:05:08 | URL | sausalito [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する