■プロフィール

sausalito

Author:sausalito
成田は新しいものと旧いものが混在する魅力的な街。歴史を秘めた神社やお寺。遠い昔から刻まれてきた人々の暮らし。そして世界中の航空機が離着陸する国際空港。そんな成田とその近郊の風物を、寺社を中心に紹介して行きます。

■ ■ ■

多くの、実に多くのお寺が、明治初期の神仏分離と廃仏毀釈によって消えて行きました。境内に辛うじて残った石仏は、首を落とされ、顔を削られて風雨に晒されています。神社もまた、過疎化による氏子の減少や、若者の神道への無関心から、祭事もままならなくなっています。お寺や神社の荒廃は、古より日本人の精神文化の土台となってきたものの荒廃に繋がっているような気がします。   石仏や石神の風化は止められないにしても、せめて記録に留めておきたい・・・、そんな気持ちから素人が無謀にも立ち上げたブログです。写真も解説も稚拙ですが、良い意味でも、悪い意味でも、かつての日本人の心を育んできた風景に想いを寄せていただくきっかけになれば幸いです。                             このブログでは、引用する著作物や碑文の文章について、漢字や文法的に疑問がある部分があってもそのまま記載しています。     また、大正以前の年号については漢数字でカッコ内に西暦を記すことにしています。         なお、神社仏閣に関する記事中には、用語等の間違いがあると思います。研究者ではない素人故の間違いと笑って済ませていただきたいのですが、できればご指摘いただけると助かります。また、コメントも遠慮なくいただきたいと思います。

■訪問していただいた数

■最近の記事

クリックした記事に飛びます。

■記事の分類とアップ数
■良く参考にする書籍リスト

記事中で引用したり、取材のヒントを得るために良く利用する書籍です。  文中の注釈が長くなりますので、ここに掲載します。               ■「成田の史跡散歩」小倉 博 著 崙書房 2004年               ■「成田の地名と歴史」大字別地域の事典編集委員会 2011年      ■「成田市史 中世・近世編」成田市史編さん委員会編 1986年       ■「成田市史 近代編史料集一」成田市史編さん委員会編 1972年

■訂正一覧

掲載後判明した誤りやご指摘いただいた事項と、その訂正を掲示します。 【指】ご指摘をいただいての訂正 【訂】後に気付いての訂正 【追】追加情報等 → は訂正対象のブログタイトル        --------------- 

【訂】2014/05/05 の「三里塚街道を往く(その弐)」中の「お不動様」とした石仏は「青面金剛」の間違いでした。  【訂】06/03 鳥居に架かる額を「額束」と書きましたが、「神額」の間違い。額束とは、鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束のことで、そこに掲げられた額は「神額」です。 →15/11/21「遥か印旛沼を望む、下方の「浅間神社」”額束には「麻賀多神社」とありました。”  【指】16/02/18 “1440年あまり”は“440年あまり”の間違い。(編集済み)→『喧騒と静寂の中で~二つの「土師(はじ)神社」』  【訂】08/19 “420年あまり前”は計算間違い。“340年あまり前”が正。 →『ちょっとしたスポット~北羽鳥の「大鷲神社」』  【追】08/05 「勧行院」は院号で寺号は「薬王寺」。 →「これも時の流れか…大竹の勧行院」  【追】07/09 「こま木山道」石柱前の墓地は、もともと行き倒れの旅人を葬った「六部塚」の場所 →「松崎街道・なりたみち」を歩く(2)  【訂】07/06 「ドウロクジン」(正)道陸神で道祖神と同義 (誤)合成語または訛り →「松崎街道・なりたみち」を歩く(1)  【指】07/04 成田山梵鐘の設置年 (正)昭和43年 (誤)昭和46年 →三重塔、一切経堂そして鐘楼  【指】5/31 掲載写真の重複 同じ祠の写真を異なる祠として掲載  →ご祭神は石長姫(?)~赤荻の稲荷神社 

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■最新コメント
■最新トラックバック
■メールフォーム

メールをいただける場合はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最下行の「コメント」をクリックしていただいてもご連絡いただけます

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

成田山の表参道を歩く(2)
前回に引き続き表参道を歩きます。



前回最後に紹介した薬師堂から坂を下ります。


表参道ー67

薬師堂と通りをはさんで成田出身の俳人、三橋鷹女(みはし たかじょ)の像が立っています。
成田高等女学校を出た鷹女は若山牧水や与謝野晶子に師事し、
夏痩せて 嫌ひなものは 嫌ひなり
鞦韆(しゅうせん)は 漕ぐべし 愛は 奪うべし
等の激しい句で知られています。


表参道ー66

ここは駅から続く表参道が、郷部(ごうぶ)方面から来る西参道と合流する地点です。
右に下れば成田山の総門、左を行けば以前紹介した三ノ宮埴生神社に至ります。
二股路に古い酒屋さんが建っています。
前回紹介した成田の地酒「長命泉」のノボリが見えます。


表参道ー65

参道は緩く右に曲がりながら下って行きます。
ここまで来ると両側に続く店はいずれも歴史を感じさせるものばかりです。


表参道ー63
表参道ー62

うなぎ屋、薬屋が目立つ一角ですが、オリジナルの竹製品を売る店も繁盛しています。


表参道ー61

道はこんどは緩く左へと曲がって行きます。


表参道ー60
表参道ー59

うなぎで有名な「川豊本店」です。
店先でうなぎをさばき、おいしそうな匂いの煙を参道に流しながら焼いています。
休日には行列が絶えない名店です。
かつては旅館だった建物は、大正6年に建てられたものです。


表参道ー51

川豊本店の向いには「成田観光館」があります。


表参道ー55
表参道ー54

中には7月の成田祇園祭に使われた山車を始め、
数々の成田にまつわる展示物を見ることができます。


表参道ー53
表参道ー52
表参道ー56
表参道ー58
表参道ー57

入場無料なので、歩き疲れた方の恰好の休憩所になっています。


表参道ー3

目立たない細い路地の奥にしゃれた甘味処がありました。
両側のお店のひさしの間を抜けて入って行くような感じで、
気をつけていないと見過ごしてしまいます。


表参道ー38
表参道ー2

この場所にこんな空間があるとは・・・
表通りの喧騒は聞こえてきません。
あまり知られていない店なので、ちょっとした隠れ家のような気がします。


表参道ー50

そろそろ総門が近づいてきました。


表参道ー49
表参道ー48

老舗の「梅屋旅館」です。
今は旅館業はお休みで、お食事処として営業しているようです。
交通が便利になると旅館業が苦しくなるという話しは、あちこちで聞きますね。


表参道ー47
表参道ー46

同じく老舗の「大野屋旅館」です。
こちらも旅館業は開店休業で、お食事処と漬物屋として営業しています。

平成17年に国の有形文化財に指定された建物は、
木造3階建てで望楼が付いているユニークな外見です。
創業は江戸中期ですが、この建物は昭和10年に建てられたものです。

大分前になりますが、大勢の修学旅行の生徒たちが、
二階から参道を眺めていたことを思い出します。


表参道ー43

大野屋の先にベンチのある小さな休憩スペースがあります。
「延命院旧跡」と彫られた石碑が建っています。

天保の改革で贅沢なものが狙い撃ちにされた中に、歌舞伎も入っていました。
失意の中にあった七代目市川団十郎に、縁の深い成田山新勝寺が
手を差し延べ、ここにあった延命院に住まわせたのです。


表参道ー45

朽ち果てたような木造の建物がうっそうとした庭木の合間から見えましたが、
これが延命院にゆかりあるものなのかは分かりません。


表参道ー41
表参道ー40
表参道ー39

門前町の風情が色濃く残る表参道。
この雰囲気を残し、維持して行くには大変な苦労があることでしょう。
店先をただ通り過ぎるだけではなく、中に入ってその苦労と、
古きものを守って行こうとする“心意気”みたいなものを感じてみたいものです。


山門ー46
山門ー21
山門ー18

大師堂、弁財天と続いて総門に辿り着きました。


表参道ー1

表参道から総門をくぐり、仁王門から急な階段を上って大本堂へ。

JR成田駅からは徒歩15分程度の距離ですが、
参拝の行き帰りには是非お店のいくつかを覗いてみて下さい。




テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

参 道 | 00:04:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する