■プロフィール

sausalito

Author:sausalito
成田は新しいものと旧いものが混在する魅力的な街。歴史を秘めた神社やお寺。遠い昔から刻まれてきた人々の暮らし。そして世界中の航空機が離着陸する国際空港。そんな成田とその近郊の風物を、寺社を中心に紹介して行きます。

■ ■ ■

多くの、実に多くのお寺が、明治初期の神仏分離と廃仏毀釈によって消えて行きました。境内に辛うじて残った石仏は、首を落とされ、顔を削られて風雨に晒されています。神社もまた、過疎化による氏子の減少や、若者の神道への無関心から、祭事もままならなくなっています。お寺や神社の荒廃は、古より日本人の精神文化の土台となってきたものの荒廃に繋がっているような気がします。   石仏や石神の風化は止められないにしても、せめて記録に留めておきたい・・・、そんな気持ちから素人が無謀にも立ち上げたブログです。写真も解説も稚拙ですが、良い意味でも、悪い意味でも、かつての日本人の心を育んできた風景に想いを寄せていただくきっかけになれば幸いです。                             このブログでは、引用する著作物や碑文の文章について、漢字や文法的に疑問がある部分があってもそのまま記載しています。     また、大正以前の年号については漢数字でカッコ内に西暦を記すことにしています。         なお、神社仏閣に関する記事中には、用語等の間違いがあると思います。研究者ではない素人故の間違いと笑って済ませていただきたいのですが、できればご指摘いただけると助かります。また、コメントも遠慮なくいただきたいと思います。

■訪問していただいた数

■最近の記事

クリックした記事に飛びます。

■記事の分類とアップ数
■良く参考にする書籍リスト

記事中で引用したり、取材のヒントを得るために良く利用する書籍です。  文中の注釈が長くなりますので、ここに掲載します。               ■「成田の史跡散歩」小倉 博 著 崙書房 2004年               ■「成田の地名と歴史」大字別地域の事典編集委員会 2011年      ■「成田市史 中世・近世編」成田市史編さん委員会編 1986年       ■「成田市史 近代編史料集一」成田市史編さん委員会編 1972年

■訂正一覧

掲載後判明した誤りやご指摘いただいた事項と、その訂正を掲示します。 【指】ご指摘をいただいての訂正 【訂】後に気付いての訂正 【追】追加情報等 → は訂正対象のブログタイトル        --------------- 

【訂】2014/05/05 の「三里塚街道を往く(その弐)」中の「お不動様」とした石仏は「青面金剛」の間違いでした。  【訂】06/03 鳥居に架かる額を「額束」と書きましたが、「神額」の間違い。額束とは、鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束のことで、そこに掲げられた額は「神額」です。 →15/11/21「遥か印旛沼を望む、下方の「浅間神社」”額束には「麻賀多神社」とありました。”  【指】16/02/18 “1440年あまり”は“440年あまり”の間違い。(編集済み)→『喧騒と静寂の中で~二つの「土師(はじ)神社」』  【訂】08/19 “420年あまり前”は計算間違い。“340年あまり前”が正。 →『ちょっとしたスポット~北羽鳥の「大鷲神社」』  【追】08/05 「勧行院」は院号で寺号は「薬王寺」。 →「これも時の流れか…大竹の勧行院」  【追】07/09 「こま木山道」石柱前の墓地は、もともと行き倒れの旅人を葬った「六部塚」の場所 →「松崎街道・なりたみち」を歩く(2)  【訂】07/06 「ドウロクジン」(正)道陸神で道祖神と同義 (誤)合成語または訛り →「松崎街道・なりたみち」を歩く(1)  【指】07/04 成田山梵鐘の設置年 (正)昭和43年 (誤)昭和46年 →三重塔、一切経堂そして鐘楼  【指】5/31 掲載写真の重複 同じ祠の写真を異なる祠として掲載  →ご祭神は石長姫(?)~赤荻の稲荷神社 

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■最新コメント
■最新トラックバック
■メールフォーム

メールをいただける場合はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最下行の「コメント」をクリックしていただいてもご連絡いただけます

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

梵鐘が歴史を語る~大須賀川べりの「浄土寺」

前回の「大戸駅」の近くにある「浄土寺」を訪ねます。

浄土寺-11
浄土寺-12

浄土寺-1浄土寺-2

「浄土寺」は浄土宗のお寺で、ご本尊は「阿弥陀如来」、山号は「遍照山」です。

山門の掲額には「徧照山」となっていますが、各種の史料には「遍照山」となっています。
(徧は遍の異体字です。)

浄土宗千葉教区ホームページには、「浄土寺」について次のように書かれています。
「寺伝によれば、天正7年(1579)矢作城主・国分大膳胤政を開基に、奥州磐城の生れ、
存把上人の弟子であった南蓮社人譽上人が開山となり創建された。その後、新城主と
なった鳥居彦右衛門尉の菩提所となり、寺領を加附されたと伝えられるが、再三の火災
により、その後の事は不明である。」


また、境内にある板碑に刻まれた年号や梵鐘の銘文から、開基は鎌倉時代中期以前で
ある可能性もあることが紹介されています。

天正七年の開山とすれば約440年、鎌倉時代中期以前となれば約800年の歴史です。


浄土寺-3

参道の途中に、六基の石仏が並ぶ細長いお堂があります。


浄土寺-4
浄土寺ー46

左端にあるのは智拳印を結ぶ「大日如来」です。
湯殿山大権現」「貞享二」の文字だけが読め、他は剥落や風化で読めません。
貞享二年は西暦1685年になりますから、330年前のものです。


浄土寺-5
*********** 浄土寺-48

安政六年(1859)の「慈母観音」。
「観音經百万巻供養塔」と刻まれています。
一瞬、“マリア像か?”と思わせる像容です。


浄土寺-6
浄土寺-49

元禄十五年(1702)のこの石仏には、「奉造立大勢至為■■■」と記されています。
合掌する「勢至菩薩」です。


浄土寺-7
*********** 浄土寺-50

「如意輪観音」。
「元禄八■九月 奉造立如意輪觀世音■■」と読める気がします。


浄土寺-8
浄土寺-51

この「慈母観音」には、「享和二戌年三月吉日」と記されています。
享和二年は西暦1802年になります。


浄土寺-9
********** 浄土寺-52

二臂に見えますが、よく見ると六臂の「青面金剛」。
「寛延二己巳九月吉日」と刻まれています。
寛延二年は、西暦1749年です。


浄土寺-13

山門を入った右側に卵塔が並んでいます。
歴代住職のお墓のようですが、いずれも風化が進んで、文字はほとんど読めませんが、
かろうじて元禄、正徳、明治の元号を見つけました。


浄土寺-35

山門の先には鐘楼があります。

案内板には次のように書かれています。
梵鐘(貞和五年在銘)梵鐘は、もとは仏事に使われていたが、のちに人を集めたり、時刻の
合図に用いられるようになった。 この鐘は、銘文から以前あった鐘を貞和五年(一三四九)
に改鋳、慶長年間(一六〇〇年前後)この寺に持ってこられたと考えられています。鐘をつく
ところを「撞座」と呼ぶが、この撞座の文様は、千葉市郷土館保管(康永二年在銘)のものと
一致し、同じ型で造られたことがわかる。』


667年前に鋳造された鐘が、まだ現役でここにあることは驚きです。

浄土宗千葉教区ホームページにも、この梵鐘についての記述があります。
「現存する梵鐘は、城主鳥居彦右衛門尉が 磐城へ処替えの際に寄進された鎌倉時代の
古鐘で、慶長7年(1602)6月12日に磐城より当寺にもたらされたものである。銘文には、
建長6年(1254)・貞和5年(1349)の年号等のほか、当寺への寄進の旨、人譽上人のこと
などが刻まれている。」
「この鐘は大平洋戦争の時にも、貴重な文化財として供出をまぬがれている。」



浄土寺-53
浄土寺-15
浄土寺-17

「佐原市史」には、この梵鐘について次のように書かれています。
「本寺の梵鐘は、鐘身の高さ約七四糎、総高約一米、径約五七糎でどちらかといえば、やや
小さい部類に属するものとみられる。『下總國奮事考』巻一一の金石篇に記されている著者
の注記には 「土人伝、此鐘自陸奥岩城齎来、浄土寺、天正中有鳥井家臣高須氏之
縁故、及鳥井家自岩埼岩城、於岩城別創國慶寺供華院、此時
新鋳彼地鐘、以其古鐘附此寺、即是也、果然則建長貞和題名、皆奥州人也。」
とある。 これによってもこの梵鐘は慶長七年(一六〇二)六月一二日に岩城(磐城)から
もたらされたものであることがわかる。』

(文中の朱色の小文字は、一・二点、上・中・下点です。)


浄土寺-18

鐘楼の脇の常夜燈には、「慶應元年」と刻まれているように見えます。
慶応元年は西暦1865年です。


浄土寺-20
********** 浄土寺-21

常夜燈の側にある手水鉢と「大乘妙典供養塔」。
残念ながら年代は分かりません。


浄土寺-22

「千葉縣香取郡誌」に、「浄土寺」についての記述があります。

「遍照山浄土寺 東大戸村大字大戸川字新宿に在り域内三百八十九坪浄土宗にして阿彌陀
如来を本尊とす創建詳かならす天正九年辛巳矢作城主國分胤政之を再建すと七八十年前
舞馬の變に際せしが古文書古鐘等は依然として存せり其建長の古鐘銘に因り之を察すれば
其開創の殊に古代に在りしを知るに足る可し慶長七年六月十二日徳川家康亦梵鐘を寄附し
後世佐原の人伊能景晴茂左衛門亦阿彌陀を寄附せり本寺古鐘銘は下總國奮事考に詳記し
あるを以てこれを略す」


矢作城主の伊能景晴によって再建されたのが天正九年(1581)とすれば、創建はそれ以前
ということになり、鎌倉時代中期以前の創建とする説が有力となってきます。
なお、この記述のように、梵鐘が徳川家康によって寄附されたとすれば、梵鐘の銘文にその
記述があってもおかしくないと思われますが、史実はどうだったのでしょうか?


浄土寺-23
浄土寺-24
浄土寺-25

本堂の裏には割れた板碑が散乱しています。
いろいろ事情があって仕方が無いことかも知れませんが、それぞれに歴史や制作者の想いが
あるはずなので、少々残念な気がします。


浄土寺-37
浄土寺-42

倒れた板碑の向こうは大須賀川です。


浄土寺-27
浄土寺-28

日中戦争や大東亜戦争での地元出身の戦死者慰霊碑。


浄土寺-29

境内の一角に板碑が並んでいます。

「佐原市史」(昭和41年)には、この寺の開基年代を知る根拠として、これらの板碑の紀年銘を
あげています。
大戸川新宿にある。山院号遍照山光明院。浄土宗鎮西派知恩院の末である。本尊阿弥陀
三尊。創建の年代は明らかでないが、墓域内には文永八年(一二七一)・永仁六年(一二九八)・
至徳三年(一三八六)などの年号を刻んだ板碑があるところから、本寺の開基は鎌倉時代中期
以前にさかのぼることができる。」


浄土寺-30
浄土寺-31
浄土寺-32
浄土寺-58
浄土寺-59
浄土寺-60
浄土寺-33

浄土寺-61

欠損した板碑も並んでいます。


浄土寺-34
浄土寺-36
***********浄土寺-40

隣接する墓地には古い墓石が並んでいます。
寛文、延宝、宝永、享保、元文、延享、明和、安永、天明などの元号が読めます。


浄土寺-38
浄土寺-39
***********浄土寺-41
浄土寺-62

『香取郡誌』には、天正九年(一五八一)矢作城主国分胤政が本寺を再建したとあるが、国分
胤政なる者がはたして矢作城主として居城したかどうか不明である。」
(P981)
「佐原市史」にはこんな一節もあります。

梵鐘や板碑など、歴史を語るものが多く残っているものの、謎も残る「浄土寺」です。


浄土寺-70

                          ※ 「遍照山 浄土寺」 香取市大戸川35


テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

香取市の寺社 | 08:26:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する