■プロフィール

sausalito

Author:sausalito
成田は新しいものと旧いものが混在する魅力的な街。歴史を秘めた神社やお寺。遠い昔から刻まれてきた人々の暮らし。そして世界中の航空機が離着陸する国際空港。そんな成田とその近郊の風物を、寺社を中心に紹介して行きます。

■ ■ ■

多くの、実に多くのお寺が、明治初期の神仏分離と廃仏毀釈によって消えて行きました。境内に辛うじて残った石仏は、首を落とされ、顔を削られて風雨に晒されています。神社もまた、過疎化による氏子の減少や、若者の神道への無関心から、祭事もままならなくなっています。お寺や神社の荒廃は、古より日本人の精神文化の土台となってきたものの荒廃に繋がっているような気がします。   石仏や石神の風化は止められないにしても、せめて記録に留めておきたい・・・、そんな気持ちから素人が無謀にも立ち上げたブログです。写真も解説も稚拙ですが、良い意味でも、悪い意味でも、かつての日本人の心を育んできた風景に想いを寄せていただくきっかけになれば幸いです。                             このブログでは、引用する著作物や碑文の文章について、漢字や文法的に疑問がある部分があってもそのまま記載しています。     また、大正以前の年号については漢数字でカッコ内に西暦を記すことにしています。         なお、神社仏閣に関する記事中には、用語等の間違いがあると思います。研究者ではない素人故の間違いと笑って済ませていただきたいのですが、できればご指摘いただけると助かります。また、コメントも遠慮なくいただきたいと思います。

■訪問していただいた数

■参加ランキング

クリックしていただくと励みになります                          ⇩         ⇩

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉県情報へ

■ジャンル別 ・ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
7位
アクセスランキングを見る>>

■最近の記事

クリックした記事に飛びます。

■記事の分類とアップ数
■良く参考にする書籍リスト

記事中で引用したり、取材のヒントを得るために良く利用する書籍です。  文中の注釈が長くなりますので、ここに掲載します。               ■「成田の史跡散歩」小倉 博 著 崙書房 2004年               ■「成田の地名と歴史」大字別地域の事典編集委員会 2011年      ■「成田市史 中世・近世編」成田市史編さん委員会編 1986年       ■「成田市史 近代編史料集一」成田市史編さん委員会編 1972年

■訂正一覧

掲載後判明した誤りやご指摘いただいた事項と、その訂正を掲示します。 【指】ご指摘をいただいての訂正 【訂】後に気付いての訂正 【追】追加情報等 → は訂正対象のブログタイトル        --------------- 

【訂】2014/05/05 の「三里塚街道を往く(その弐)」中の「お不動様」とした石仏は「青面金剛」の間違いでした。  【訂】06/03 鳥居に架かる額を「額束」と書きましたが、「神額」の間違い。額束とは、鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束のことで、そこに掲げられた額は「神額」です。 →15/11/21「遥か印旛沼を望む、下方の「浅間神社」”額束には「麻賀多神社」とありました。”  【指】16/02/18 “1440年あまり”は“440年あまり”の間違い。(編集済み)→『喧騒と静寂の中で~二つの「土師(はじ)神社」』  【訂】08/19 “420年あまり前”は計算間違い。“340年あまり前”が正。 →『ちょっとしたスポット~北羽鳥の「大鷲神社」』  【追】08/05 「勧行院」は院号で寺号は「薬王寺」。 →「これも時の流れか…大竹の勧行院」  【追】07/09 「こま木山道」石柱前の墓地は、もともと行き倒れの旅人を葬った「六部塚」の場所 →「松崎街道・なりたみち」を歩く(2)  【訂】07/06 「ドウロクジン」(正)道陸神で道祖神と同義 (誤)合成語または訛り →「松崎街道・なりたみち」を歩く(1)  【指】07/04 成田山梵鐘の設置年 (正)昭和43年 (誤)昭和46年 →三重塔、一切経堂そして鐘楼  【指】5/31 掲載写真の重複 同じ祠の写真を異なる祠として掲載  →ご祭神は石長姫(?)~赤荻の稲荷神社 

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■最新コメント
■最新トラックバック
■メールフォーム

メールをいただける場合はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最下行の「コメント」をクリックしていただいてもご連絡いただけます

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

飛行機が間近に見える四ヶ所の展望台
花曇りの今月初旬、「さくらの山」をちょっと覗いてみました。
予想をはるかに超える人出です。

展望台ー41

気の早い大きな鯉のぼりが春風に舞っています。


********** 展望台ー2
展望台ー3
********** 展望台ー4

「ちば眺望百景」に選ばれ、昨年3月には観光情報コーナーや地元の野菜販売、空港関連の
グッズ等を販売する「空の駅さくら館」がオープンするなど、今やちょっとした観光地です。



展望台ー15
展望台ー10

ここからは4000メートルのA滑走路や第1ターミナル、管制塔、駐機場が一望でき、週末は
もちろん平日でも大勢の人たちが訪れます。


展望台ー5
*************展望台ー6
展望台ー7
*************展望台ー31

あいにく曇天でしたが、お花見と飛行機見物に繰り出した人々で「上野の山」並の賑わいです。
駐車場は臨時の駐車場まで満車状態で、付近の道路では時ならぬ渋滞が発生していました。


展望台ー16

空港の中にも沢山の桜が咲いています。
外国からの旅行客が、着陸した旅客機の窓からはじめに目にするこの景色に歓声をあげて
いるかもしれません。


展望台ー12
*******展望台ー13
展望台ー14
*******展望台ー19

次々と飛び立つ旅客機の合い間に、着陸する旅客機が頭上をかすめるように飛んできます。

展望台ー18
*******展望台ー20
展望台ー21

誘導路をゆっくりと進んできた旅客機が、滑走路の端で方向転換し、爆音を響かせて離陸
して行く様子は、航空ファンならずともテンションが上がる景色です。


展望台ー26
展望台ー22

空港の反対側の景色も素晴らしく、なだらかな丘陵地が続く中にゴルフ場やホテルが見えます。
所々に桜も見えています。


展望台ー38
展望台ー23

さくら館の下には遊歩道が整備されています。
少々アップダウンがきつい感じですが、汗を流すにはちょうど良い感じです。


展望台ー25
展望台ー27
展望台ー28
展望台ー29

桜並木の向こうから着陸態勢に入った旅客機がぐんぐん近づき、桜の花の中を突っ切ります。


展望台ー32
***展望台ー33
*******展望台ー34
***********展望台ー35
***************展望台ー36
******************展望台ー37

平成14年4月の「さくらの山」の記事の桜と見比べてください。
わずか2年で桜は見事に成長しています。
                        平成14年4月の「さくらの山」 ☜ ここをクリック


成田空港の周辺には、ここ「さくらの山」を含めて4ヶ所の展望台があります。
今回は、一気に残りの3ヶ所も廻ってみましょう。

展望台ー42
***********展望台ー43
展望台ー44
展望台ー45

「東雲の丘」は四ヶ所の展望台の内、唯一B滑走路側にあります。
展望台と空港敷地の間には国道51号線が走り、後方は畑地が広がっています。
B滑走路が北側に延伸された時に設置された防音堤を利用しています。


展望台ー46
展望台ー47

「さくらの山」に比べると、空港内の景色が殺風景な感じがします。
今なお続く反対派との衝突を避けて、当初計画とは反対側に急遽延伸したため、滑走路
以外の施設が見当たらないせいでしょう。


展望台ー48
展望台ー49

この展望台は細長いデッキのようです。
人影もまばらで、ただただ飛行機が見たい人には嬉しいスポットでしょうね。


展望台ー50
*****展望台ー51
********** 展望台ー52
*****展望台ー53
展望台ー54

着陸機は左側を目線よりほんのちょっと高く通過して行きます。


展望台ー55
********** 展望台ー56
展望台ー57
********** 展望台ー58
展望台ー59
********** 展望台ー60
展望台ー61
********** 展望台ー62


展望台ー64

A滑走路のように離陸待ちの飛行機が行列をするような景色はあまり見られません。
離陸・着陸のあとはしばらく静寂が滑走路上を支配します。


次はつい1カ月ほど前にオープンした「ひこうきの丘」です。

展望台ー75
展望台ー78

こちらはA滑走路の南端に位置し、芝山町の管轄です。

展望台ー65
展望台ー66

駐機場や格納庫、整備場が目の前に見えます。


展望台ー68
展望台ー69
展望台ー72

東風・南風の場合は、離陸機が頭上を轟音と共に通過して行き、着陸機は遠く「さくらの山」の
方向から降下してくる様子を見ることができます。
西風・北風の時は、近くに離陸待ちの飛行機を見ながら、着陸機が接地時に出すタイヤの煙を
はっきりと見ることができます。


展望台ー70
展望台ー74

遥かに筑波山が見えます。
天気の良い日ならば、なかなかの景色でしょう。


展望台ー71
********** 展望台ー77
展望台ー76

遠くに管制塔、近くには「航空科学博物館」が見えています。


最後は「三里塚さくらの丘」です。

展望台ー88
展望台ー96

こちらは「さくらの山」より前に設置された展望台ですが、空港工事の関係でフェンスに一部
視界が遮られるなどして、今ではすっかり「さくらの山」に人気を奪われてしまいました。


展望台ー79
展望台ー80
展望台ー81
展望台ー90

ただ、桜の季節には、見事な景色が広がる、知る人ぞ知る隠れた名所になります。
桜が満開となる数日間は駐車場が満杯となり、周辺道路に車の列ができるほどの賑わいです。


展望台ー82
*****展望台ー85
********展望台ー87
************ 展望台ー91
********展望台ー94
*****展望台ー98
展望台ー99

展望台ー95
展望台ー97

普段はほとんど人影が見えない「三里塚さくらの丘」は、のんびりとした散策に最適です。

空港周辺の四ヶ所の展望台は、それぞれ違う顔を持っています。
天気や風向きによって、場所を移動しながら飛行機を眺めるのも楽しいものです。




① さくらの山       県道44号線を小菅から空港方面へ さくらの山信号左側
② 東雲の丘       国道51号線を佐原方面へ 十余三トンネル手前左側
③ ひこうきの丘     ①の信号を三里塚・千代田方向へ 航空科学博物館の手前右側
④ 三里塚さくらの丘   ひこうきの丘の手前右側




テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

空港と飛行機 | 08:26:27 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
Hot
 こんばんは
 成田と言えばやっぱり此処か。
 小牧でX-2も飛んだようですし、今、飛行場がHOTですねw
2016-04-23 土 22:36:29 | URL | 那賀猫 [編集]
Re: Hot
那賀猫 様
自宅の窓からも、神社やお寺の境内からも、走行中の車窓からも、
どこからでも飛行機が見える成田ですが、間近を飛んでいる飛行機
の迫力や美しさは私の腕では写真に表現できません。
少しずつ腕を磨いてアップして行こうと思っていますが、やはり
神社やお寺の静かな佇まいの方にレンズが向いてしまいます。
2016-04-24 日 09:48:30 | URL | sausalito [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する