■はじめに

このブログでは、引用する著作物や碑文の文章について、漢字や文法的に疑問がある部分があっても、そのまま記載しています。また、大正以前の年号については、漢数字でカッコ内に西暦を記すことにしています。 なお、神社仏閣に関する記事中には、用語等の間違いがあると思います。研究者ではない素人故の間違いと笑って済ませていただきたいのですが、できればご指摘いただけると助かります。また、コメントも遠慮なくいただきたいと思います。

■プロフィール

sausalito

Author:sausalito
成田は新しいものと旧いものが入り混じる魅力的な街。歴史を秘めた神社やお寺。遠い昔から刻まれてきた人々の暮らし。そして世界中の航空機が離着陸する国際空港。そんな成田とその近郊を、流れる風になって気の向くままに綴ります。

■訪問していただいた数

■参加ランキング

クリックしていただくと励みになります               ↓           ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉県情報へ

■ジャンル別 ・ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
9位
アクセスランキングを見る>>

■最新記事

■記事の分類とアップ数
■良く参考にする書籍リスト

記事中で引用したり、取材のヒントを得るために良く利用する書籍です。  文中の注釈が長くなりますので、ここに掲載します。               ■「成田の史跡散歩」小倉 博 著 崙書房 2004年               ■「成田の地名と歴史」大字別地域の事典編集委員会 2011年      ■「成田市史 中世・近世編」成田市史編さん委員会編 1986年       ■「成田市史 近代編史料集一」成田市史編さん委員会編 1972年

■訂正一覧

掲載後判明した誤りやご指摘いただいた事項と、その訂正を掲示します。 【指】ご指摘をいただいての訂正   【訂】後に気付いての訂正       【追】追加情報等            → は訂正対象のブログタイトル   --------------- 

【訂】2014/05/05 の「三里塚街道を往く(その弐)」中の「お不動様」とした石仏は「青面金剛」の間違いでした。   【訂】06/03 鳥居に架かる額を「額束」と書きましたが、「神額」の間違い。額束とは、鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束のことで、そこに掲げられた額は「神額」です。→15/11/21「遥か印旛沼を望む、下方の「浅間神社」”額束には「麻賀多神社」とありました。”       【指】16/02/18 “1440年あまり”は“440年あまり”の間違い。(編集済み)→『喧騒と静寂の中で~二つの「土師(はじ)神社」』             【訂】08/19 “420年あまり前”は計算間違い。“340年あまり前”が正。  →『ちょっとしたスポット~北羽鳥の「大鷲神社」』               【追】08/05 「勧行院」は院号で寺号は「薬王寺」。  →「これも時の流れか…大竹の勧行院」         【追】07/09 「こま木山道」石柱前の墓地は、もともと行き倒れの旅人を葬った「六部塚」の場所  →「松崎街道・なりたみち」を歩く(2)          【訂】07/06 「ドウロクジン」      (正)道陸神で道祖神と同義    (誤)合成語または訛り  →「松崎街道・なりたみち」を歩く(1)      【指】07/04 成田山梵鐘の設置年 (正)昭和43年 (誤)昭和46年   →三重塔、一切経堂そして鐘楼  【指】5/31 掲載写真の重複       同じ祠の写真を異なる祠として掲載  →ご祭神は石長姫(?)~赤荻の稲荷神社 

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■最新コメント
■最新トラックバック
■メールフォーム

メールをいただける場合はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最下行の「コメント」をクリックしていただいてもご連絡いただけます

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

1200年の歴史~幡谷の「香取神社」と「浅間神社」
幡谷の「香取神社」と「浅間神社」は道を挟んで並んでいます。

幡谷香取-50 香取神社
浅間神社 幡谷香取ー37

「香取神社」から見てゆきます。

幡谷香取ー2

木製の鳥居は控柱の付いた両部鳥居です。


幡谷香取-65

社号標は昭和51年の建立です。


幡谷香取ー3

鳥居の脇に二つの手水盤が置かれています。
手前は明治三十一年(1898)、奥の小さい方には「天明六丙午」と刻まれています。
天明六年は西暦1786年になります。


幡谷香取-76
     神  額   ***幡谷香取ー4
幡谷香取ー6   拝 殿 内 部

幡谷香取-55

「千葉県神社名鑑」によれば、ご祭神は「經津主命(フツヌシノミコト)」、本殿は亜鉛板葺で
流破風造の1.2坪、拝殿は亜鉛板葺入母屋造の7坪、境内は647坪で氏子は80戸です。

由緒沿革には次のように書かれています。
「創立は第五一代平城天皇の大同元年で、今の社殿は第一〇七代後陽成天皇慶長九年
庚辰九月一七日の改造になるものという。往時、本村は亀山村と称していたが、邪神駆除
の時に用いられた大神の旗を社殿に納め崇敬したる縁故により、後に幡谷村と改めたと
いわれる」


大同元年は西暦806年で、実に1200年以上前のことになります。
また、慶長九年は1604年ですから、本殿は400年以上前に改築されたことになります。

拝殿は昭和51年に改築されました。


幡谷香取-56
幡谷香取-57
********** 幡谷香取ー7
幡谷香取-93
幡谷香取ー11

400年もの風雪を耐えてきたとは思えない、しっかりとした社殿です。

「千葉縣印旛郡誌」中の「久住村誌」には、こう書かれています。
「村社 香取神社 幡谷村字宮下にあり經津主命を祭る由緒不肖と雖慶長九年九月創立に
係る棟札を見る社殿間口七尺奥行七尺拜殿間口三間奥行二間神門高一丈一尺間口八尺
境内六十七坪官有地第一種あり神官は澤田總重郎にして氏子六十九戸を有し管轄廰まで九里
三十一町十一間一尺なり神社明細帳



幡谷香取-62

境内の右手には、古事記奉上文の一節を刻んだ石碑が建っています。
「明治貳拾六年八月十日」と、「正六位勲六等 岩佐為春書」とあり、次の文が刻まれています。

「議安河而平天下 論小濱而淸國土」

「古事記」は第四十代天武天皇の命によって編纂が始まり、一時期の中断を経て第四十三代
元明天皇によって作業が再開され、稗田阿礼の口述を太安万侶が筆記編纂した我が国最古
の歴史書ですが、「臣安萬侶言 夫 混元既凝 氣象未效 無名無爲 誰知其形~」と始まる
その冒頭の序文の中にこの一節があります。

【安河(高天原の河)で天下(葦原中国=地上のこと)の平定について神々が相談し、小濱
(島根県出雲市にある稲佐の浜)で建御雷神(タケミカヅチノカミ)が事代主神(コトシロヌシ
ノカミ=大國主神)を諭して国土を清めました。】


幡谷香取ー16

拝殿前の二基の灯籠には、「天明三癸卯六月」と記されています。
天明三年は西暦1783年で、天明の大飢饉のまっただ中にありました。
この灯籠が寄進された翌月には、死者二万人を出したと言われる浅間山の大噴火が起こり、
飢饉はさらに深刻度を増してゆきます。


幡谷香取-66

境内の左手にある二基の祠は、風化が進んでいて刻まれていたはずの文字は読めません。


幡谷香取-67

大正四年(1915)のこの石碑には次のように刻まれています。
「村社香取神社は平城天皇大同元年の創立にして庶人の崇敬いと厚き古社なり 今上天皇
御即位奉祝の記念として今年三月祭田九畝拾三歩山林八反参畝参歩を氏子より基本財産
に寄附し同八月六日幣帛神撰料供進の式社に列せられる因で御大典擧行の吉事を撰ひ碑
を建て由緒を刻し以て永く後年に傳ふ」

(崩し字が多く一部読み間違いがあるかもしれません。)


幡谷香取-69

境内を出たところに、小さな祠がたくさん並んでいる場所があります。


幡谷香取-71

およそ五十基ある祠は「道祖神」です。
風化でほとんど読めませんが、文化、元文などの元号がかろうじて読み取れます。


幡谷香取-70
********** 幡谷香取-72

小さな道祖神群に合わせたような小振りの灯籠が並んでいます。
一基には「文政九丙戊歳九月」と刻まれています。
文政九年は西暦1826年になります。
もう一基には「安永■辰」の文字が見えます。
安永年間の干支に「辰」があるのは元年(壬辰)だけですので、安永元年(1772)のもので
あることが分かります。


幡谷香取-73

中央の一番大きな祠には「元文四己未」と刻まれています。
元文四年は西暦1739年、約280年前になります。


幡谷香取-74

道祖神群はスダジイの大木に抱かれるようにして、その根元に並んでいます。


幡谷香取-75 道祖神側から見る香取神社


道を渡って「浅間神社」に向かいます。

幡谷香取-88
幡谷香取-77

こちらは石造の明神鳥居です。
社号標は昭和51年のものです。


幡谷香取-79 自然石を加工した手水石
  年代不詳の手水盤  幡谷香取-80
幡谷香取-81 昭和50年奉納の灯籠
延享年代(1744~48)の祠 幡谷香取-82

幡谷香取-83

この「浅間神社」に関しては「千葉縣印旛郡誌」中の「久住村誌」に簡単に記述されています。
ご祭神は「木花開耶姫(コノハナノサクヤヒメ)」で、社殿は板造小祠であり、神官名や氏子数、
管轄廰までの距離は隣の「香取神社」と同じです。

板造小祠から石造小祠になったのは昭和50年です。
また、「千葉県神社名鑑」の「香取神社」の項に、境内神社として「浅間神社」が記載されて
いることから、この「浅間神社」はもともと「香取神社」の境内にあったものと考えられます。


幡谷香取-85
幡谷香取-91

両神社の間に名古屋地区方向への道路が造られ、「香取神社」の境内社であった「浅間神社」
が境外社となったようです。


幡谷香取-89
          両社の間の道路から見た「浅間神社」 ⇑  と「香取神社  ⇓   
幡谷香取-90


幡谷香取-86
幡谷香取ー45
********** 幡谷香取-97

境内の外れに建つ、昭和3年の「御大典記念改修道路碑」。
この時、両社の間に道路ができたのでしょうか?


幡谷香取ー30
幡谷香取-78
幡谷香取-99
幡谷香取-95

幡谷の「香取神社」と「浅間神社」。
道路に分けられはしましたが、それぞれの社殿の後ろには、まだ豊かな森が広がっています。


幡谷香取-100

                       ※「香取神社」「浅間神社」  成田市幡谷573

テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

久住村の寺社 | 08:17:29 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
浅間も・・・
いつもながらの丁寧なご説明は、本当に参考になります。

香取神社に行った時に、浅間神社は完全にスルーしていました。
寄ればよかったと後悔しています。

2016-06-05 日 22:12:04 | URL | SAEKO [編集]
Re: 浅間も・・・
SAEKO 様
香取神社の隣の浅間神社は目立ちませんよね。
後で調べたら、すぐそばのスポットを見逃していた・・・なんてことは
良くあります。 逆に全く知らなかったスポットに偶然出会ったりする
こともありますから、それがまた楽しいといえば楽しいことですね。
2016-06-05 日 23:43:29 | URL | sausalito [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する