■プロフィール

sausalito

Author:sausalito
成田は新しいものと旧いものが混在する魅力的な街。歴史を秘めた神社やお寺。遠い昔から刻まれてきた人々の暮らし。そして世界中の航空機が離着陸する国際空港。そんな成田とその近郊の風物を、寺社を中心に紹介して行きます。

■ ■ ■

多くの、実に多くのお寺が、明治初期の神仏分離と廃仏毀釈によって消えて行きました。境内に辛うじて残った石仏は、首を落とされ、顔を削られて風雨に晒されています。神社もまた、過疎化による氏子の減少や、若者の神道への無関心から、祭事もままならなくなっています。お寺や神社の荒廃は、古より日本人の精神文化の土台となってきたものの荒廃に繋がっているような気がします。   石仏や石神の風化は止められないにしても、せめて記録に留めておきたい・・・、そんな気持ちから素人が無謀にも立ち上げたブログです。写真も解説も稚拙ですが、良い意味でも、悪い意味でも、かつての日本人の心を育んできた風景に想いを寄せていただくきっかけになれば幸いです。                             このブログでは、引用する著作物や碑文の文章について、漢字や文法的に疑問がある部分があってもそのまま記載しています。     また、大正以前の年号については漢数字でカッコ内に西暦を記すことにしています。         なお、神社仏閣に関する記事中には、用語等の間違いがあると思います。研究者ではない素人故の間違いと笑って済ませていただきたいのですが、できればご指摘いただけると助かります。また、コメントも遠慮なくいただきたいと思います。

■訪問していただいた数

■最近の記事

クリックした記事に飛びます。

■記事の分類とアップ数
■良く参考にする書籍リスト

記事中で引用したり、取材のヒントを得るために良く利用する書籍です。  文中の注釈が長くなりますので、ここに掲載します。               ■「成田の史跡散歩」小倉 博 著 崙書房 2004年               ■「成田の地名と歴史」大字別地域の事典編集委員会 2011年      ■「成田市史 中世・近世編」成田市史編さん委員会編 1986年       ■「成田市史 近代編史料集一」成田市史編さん委員会編 1972年

■訂正一覧

掲載後判明した誤りやご指摘いただいた事項と、その訂正を掲示します。 【指】ご指摘をいただいての訂正 【訂】後に気付いての訂正 【追】追加情報等 → は訂正対象のブログタイトル        --------------- 

【訂】2014/05/05 の「三里塚街道を往く(その弐)」中の「お不動様」とした石仏は「青面金剛」の間違いでした。  【訂】06/03 鳥居に架かる額を「額束」と書きましたが、「神額」の間違い。額束とは、鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束のことで、そこに掲げられた額は「神額」です。 →15/11/21「遥か印旛沼を望む、下方の「浅間神社」”額束には「麻賀多神社」とありました。”  【指】16/02/18 “1440年あまり”は“440年あまり”の間違い。(編集済み)→『喧騒と静寂の中で~二つの「土師(はじ)神社」』  【訂】08/19 “420年あまり前”は計算間違い。“340年あまり前”が正。 →『ちょっとしたスポット~北羽鳥の「大鷲神社」』  【追】08/05 「勧行院」は院号で寺号は「薬王寺」。 →「これも時の流れか…大竹の勧行院」  【追】07/09 「こま木山道」石柱前の墓地は、もともと行き倒れの旅人を葬った「六部塚」の場所 →「松崎街道・なりたみち」を歩く(2)  【訂】07/06 「ドウロクジン」(正)道陸神で道祖神と同義 (誤)合成語または訛り →「松崎街道・なりたみち」を歩く(1)  【指】07/04 成田山梵鐘の設置年 (正)昭和43年 (誤)昭和46年 →三重塔、一切経堂そして鐘楼  【指】5/31 掲載写真の重複 同じ祠の写真を異なる祠として掲載  →ご祭神は石長姫(?)~赤荻の稲荷神社 

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■最新コメント
■最新トラックバック
■メールフォーム

メールをいただける場合はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最下行の「コメント」をクリックしていただいてもご連絡いただけます

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

「龍勝院」の位牌を抱いた落武者が身を寄せた古刹~「真城院」
今回は高岡にある「真城院」を訪ねます。

真城院ー33

「真城院」は天台宗のお寺で、山号は「高岡山」、寺号は「瑞泉寺」。
ご本尊は「阿弥陀如来」(阿弥陀三尊形)です。
阿弥陀三尊とは、阿弥陀如来を中尊として、左の脇侍に観音菩薩を、右の脇侍に勢至菩薩
を配する形式です。


真城院ー18

山門に至る細い道の入口に「自から其の意を淨うす 是れ佛の教なり」と刻まれた石柱
があり、奥に山門が見えています。


真城院ー1
真城院ー16
********** 真城院ー12

重厚な造りの四脚門(しきゃくもん)です。
四脚門は、真ん中の二本を門柱とし、前後に四本の控柱を置く、格式の高い門です。


真城院ー4

「千葉縣香取郡誌」(大正十年)には次のような「真城院」の記述があります。

「高岡山眞城院 高岡村大字高岡字西の内に在り域内千六百八十坪天台宗にして阿彌陀佛
を本尊と為す寺傳に曰ふ應永三年丙子六月僧證尊の開基するところなり往古は隣村猿山區
字眞城に在りしを以て眞城山眞城院と稱せしが後ち此に移し山號を改むと曰ふ後ち數ば
火災に罹りしを以て古書の徴すべきなし」


応永三年は西暦1396年ですから、620年もの長い歴史を有する古刹です。
「真城院」の寺号は、寺が開かれた猿山村の字(あざ)真城からきたものです。


真城院ー34
真城院ー5

本堂の前に「一隅を照す此れ即ち國の寶なり」という伝教大師・最澄の言葉が刻まれた
石碑があります。
最近の学説的には最澄の時代の背景や諸史料から「照一隅此則国宝」(一隅を守り
千里を照らす、これすなわち国宝なり)が正しいとされているようです。
ただ、長い間に渡り「照一隅此則国宝」(一隅を照らす、これすなわち国宝なり)とする
解釈が広く知られていますし、今の時代背景からは「照一隅」より「照一隅」の方が
しっくりくるようです。

裏面には「本堂落成記念」と記され、次のように刻まれています。

「抑モ当院ハ武田勝頼ノ妃諏訪ノ姫慰霊ノ為ニ源田村眞敷ニ建立サレ小坂氏ノ氏寺トナリキ
井上清兵衛大名ニ列シ高岡ニ其ノ館ヲ置クニアタリ当地ニ移シ祈願所トナス 東叡山直水ニ
シテ寺格三万石ヲ賜ハレリ特ニ菊菱ノ紋着用ヲ許サレタリ 明治以降寺領及外護大名ヲ失ヒ
大書院庫裡長屋門籾倉等ヲ相次ギ失ヒ大東亜戦ニ梵鐘ノ供出ヲ成シ鐘楼モ取リ毀シ大門ト
本堂ノミトナリタリ 此ノ間二百五十年本堂ノ破損モ甚シク依而昭和四十五年本堂同五十三
年向拝並ニ回廊ヲ檀徒ノ浄財ニヨリ完成セルナリ」


寺伝では、武田勝頼が長篠の戦いに敗れた後、武田晴信(信玄)の旧臣が勝頼の妃の位牌
を持って落延び、眞城院に隠遁したとされています。
「勝頼の妃」とは、織田信長の養女で勝頼に嫁いだ「龍勝院」のことと思われますが、その縁
で寺紋に菊菱が使われるようになったようです。
また、「諏訪の姫」と言えば、信玄の側室であった「諏訪御料人」を指しますので、旧臣が持ち
出した位牌は二つだったのかも知れません。
旧臣はどんな想いでここまで落延びてきたのでしょうか?


本堂や山門の屋根には、天台宗の三諦章(さんたいしょう)と菊菱紋が並んでいます。

真城院ー14
********** 真城院ー15

真城院ー6
真城院ー7

寺は元禄年間に現在の地に移転し、堂宇は一新されたと、寺伝にはあります。
約320年前のことになります。
歴史あるお寺らしく、広い境内には多くの石碑や宝塔が並んでいます。


真城院ー8

裏の墓地の入口に並ぶ「六地蔵」。
左端の地蔵には正徳六年(1716)の紀年銘があります。


真城院ー9

墓地の外れに立つ大銀杏。


真城院ー11

延宝、享保、寛保、安永、寛政、文化、天保、安政などの年号が読めます。


真城院ー13

境内の右端には「大日如来」と刻まれた安政五年(1858)の石碑。
安政五年は井伊大老による安政の大獄が始まった年です。


真城院ー40
真城院ー17

「下総町史 通史近世編」(平成6年)には、「真城院」を次のように紹介しています。

「高岡山と号し、常陸国河内郡小野村(茨城県新利根村)逢善寺の末。本尊は阿弥陀如来。
寺伝では応永三年(一三九六)に証尊という僧が開いたという。また当初は隣の猿山村の
字真城にあったので、寺名になったともいう。宝永二年(一七〇五)の村差出帳には弁才天・
明神・水神二か所の別当寺で神田二反八畝を管理していると記されている。」


山門と本堂の向きが微妙にずれているのは、真城から移設した時に、山門をかつての寺の
方向に開いたためだと、お寺の方に聞きました。


真城院ー3

山門を出て県道を横切ると弁天堂があります。

真城院ー19
真城院ー39

「千葉縣香取郡誌」には弁天堂について記した部分があります。

域外に辧財天堂あり明治三年寺内に移せしが近年に至り區人青野某更に舊位置に復し
堂宇為に一新せり今縣道の傍なる地中に在るもの乃ち是れなり像は舊領主井上正榮
筑後守甞て本寺の九世俊秀に歸依し之を寄進せしものなりと信者多しと曰ふ」


「弁天堂」は池にせり出した島のような場所にあります。


真城院ー20 

「明和八年辛卯」と刻まれた手水盤。
明和八年は西暦1771年になります。

真城院ー21
真城院ー22
********** 真城院ー23

ここは「しもふさ七福神」の一つです。
「しもふさ七福神」は、
恵比寿(中里・楽満寺)・大黒天(名木・常福寺)・毘沙門天(滑川・龍正院)
弁才天(高岡・真城院)・福禄寿(名木・ゆめ牧場)・布袋尊(名古屋・乗願寺)
寿老人(西大須賀・昌福寺) となっています。


真城院ー24
真城院ー25 地蔵堂には三体の地蔵尊

地蔵堂の横に数基の石仏が並んでいます。

真城院ー27
真城院ー28  元文五年の青面金剛
 年代不詳の青面金剛  真城院ー29
真城院ー30  年代不詳の十九夜塔

弁天堂横の「稲荷大明神」 真城院ー31


県道を渡って、墓地のある裏側から「真城院」に戻ります。

真城院ー38
真城院ー41
********** 真城院ー42

無縁塚には、元禄、宝永、正徳、明和、安永などの古い墓石がビッシリと並んでいます。


真城院ー43

墓地の一角に随朝父子の墓を見つけました。
左が父の随朝陳、右が子の達の墓です。
随朝家はもともと京都の公家の出で、父の陳(のぼる)は高岡藩の藩校で教鞭を取った人物
で、息子の達(さとる)は犬吠崎燈台の煉瓦をここ高岡の土で焼くことに貢献した人物です。
「成田市史研究 32」(平成20年3月発行)に収録されている「下総地区は歴史の宝庫」と題
する礒辺大暢氏の論文中に、随朝父子についての詳しい記述があります。(P76~78)

また、達については「千葉縣香取郡誌」中の「人物誌」に、“文人”としての記載がありました。

「高岡村の人なり字は子善通稱揆一欽哉と號す夙に經術を朝川善庵に受く弘化嘉永の際
同門長谷川鐡之進大樂源太郎小川節齊等と共に國事に奔走し後ち藩主井上氏の講席に
侍し維新の際藩主に勸め諸藩に先たち上京せしむ癈藩置縣に及び辟されて江刺縣大屬と
為る官に在る一年餘辭して郷に歸り帷を下して諸生を教授す性詩之を好み閑適餘念なき
ものゝ如し明治二十六年六月十二日歿す年六十二慈徳院壽學淨達と法諡し村の眞城院に
葬る著するところ詩文集、性善論、春秋獲麟論、算題鐘鳴録等あり相川角太郎報


ここでは犬吠埼灯台に寄与したことには触れらていませんが、多才な人物だったようです。


真城院ー47
真城院ー37

陽も傾き、冷気が境内を包みます。
大銀杏に緑が戻るにはまだまだ時間がかかりそうです。


真城院ー35


                       ※ 「高岡山真城院」 成田市高岡163



テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

高岡村の寺社 | 08:07:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する