■プロフィール

sausalito

Author:sausalito
成田は新しいものと旧いものが混在する魅力的な街。歴史を秘めた神社やお寺。遠い昔から刻まれてきた人々の暮らし。そして世界中の航空機が離着陸する国際空港。そんな成田とその近郊の風物を、寺社を中心に紹介して行きます。

■ ■ ■

多くの、実に多くのお寺が、明治初期の神仏分離と廃仏毀釈によって消えて行きました。境内に辛うじて残った石仏は、首を落とされ、顔を削られて風雨に晒されています。神社もまた、過疎化による氏子の減少や、若者の神道への無関心から、祭事もままならなくなっています。お寺や神社の荒廃は、古より日本人の精神文化の土台となってきたものの荒廃に繋がっているような気がします。   石仏や石神の風化は止められないにしても、せめて記録に留めておきたい・・・、そんな気持ちから素人が無謀にも立ち上げたブログです。写真も解説も稚拙ですが、良い意味でも、悪い意味でも、かつての日本人の心を育んできた風景に想いを寄せていただくきっかけになれば幸いです。                             このブログでは、引用する著作物や碑文の文章について、漢字や文法的に疑問がある部分があってもそのまま記載しています。     また、大正以前の年号については漢数字でカッコ内に西暦を記すことにしています。         なお、神社仏閣に関する記事中には、用語等の間違いがあると思います。研究者ではない素人故の間違いと笑って済ませていただきたいのですが、できればご指摘いただけると助かります。また、コメントも遠慮なくいただきたいと思います。

■訪問していただいた数

■最近の記事

クリックした記事に飛びます。

■記事の分類とアップ数
■良く参考にする書籍リスト

記事中で引用したり、取材のヒントを得るために良く利用する書籍です。  文中の注釈が長くなりますので、ここに掲載します。               ■「成田の史跡散歩」小倉 博 著 崙書房 2004年               ■「成田の地名と歴史」大字別地域の事典編集委員会 2011年      ■「成田市史 中世・近世編」成田市史編さん委員会編 1986年       ■「成田市史 近代編史料集一」成田市史編さん委員会編 1972年

■訂正一覧

掲載後判明した誤りやご指摘いただいた事項と、その訂正を掲示します。 【指】ご指摘をいただいての訂正 【訂】後に気付いての訂正 【追】追加情報等 → は訂正対象のブログタイトル        --------------- 

【訂】2014/05/05 の「三里塚街道を往く(その弐)」中の「お不動様」とした石仏は「青面金剛」の間違いでした。  【訂】06/03 鳥居に架かる額を「額束」と書きましたが、「神額」の間違い。額束とは、鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束のことで、そこに掲げられた額は「神額」です。 →15/11/21「遥か印旛沼を望む、下方の「浅間神社」”額束には「麻賀多神社」とありました。”  【指】16/02/18 “1440年あまり”は“440年あまり”の間違い。(編集済み)→『喧騒と静寂の中で~二つの「土師(はじ)神社」』  【訂】08/19 “420年あまり前”は計算間違い。“340年あまり前”が正。 →『ちょっとしたスポット~北羽鳥の「大鷲神社」』  【追】08/05 「勧行院」は院号で寺号は「薬王寺」。 →「これも時の流れか…大竹の勧行院」  【追】07/09 「こま木山道」石柱前の墓地は、もともと行き倒れの旅人を葬った「六部塚」の場所 →「松崎街道・なりたみち」を歩く(2)  【訂】07/06 「ドウロクジン」(正)道陸神で道祖神と同義 (誤)合成語または訛り →「松崎街道・なりたみち」を歩く(1)  【指】07/04 成田山梵鐘の設置年 (正)昭和43年 (誤)昭和46年 →三重塔、一切経堂そして鐘楼  【指】5/31 掲載写真の重複 同じ祠の写真を異なる祠として掲載  →ご祭神は石長姫(?)~赤荻の稲荷神社 

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■最新コメント
■最新トラックバック
■メールフォーム

メールをいただける場合はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最下行の「コメント」をクリックしていただいてもご連絡いただけます

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

成田街道を往く(3)~不動塚、一本松跡を経て不動尊旧跡まで
成田街道ー2 

今回は、前回のこのお地蔵様の景色からのスタートです。


成田街道ー4
成田街道ー114

お地蔵様を過ぎると、街道は緩やかに右に曲がりながら上って行き、再び国道と合流します。


ここからしばらくは国道を進むことになります。
酒々井町から成田市に入りました。

成田街道ー115  Y字路を国道はゆるく左へ
成田街道ー116  街道は国道を突っ切ります
成田街道ー117 右に行くと東関道の富里インター

成田街道ー118
成田街道ー159
成田街道ー119
成田街道ー50

国道から入った道は、一旦下ってからすぐに上りになります。
左にはトイザラスや教会が見えています。


成田街道ー199

トイザラスの手前に右に下っている気になる細道がありますので、ちょっと戻ってみます。


成田街道ー200

雰囲気的には間違いなく旧街道です。
右に行く道がありますが、後で紹介する「不動塚」へ通じる道です。


成田街道ー201

200メートルも歩くと上り坂になり、トイザラスの先に出ました。
この道は国道を整備する時に取り残されたようです。

ここでちょっと先ほどの旧道を右に入る道から、成田山にゆかりの旧跡に立寄りましょう。

成田街道ー59

「不動塚」と呼ばれる成田山発祥の地です。

ここは東国で反乱を起こした平将門を調伏すべく、朱雀天皇の命により京都神護寺の不動
明王を奉持した寛朝大僧正が天慶三年(940)に調伏の祈祷を行った場所とされています。
21日間の祈祷が終わった頃、平将門は討伐軍の平貞盛と藤原秀郷の軍によって討取られ
「将門の乱」と呼ばれた大乱は鎮まりました。


成田街道ー51
成田街道ー52

お堂の中には不動明王の石像が置かれています。
石像には昭和16年の紀年銘が刻まれています。


成田街道ー54

「成田山舊跡 不動塚之碑」と刻まれたこの石碑は明治17年(1884)の建立です。

乱が平定され、寛朝大僧正が都へ帰還する際に、神護寺より奉持してきた不動明王像
がなぜか全く動かなくなりました。
その時の様子を「新修成田山史」(成田山新勝寺編 P15)にはこう書かれています。

「兵乱既に治まりしを以て、僧正再び尊像を俸持して都に還らんとせしに、重きこと盤石の
如く、僧正未曾有の想をなし、合掌瞑目至心に黙禱せしに明王髣髴として告げ給わく、
『夫れ衆生は無辺にして、我が願も亦尽くることなし。儻し深信機熟の者あらば、処として
応ぜざるなし、我復び京師に還るを願はず、永く此の地に留りて東国の逆徒を鎮押し
渇仰の輩を利益せん』と。」 


この話を聞いた天皇は大いに感動し、「新たに勝った」という意味を込めて、「神護新勝寺」の
寺号を与えてこの地に堂宇を建て、不動明王を祀りました。
これが成田山新勝寺の始まりとされています。

成田山発祥の地「不動塚」~お不動様の旅(2) ☜ ここをクリック


成田街道ー88
成田街道ー89
成田街道ー90

再び街道に戻ってきました。
並木坂上の交差点からちょっと進むと、また国道51号線と交差します。
この辺りは昔は「成木新田」といわれ、明治十七年の「下総國下埴生郡成木新田誌」には、
この道を「銚子街道」として次のように記しています。

等級 縣道
 長  南方印旛郡伊篠ヨリ来リ成田町ニ達ス。延長七百七拾五間
 幅  四間
並木 本道ハ首尾悉並木ニシテ、古松両側ニアリ。鬱蒼陰ヲナス。
形状 平坦 


伊篠の松並木がずっと続いていたことから、この辺りの町名が現在の「並木町」となった
のだそうです。


成田街道ー162
成田街道ー160

国道を横切って100メートルほど行くと、右側に小さな墓地があり、その脇には「和算家
飯嶋武雄の墓」の標柱が立っています。
飯嶋武雄は安永三年(1774)に下総国金江津村(現・茨城県河内町)の生まれで、若く
して算法に長け、江戸に出て算法の私塾を開いていましたが、不幸にも失明して帰国し、
近郷を巡回して算法を教えていました。
並木町の大坂家が寺子屋を開き師として迎えた縁で、ここにお墓があるようです。
「算法理解教初編」の著作があります。


成田街道-87
成田街道ー86

「デニーズ」「和みの米屋」の先の信号からは、黄葉した銀杏並木と「日本赤十字成田病院」
が見えています。
街道はこの信号を渡って進みます。


成田街道ー61
成田街道ー60

JR成田駅方面に向かうこの通りは、「一本松通り」と名付けられています。


成田街道ー62

しばらく進むと、丁字路の手前に「一本松跡」が現れます。
ここは前回に出てきた「伊篠の松並木」が続いていた所で、立派な松の古木が生えていた
のですが、残念ながら枯死寸前となったため、昭和51年に伐採されてしまいました。


成田街道ー63
成田街道ー64

一本松跡の碑の横に2基の石塔があります。
一つは馬頭観音で、安政五年(1858)のものです。
側面には「宗吾靈神」の文字が見えます。

「当時はまだ宗吾霊堂はなく、佐倉宗吾(木内惣五郎)の墓地に祠があったことから、宗吾
霊神としたのであろう。」
 (「成田の史跡散歩」 P93)

もう一つの石碑は風化のため全く読めません。

「成田街道を通ってきた旅人はここまで来るとホッと一息ついたのである。成田に着いた
安堵感から松並木の木陰で一服し、旅の疲れを癒したことであろう。明治時代になると、
成田の旅館は参詣人の奪い合いから、旅館名を半纏に染めた番頭たちが、小旗を持って
ここまで出迎えにきたという。」
 (「成田の史跡散歩」 P93~94)


成田街道ー65
成田街道ー66
成田街道ー84

街道は緩やかなカーブを描きながら続きます。
やがてJRの踏切が見えてきます。
この「成木県道踏切」の遮断機は途中で折り畳む、「屈折形遮断桿」が採用されています。
多くの場合踏切は、道の両側または片側から踏切道を長い棹で遮断する「腕木式」ですが、
道幅が広かったり変形道路の場合にはこの「屈折形遮断桿」が使われます。


成田街道ー67

上下線の線路に段差があり、線路が少し離れていますので、踏切の真ん中に安全地帯の
ような場所があります。(もちろん、危険ですからここで立ち止まることはできませんが・・・)
昔のこの踏切には「踏切番」がいて、ワイヤーに踏切の表示板をぶら下げた「昇開式」だっ
たのではないでしょうか。


成田街道ー77
成田街道ー76

だいぶ進んできました。
街道の下を京成電鉄の線路がくぐっています。
京成とJRはここで交差していて、前方に成木踏切を渡ってきたJRの線路が見えます。
線路をまたぐ橋は、難しい仏教用語の『「阿利耶」橋』といいます。


足跡ー56
成田街道ー70

「阿利耶橋」を渡ると、「不動尊旧跡」の標識が立ち、地蔵堂が見えます。


成田街道ー71

ここは安政五年(1858年)に新勝寺の新本堂(現釈迦堂)が完成した時、その入仏供養の
行列が出発した場所です。
元禄十四年(1701年)の新本堂(現光明堂)の入仏供養の際は、先ほど寄り道した不動塚
から出発しましたが、その後この地が幕府直轄領となったため、約1.7キロ離れたこの地
に仮の安置所を設け、ここから出発したのが始まりです。


成田街道ー72
成田街道ー73

ここにも護摩木山の碑が並んでいます。

成田街道ー75

お堂の中は「道祖神」です。


成田街道ー78
成田街道ー79

左手にはニュータウンの一角が、正面には成田駅前の景色です。


成田街道ー80
成田街道ー81
成田街道ー82

成田駅に向かって進むと、左に大きくUターンのように曲がりながら、下る道があります。
ここは、「成宗電車」の線路跡です。
曲がり口には大師堂があり、「摩尼山国分寺 第二十九番 不動ヶ岡 苅分」と書かれた
木札が架かっています。(不動ヶ岡とは、この一帯の地名です。)

「成宗電車」は明治四十三年(1910)に成田山の山門前から成田駅まで、翌年には宗吾
門前までを結んだ電車です。
成田駅から成田街道を進み、この坂を下って現在の日赤病院の傍を通り、宗吾霊堂まで
伸びていましたが、昭和19年に廃線となりました。

仲の町ー14 成宗電車(成田観光館に展示)

成田街道ー83

もうちょっとで成田駅です。
この先は次回に。(15日にアップの予定です。)


成田街道ー204
成田街道マップー3
成田街道マップー5

①酒々井町と成田市の境界  ②国道と街道の別れ道  ③取り残された旧道  ④不動塚  ⑤飯嶋武雄の墓
⑥一本松跡  ⑦成木踏切  ⑧不動尊旧跡  ⑨成宗電車道




テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

街 道 | 07:39:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する