■プロフィール

sausalito

Author:sausalito
成田は新しいものと旧いものが混在する魅力的な街。歴史を秘めた神社やお寺。遠い昔から刻まれてきた人々の暮らし。そして世界中の航空機が離着陸する国際空港。そんな成田とその近郊の風物を、寺社を中心に紹介して行きます。

■ ■ ■

多くの、実に多くのお寺が、明治初期の神仏分離と廃仏毀釈によって消えて行きました。境内に辛うじて残った石仏は、首を落とされ、顔を削られて風雨に晒されています。神社もまた、過疎化による氏子の減少や、若者の神道への無関心から、祭事もままならなくなっています。お寺や神社の荒廃は、古より日本人の精神文化の土台となってきたものの荒廃に繋がっているような気がします。   石仏や石神の風化は止められないにしても、せめて記録に留めておきたい・・・、そんな気持ちから素人が無謀にも立ち上げたブログです。写真も解説も稚拙ですが、良い意味でも、悪い意味でも、かつての日本人の心を育んできた風景に想いを寄せていただくきっかけになれば幸いです。                             このブログでは、引用する著作物や碑文の文章について、漢字や文法的に疑問がある部分があってもそのまま記載しています。     また、大正以前の年号については漢数字でカッコ内に西暦を記すことにしています。         なお、神社仏閣に関する記事中には、用語等の間違いがあると思います。研究者ではない素人故の間違いと笑って済ませていただきたいのですが、できればご指摘いただけると助かります。また、コメントも遠慮なくいただきたいと思います。

■訪問していただいた数

■最近の記事

クリックした記事に飛びます。

■記事の分類とアップ数
■良く参考にする書籍リスト

記事中で引用したり、取材のヒントを得るために良く利用する書籍です。  文中の注釈が長くなりますので、ここに掲載します。               ■「成田の史跡散歩」小倉 博 著 崙書房 2004年               ■「成田の地名と歴史」大字別地域の事典編集委員会 2011年      ■「成田市史 中世・近世編」成田市史編さん委員会編 1986年       ■「成田市史 近代編史料集一」成田市史編さん委員会編 1972年

■訂正一覧

掲載後判明した誤りやご指摘いただいた事項と、その訂正を掲示します。 【指】ご指摘をいただいての訂正 【訂】後に気付いての訂正 【追】追加情報等 → は訂正対象のブログタイトル        --------------- 

【訂】2014/05/05 の「三里塚街道を往く(その弐)」中の「お不動様」とした石仏は「青面金剛」の間違いでした。  【訂】06/03 鳥居に架かる額を「額束」と書きましたが、「神額」の間違い。額束とは、鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束のことで、そこに掲げられた額は「神額」です。 →15/11/21「遥か印旛沼を望む、下方の「浅間神社」”額束には「麻賀多神社」とありました。”  【指】16/02/18 “1440年あまり”は“440年あまり”の間違い。(編集済み)→『喧騒と静寂の中で~二つの「土師(はじ)神社」』  【訂】08/19 “420年あまり前”は計算間違い。“340年あまり前”が正。 →『ちょっとしたスポット~北羽鳥の「大鷲神社」』  【追】08/05 「勧行院」は院号で寺号は「薬王寺」。 →「これも時の流れか…大竹の勧行院」  【追】07/09 「こま木山道」石柱前の墓地は、もともと行き倒れの旅人を葬った「六部塚」の場所 →「松崎街道・なりたみち」を歩く(2)  【訂】07/06 「ドウロクジン」(正)道陸神で道祖神と同義 (誤)合成語または訛り →「松崎街道・なりたみち」を歩く(1)  【指】07/04 成田山梵鐘の設置年 (正)昭和43年 (誤)昭和46年 →三重塔、一切経堂そして鐘楼  【指】5/31 掲載写真の重複 同じ祠の写真を異なる祠として掲載  →ご祭神は石長姫(?)~赤荻の稲荷神社 

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■最新コメント
■最新トラックバック
■メールフォーム

メールをいただける場合はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最下行の「コメント」をクリックしていただいてもご連絡いただけます

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

遥か印旛沼が望める、下方の「浅間神社」
下方浅間ー8

今回は、印西市と酒々井町に接する下方(したかた)の「浅間神社」を訪ねます。

「千葉県神社名鑑」によれば、ご祭神は「木花佐久夜姫命(コノハナノサクヤヒメノミコト)」。
この神様は、木花咲耶姫、木花之佐久夜毘売、木花開耶姫とも記されます。
もともとは石宮だったものを昭和54年に社殿を新築して、社殿内に奉斎しました。


下方浅間ー1
下方浅間ー2

地図を頼りに「浅間神社」の麓までくると、道端に大きな石の鳥居が建っています。
鳥居は道路に背を向けて、印旛沼の方向に開かれています。
回り込んで見上げると、額束には「麻賀多神社」とありました。
「麻賀多神社」は1キロほど離れていますが、側に「麻賀多神社神輿渡御之地」と彫られた
石柱と「鳥居河岸」と書かれた標柱が立っています。

『古代・中世においては、印旛沼周辺の低地は「香取の海」と呼ばれる霞ヶ浦から続く広大
な入り海であった。このため陸上交通より水上交通の方が発達しており、麻賀多神社に
参詣するにはこの鳥居河岸に船を着け、ここから上陸したのである。』
「鳥居はもとは印旛沼の中に建てられており、奈良時代末期の延暦二年(七八三)九月
に勅使大伴家持が建立して以来、六十一年ごとに建て替えるのを定例にしていた。最も
新しいのは地上に建てられていたが、その場所が成田市の道路計画にかかったため、
場所を少し移動して平成七年に半永久的な石造の鳥居として再建したのである。」

(「成田の史跡散歩」 P108)


下方浅間ー3

初めて鳥居が建立されてから1230年以上の時が流れ、水位の変動やその後の干拓に
よって印旛沼の水面は大きく後退しました。
今では「鳥居河岸」の名がわずかに往時を偲ばせています。


下方浅間ー4

鳥居の後ろの山に向かって細い坂道が見えます。
ここをちょっと上ると、「浅間神社」の鳥居と、「浅間神社登山口」と記された石柱があります。
鳥居は平成19年、石柱は昭和54年の建立です。


下方浅間ー5

“登山口とは大袈裟な・・・”と思って鳥居の下に立つと、なるほど登山のような急勾配の
石段が上へ伸びています。


下方浅間ー6

石段の踊り場に置かれた手水盤は平成元年に寄進されたものです。


下方浅間ー7

石段は155段ありました。
これは確かに「登山」です。


下方浅間ー9

石段を登り切ったところにある手水盤は風化のため何も読めません。
自然石をくり抜いたような形状です。


下方浅間ー10
下方浅間ー11

この神社についての記述は多くはありません。

「成田市史 近代編史料集一」に収録されている「下方邨一村限調帳」には、ただ一行、
「村社浅間神社村中字浅間山鎮座」 とあります。

また、明治二十二年(1889)に合併してできた公津村の村誌にも、
「無格社浅間神社 下方字浅間下ニ座。創祀不詳。」
とのみの記述です。
そして、「成田市史 中世・近世編」中の「成田市域の主な神社(P794~807)」にはこの
下方の「浅間神社」に関する記述は見当たりません。

一番詳しい記述は千葉県神社庁の「神社名鑑」にありました。
「由緒不詳。昭和五四年氏子・崇敬者により社殿を建立して祭儀の厳修と参詣者の便が
高められている。先年氏子の協力によって百余段の石段と鳥居、また特殊崇敬者により
石造社名標が奉納されている。当社は古来成田市台方・下方・宗吾住民を氏子とされ、
毎年七月一日に幼児が父兄家族と共に登山参詣する。近年眼下に展開する印旛沼の
景観を眺める参詣者も増加している。」



下方浅間ー20
下方浅間ー16

失礼して中を覗かせていただくと、本殿の新築前にあった石宮が見えています。
「神社名鑑」には、本殿は亜鉛板葺の流造りで建坪は5坪、境内は93坪あり、氏子は
300戸とあります。


下方浅間ー14
下方浅間ー15

境内は93坪とされているわりにはとても狭く感じます。
社殿の周りを多くの大木が取り囲み、境内を浸食している感じです。


下方浅間ー13

社殿の後方に、道のようなものがあります。
かつては人が通る道であったものが、利用されることが無くなって消えてしまったように
見え、少し進むと深い藪に阻まれて進めなくなります。


下方浅間ー17
下方浅間ー21
下方浅間ー18

木々の間から印旛沼が見えています。
かつては視界いっぱいに水面が広がっていたはずです。
江戸時代以降、数次にわたる干拓事業で、かつての半分の大きさになりましたが、それでも
千葉県内での湖沼では最大の面積を持っています。
初夏の新緑の季節にここから眺める景色は、きっと素晴らしいと思います。


下方浅間ー22

土に埋もれた板碑が1基。
梵字のようなものがかすかに残っています。


下方浅間ー23
下方浅間ー24

長い石段を下ると、沼の水面は背伸びしないと見えなくなります。


下方浅間ー25

神社のある山裾を西へ150メートルほど進むと、道端に石塔がありました。
「観世音菩薩」と刻まれ、側面に「普門品千部供養」と記され、「享和三癸亥年十二月吉日
開眼」とも記されています。
享和三年は西暦1803年にあたり、癸亥(みずのとい)は干支(えと)の組み合わせの最後
(60番目)になります。


下方浅間ー26

石塔の後ろに、山に入る道の跡のようなものがみえます。
雑木と竹に覆われて中へは進めませんが、もしかすると先ほど見た神社の裏にあった
道跡とつながっているのではないでしょうか?
と、すると、ここが石段ができる前の登山道の入口なのかも・・・。


下方浅間ー12
下方浅間ー19

境内から見える景色は大きく変わってきました。
満々と水を湛えていた沼面ははるかな先に後退し、北総線の鉄橋が水面を横切っています。

ご祭神の「木花佐久夜姫命」は、この移ろいをどのように見ておられるのでしょうか。


下方浅間ー27


                 ※ 下方の「浅間神社」 成田市下方199


テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

公津村の寺社 | 08:16:20 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
サクヤ姫の視線
 こんばんは
 少なくとも弥生時代後期~古墳時代、海面は6m程今より高く、
現代日本の平野の多くが海だったとか。
 千葉は孤島だったかも・・・そんな訳はないかw
2015-11-25 水 18:38:34 | URL | 那賀猫 [編集]
Re: サクヤ姫の視線
那賀猫 様
いつもコメントをありがとうございます。
古代の北総地方は「香取の海」と呼ばれる内海で、成田の一帯はほとんど
海面下にあり、所々に陸地がある程度だったようですね。
印旛沼や霞ケ浦はその名残りで、昔はこの神社の辺りが岸辺だったのでしょう。
2015-11-26 木 07:58:19 | URL | sausalito [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する