■プロフィール

sausalito

Author:sausalito
成田は新しいものと旧いものが混在する魅力的な街。歴史を秘めた神社やお寺。遠い昔から刻まれてきた人々の暮らし。そして世界中の航空機が離着陸する国際空港。そんな成田とその近郊の風物を、寺社を中心に紹介して行きます。

■ ■ ■

多くの、実に多くのお寺が、明治初期の神仏分離と廃仏毀釈によって消えて行きました。境内に辛うじて残った石仏は、首を落とされ、顔を削られて風雨に晒されています。神社もまた、過疎化による氏子の減少や、若者の神道への無関心から、祭事もままならなくなっています。お寺や神社の荒廃は、古より日本人の精神文化の土台となってきたものの荒廃に繋がっているような気がします。   石仏や石神の風化は止められないにしても、せめて記録に留めておきたい・・・、そんな気持ちから素人が無謀にも立ち上げたブログです。写真も解説も稚拙ですが、良い意味でも、悪い意味でも、かつての日本人の心を育んできた風景に想いを寄せていただくきっかけになれば幸いです。                             このブログでは、引用する著作物や碑文の文章について、漢字や文法的に疑問がある部分があってもそのまま記載しています。     また、大正以前の年号については漢数字でカッコ内に西暦を記すことにしています。         なお、神社仏閣に関する記事中には、用語等の間違いがあると思います。研究者ではない素人故の間違いと笑って済ませていただきたいのですが、できればご指摘いただけると助かります。また、コメントも遠慮なくいただきたいと思います。

■訪問していただいた数

■最近の記事

クリックした記事に飛びます。

■記事の分類とアップ数
■良く参考にする書籍リスト

記事中で引用したり、取材のヒントを得るために良く利用する書籍です。  文中の注釈が長くなりますので、ここに掲載します。               ■「成田の史跡散歩」小倉 博 著 崙書房 2004年               ■「成田の地名と歴史」大字別地域の事典編集委員会 2011年      ■「成田市史 中世・近世編」成田市史編さん委員会編 1986年       ■「成田市史 近代編史料集一」成田市史編さん委員会編 1972年

■訂正一覧

掲載後判明した誤りやご指摘いただいた事項と、その訂正を掲示します。 【指】ご指摘をいただいての訂正 【訂】後に気付いての訂正 【追】追加情報等 → は訂正対象のブログタイトル        --------------- 

【訂】2014/05/05 の「三里塚街道を往く(その弐)」中の「お不動様」とした石仏は「青面金剛」の間違いでした。  【訂】06/03 鳥居に架かる額を「額束」と書きましたが、「神額」の間違い。額束とは、鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束のことで、そこに掲げられた額は「神額」です。 →15/11/21「遥か印旛沼を望む、下方の「浅間神社」”額束には「麻賀多神社」とありました。”  【指】16/02/18 “1440年あまり”は“440年あまり”の間違い。(編集済み)→『喧騒と静寂の中で~二つの「土師(はじ)神社」』  【訂】08/19 “420年あまり前”は計算間違い。“340年あまり前”が正。 →『ちょっとしたスポット~北羽鳥の「大鷲神社」』  【追】08/05 「勧行院」は院号で寺号は「薬王寺」。 →「これも時の流れか…大竹の勧行院」  【追】07/09 「こま木山道」石柱前の墓地は、もともと行き倒れの旅人を葬った「六部塚」の場所 →「松崎街道・なりたみち」を歩く(2)  【訂】07/06 「ドウロクジン」(正)道陸神で道祖神と同義 (誤)合成語または訛り →「松崎街道・なりたみち」を歩く(1)  【指】07/04 成田山梵鐘の設置年 (正)昭和43年 (誤)昭和46年 →三重塔、一切経堂そして鐘楼  【指】5/31 掲載写真の重複 同じ祠の写真を異なる祠として掲載  →ご祭神は石長姫(?)~赤荻の稲荷神社 

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■最新コメント
■最新トラックバック
■メールフォーム

メールをいただける場合はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最下行の「コメント」をクリックしていただいてもご連絡いただけます

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

三基の青面金剛と忘れられた旧街道~押畑の「稲荷神社」
今月はじめに「新福寺」を訪ねましたが、そのとき気になった旧佐原街道を辿ってみます。

押畑稲荷ー79

旧佐原街道は国道408号線によって分断されています。
街道は「新福寺」からの山道が、地図で見る成田病院の方向へ続いていたはずです。
408号線はこの間を切通しで横切る形になっています。

道がつながっていたとすると、その先にある神社にヒントが隠されているはずです。

地図上では「子安神社」と「金刀比羅神宮」が途切れた道の先にありますが、神社リストでは
ここにあるのは「稲荷神社」になっています。


押畑稲荷ー77
押畑稲荷ー78

ここが408号線の切通し。
左手前の道が「新福寺」から続く道で、急角度で下って408号線に合流しています。
地図では中央の赤の+マークの下、バス停マークがある所に下りてきます。
切通しができる前の旧道はここまで下らずに、写真右側の山中に続いていたと思われます。

「新福寺」から下ってくる坂から、408号線を渡って反対側の山を登る道はありません。
少し土屋方面(画面の先)を進んでから右に入ると(地図の信号マーク)道は二又に分かれ、
そこを右に坂を登って行くと昔は続いていたであろうと思われる道に出会います。

この坂を登り切ったところに「稲荷神社」がありますが、なぜか地図には書かれていません。
地図には載っていない神社が神社リストにあったり、地図には載っている神社がリストには
無かったり・・・、今回はここを探ります。


押畑稲荷ー25
押畑稲荷ー66

「稲荷神社」の前を通り過ぎて、まずは昔の街道のつながりを探してみました。

神社の先は三叉路になっていて、「新福寺」の方向への道は右に行く道です。
50メートルほど進むと道は突然行き止まりとなり、その先は雑木林が続いています。
以前には道があったとは思えない景色です。
左に下る細い坂がありますが、方角が逆になります。


押畑稲荷ー23
押畑稲荷ー24

行き止まりの道を「稲荷神社」に戻る途中の斜面に青面金剛像の「庚申塔」がありました。
ここは間違いなく人が通う道だったのです。

庚申塔には延宝八年(1680)と刻まれています。
現存する青面金剛像では、福井県にある正保四年(1647)のものが最古とされています
ので(ウィキペディア)、この像は結構古いものですね。

三叉路を右に折れ、地図に載っている「子安神社」と「金刀比羅神宮」を探します。


押畑稲荷ー17
押畑稲荷ー14
押畑稲荷ー16

「子安神社」は曲がって直ぐ、目線のずっと上にあります。
石段がありますが狭く急なうえ苔が生えているので、その先のスロープから神社に上ります。
最近建てられた鞘堂の中に、飾り気の無い「子安神社」がありました。

「千葉縣印旛郡誌」(大正2年 千葉縣印旛郡役所編)中にある押畑村稲荷神社の項には、
明治四十二年(1909)に合祀した神社として、
「大字仝字西ノ内にありし無格社子安神社」
とあります。
安産・子育ての神様ですが、この立地は女性がお参りするには少々難がある感じです。


押畑稲荷ー15

「子安神社」の隣には明治十五年(1882)と刻まれた「足尾神社」があります。
茨城県の筑波連峰の一角にある足尾山に「足尾神社」があり、そこからの分祀ではないか
と思われますが、「千葉縣印旛郡誌」には分祀や合祀の記録はありません。


押畑稲荷ー18
押畑稲荷ー19

「子安神社」のお堂の後ろに青面金剛を刻んだ「庚申塔」が立っています。
お堂の陰に隠れ、下の道からは目線より上の竹薮の中にあるので、見過ごしてしまいそうです。

足場が悪く、近づくのは危険ですが、何とか「天明■■巳十一月吉日」と読めました。
天明年間で“巳”が付く年は五年だけですので(乙巳)、天明五年(1785)の建立です。


押畑稲荷ー13

「子安神社」からさらに先に進むと、右側に石段があり、わずかに開けた場所があります。


押畑稲荷ー12

一番上の石段の両側に小さな石柱があり、右側には「文政十丁亥年 六月吉祥日」とあり、
左側には「當邑中」とあります。
文政十年は西暦1827年になります。


押畑稲荷ー7

一番奥にある「金刀比羅神社」。
祠には文化九年(1812)と記されています。
地図には「金刀比羅神宮」となっていますが、側の木札には「金刀比羅神社」となっています。


押畑稲荷ー9   「愛宕神社」の木札  
   「白幡神社」の木札  押畑稲荷ー11

同じ敷地内に「愛宕神社」と「白幡神社」の木札が立っていますが、祠はありません。

「千葉縣印旛郡誌」の押畑村稲荷神社の項に、明治四十二年(1909)に合祀した神社として、
「大字仝字廣台にありし無格社白幡神社大字仝字西ノ内にありし無格社愛宕神社大字仝字
西ノ内にありし無格社金刀比羅神社」

とありますので、ここにある「白幡神社」、「愛宕神社」、「金刀比羅神社」は、そのときの三社だ
と思われますが、「白幡神社」と「愛宕神社」の祠はどうなってしまったのでしょうか?
木札が立っているということは、かつてはそこに祠があったということなのでしょう。

道の先にはもう何も無さそうなので、「稲荷神社」に戻ります。

押畑稲荷ー20
押畑稲荷ー22

三叉路にもう一つ「庚申塔」が立っていることに気付きました。
憤怒の表情というより、頬を膨らませて少しすねているような表情に見えます。
正徳四年(1714)と記されています。

延宝八年、正徳四年、天明五年と百年余りの間に、この三叉路に三基の青面金剛が刻まれ
た「庚申塔」が立てられたということは、ここが人々が往来した旧佐原街道であることを示して
いると考えて間違いなさそうです。

押畑稲荷ー19  天明五年(1785)の青面金剛
押畑稲荷ー20  正徳四年(1714)の青面金剛
押畑稲荷ー23  延宝八年(1680)の青面金剛


押畑稲荷ー25

三叉路の手前の「稲荷神社」に戻りました。
鳥居は台輪鳥居です。

押畑稲荷ー26

石段の下に「小御岳石尊大権現」と記された石碑が立っています。
左右に「大天狗」「小天狗」と記されています。
「石尊大権現」とは神奈川県伊勢原市にある「大山阿夫利神社」を指します。
「大山阿夫利神社」への参拝記念に建立される石碑には、「石尊大権現・大天狗・小天狗」
と書かれます。
この石碑には「小御嶽」とありますので、富士山五合目にある「富士天狗宮」とも呼ばれる
「小御岳神社」への参拝記念ですね。
萬延元年(1860)と刻まれています。

そういえば、昨年6月に訪れた取香の「側高神社(そばたかじんじゃ)」にも同じような石碑
がありましたが、そのときは勉強不足で何の石碑か分からずじまいでした。
今読み返してみると「大山阿夫利神社」の参拝記念碑ですね。

謎の多い側高神社 ☜ ここをクリック


押畑稲荷ー27

本殿と拝殿は平成24年に改修されました。

「千葉縣印旛郡誌」には、「稲荷神社」について以下のように詳述しています。
(句読点が全く無い文章です)
「村社稲荷神社 押畑村字台にあり宇迦之魂神木花咲耶姫之命大物主之神應仁天皇
豊玉姫之命加具津知之命菅原天神市杵島姫之命天之御中主之神久奈門之神岡象女之命
住吉之神を祭る創立年代記録亡失の爲詳ならざるも古老の口碑に存する處に依れば治暦
二年後冷泉天皇の御宇源頼義朝臣奥州追討の勅命を蒙り此地を過ぎし時凶荒連年にして
百姓困憊に陥りたるを憐み郷土安全五穀豊穣を祈願するが爲本社を勸請して當地の産土神
となし崇敬怠らず孜々耕転に勤めたる爲漸次土地拓け村内殷富となりたるより爾來益々崇敬
して措かさるに至りたるものなりと而して中世の事實は詳かならざるも慶安四年十月本殿改造
の際領主堀田加賀守殿より銀三枚を賜はり元文元年正一位を授けられ文化壬申年拜殿一棟
氏子中にて改造し天保十三壬寅年氏子中にて本殿を再建す即今の本殿是なり明治五年村社
に列せらる仝四十二年十月廿八日許可を得て押畑字台にありし無格社天満神社大字仝字
淺間にありし無格社淺間神社大字仝字廣台にありし無格社白幡神社大字仝字西ノ内にありし
無格社愛宕神社大字仝字西ノ内にありし無格社金刀比羅神社大字仝字西ノ内にありし無格社
子安神社大字西ノ内にありし無格社辧天社大字仝字台にありし無格社千葉神社大字仝字
邊田前にありし無格社水神社大字仝字台にありし無格社道祖神社大字仝字西ノ内にありし
無格社瘡守稲荷神社を本社に合祀す社殿間口五尺六寸奥行六尺二寸拜殿間口三間奥行
三間神庫間口二間二尺奥行二間境内四百坪・・・」
 (P828~830) 

「宇迦之魂神(ウカノミタマノカミ)」「木花咲耶姫之命(コノハナノサクヤヒメノミコト)」、「大物主
之神(オオモノヌシノカミ)」、「應仁天皇(オウジンテンノウ)※1」、「豊玉姫之命(トヨタマヒメノ
ミコト)」、「加具津知之命(カグツチノミコト)※2」、「菅原天神(スガワラテンジン)」、「市杵島姫
之命(イチキシマヒメノミコト)」、「天之御中主之神(アメノミナカヌシノカミ)」、「久奈門之神(クナ
ドノカミ)※3」、「岡象女之命(ミツハノメノカミ)※4」、「住吉之神(スミノエノカミ)」と、12柱もの
神様を祀っているとは何とも欲張りな神社ですが、「宇迦之魂神」がこの「稲荷神社」のご祭神で、
「木花咲耶姫之命」以降は合祀された神社のご祭神ということでしょう。
( ※1 應神天皇か? ※2 加具土命か? ※3 久奈斗神か? ※4 罔象女神か? )

なお、治暦二年は西暦1066年になります。
古老による言い伝えを信じるなら、この神社は実に950年もの歴史を有していることになります。


押畑稲荷ー28

文化六年(1809)の灯篭。

押畑稲荷ー29

手水盤には天明四年(1784)と記されています。
この年は、国宝になっている「漢委奴国王印(かんのわのなのこくおういん)」が、筑前国
志賀島で発見された年です。


押畑稲荷ー30
押畑稲荷ー31

文政八年(1825)の狛犬(キツネ)。

押畑稲荷ー32   拝殿に架る神額
押畑稲荷ー54  本殿に架る神額

押畑稲荷ー33
押畑稲荷ー34
押畑稲荷ー35
押畑稲荷ー49

本殿は質素な装飾ですが、しっかりとした木組みが見えます。

境内に並ぶ祠の中に、祠も無くただ木札が立っている場所が多くあります。
木札は社号標の代わりなのでしょうが、何か不思議な空間です。

押畑稲荷ー38  押畑稲荷ー39  押畑稲荷ー40
    明治天皇           神武天皇           宗吾様
押畑稲荷ー43  押畑稲荷ー46  押畑稲荷ー47
  天保十年の祠           最上神社           日吉神社
押畑稲荷ー57  押畑稲荷ー41  押畑稲荷ー42
    不動様              追想の碑          戰役記念碑
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
天保十年(1839)の祠は、境内の外れに一つだけ離れて、背を向けています。
何の神様なのかは分かりませんが、気になる祠です。
「最上神社」と「日吉神社」の祠には大正七年(1918)と記されています。
「追想の碑」は昭和58年の建立で、この地区から戦地に向かった93名の内15名が戦死
しましたが、帰還した78名によって建立された慰霊と感謝の碑文が記されています。
「戰役記念碑」は昭和4年の建立で、明治二十七年(1894)から大正七・八年(1918・9)
戦役までに出征した26名の名前が刻まれています。


押畑稲荷ー53

本殿の裏に朽ちた木札があります。
半分以上が欠けていますが、「大山阿夫利神社」と書かれていたはずです。


押畑稲荷ー55

旧道から境内に上る階段に小さな石柱があり、寛延二年(1749)と記されています。


押畑稲荷ー59

境内の隅にあちこちが欠けて傷ついた狛犬(キツネ)がポツンと置かれていました。
向き合っていますが、まだお互いが見えているのでしょうか?
拝殿前にある現在の狛犬の先代でしょうか?


さて、「稲荷神社」のある三叉路が佐原街道の旧道であることは間違いないと思われますが、
この道をもう少し進んで、いくつか確信が持てるものを探したいと思います。

「金刀比羅神社」「愛宕神社」「白幡神社」の前を通り過ぎて、さらに先に進んでみます。

押畑稲荷ー1
押畑稲荷ー2
押畑稲荷ー6

ほんのちょっと視界が開ける場所がありました。
眼下には押畑地区の田園風景が広がり、斜面にはヤマユリが咲き誇っています。


押畑稲荷ー5
押畑稲荷ー4

何やら気になるものがあり、カメラをズームして見ると、「お稲荷さん」のようです。
一旦下に降りて回り道をしないと辿りつけないようです。


押畑稲荷ー3

この先に何があるのか?
曲がりくねった山道がずっと先まで続いています。


押畑稲荷ー70

山道を7~800メートルも進んだでしょうか、三叉路の左手に墓地が現われました。
今はお参りする人も無さそうな墓地ですが、入口には六地蔵が並んでいます。


押畑稲荷ー67   嘉永四年(1851)
押畑稲荷ー68  寛政十二年(1800)
押畑稲荷ー69  宝暦十二年(1762)

墓石には、正徳、宝暦、安永、天保、萬延等の年号が刻まれています。

三叉路を左に進んでみます。

押畑稲荷ー71

数百メートル進むと、またもや道は二手に分かれます。
分かれ道には享和三年(1803)の「馬頭観音」が立っています。
像は無く、「馬頭観世音菩薩」の文字が刻まれています。


押畑稲荷ー72

分かれ道を左に入って行くと、年代不詳の「庚申塔」が立っています。
青面金剛像を刻んでいますが、小さい石像なので見過ごしてしまいそうです。


押畑稲荷ー73
押畑稲荷ー74

庚申塔の先に笹薮を分け入るような小道があり、突き当たりに「白旗神社」がありました。
誰も来ないような場所ですが、なぜか新しい木札が立っています。
「白旗神社」の多くは源頼朝をご祭神としますが、源義家、義経などの源氏の武将や、源氏の
氏神の八幡神をご祭神とするものも多くあるようです。
源氏の旗である白旗を社名にした神社です。

この神社については、「千葉縣印旛郡誌」にある源頼義が、ここを通ったと言われている
ことと関連がありそうです。(・・・源頼義朝臣奥州追討の勅命を蒙り此地を過ぎし時・・・

さて、ここまで「稲荷神社からは軽く1キロ以上は歩いてきました。
所々に庚申塔や馬頭観音が立ち、ここがかつては人々が往来した道であることを証明して
いますが、分かれ道が多く、どこが旧佐原街道であったのかは自信がありません。


押畑稲荷ー75
押畑稲荷ー76

今では誰も通らない、落葉に埋もれた脇道がたくさんあり、これ以上進むと遭難しそうな
不安を感じます。

陽が傾き始めて、ヒグラシの声が森の奥から聞こえてきます。
急いで「稲荷神社」まで戻りることにします。


押畑稲荷ー50
押畑稲荷ー64

「創立年代詳カナラズ。慶安四年十月本殿改造ス。文化年中拜殿ヲ改造ス。天保十三年
本殿ヲ改造シテ今日ニ至ル。」

大正三年の「八生村誌」は、「稲荷神社」についてこのように書いています。
天保十三年は西暦1842年ですから、平成24年の改修は170年ぶりのことでした。

千葉県神社庁の「神社名鑑」(昭和62年)には、
稲荷神社  押畑一  祭神  宇迦魂神
本殿・一坪、拜殿・六坪  境内坪数  四四三坪
氏子  一三〇戸

と記載されています。
押畑には他に神社の記載はありません。

「稲荷神社」には地元の方たちによって大切に守られてきた雰囲気がありますが、今では人が
通わなくなった旧道にひっそりと佇む石仏は、やがては森に埋もれて行くのでしょうか・・・。

押畑稲荷ー69
※※※※※※※※押畑稲荷ー71
※※※※※※※※※※※※※※※※押畑稲荷ー72

押畑稲荷」-60
押畑稲荷ー61


                    ※ 「稲荷神社」 成田市押畑 1



テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

八生村の寺社 | 07:59:19 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
ばんわ
 境内社が20以上もある神社も稀にありますね。
 人口が減って氏子さんが居なくなって勢力が弱まっていつか吸収(合祀)されてしまうのですねぇ…
 境内社が多いのは人口減少が進んでる所なのです。 徳島そんなのばっかりですよ(泣 千葉ぐらいの人口欲しいですw
2015-08-05 水 01:19:03 | URL | 那賀猫 [編集]
Re: ばんわ
那賀猫 様
もともとは地域に密着してあった神社なのに、諸事情から他の場所へ
移されるのは何か納得できない気がします。
例え小さな祠一つであっても、昔からあった場所にひっそりと置いて
あげてほしいですね。
徳島も参院選では高知と合区になるなど、いろいろ大変ですね。
千葉も過密地帯と過疎地帯の格差が広がるばかりです。
2015-08-05 水 21:21:34 | URL | sausalito [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する