■プロフィール

sausalito

Author:sausalito
成田は新しいものと旧いものが混在する魅力的な街。歴史を秘めた神社やお寺。遠い昔から刻まれてきた人々の暮らし。そして世界中の航空機が離着陸する国際空港。そんな成田とその近郊の風物を、寺社を中心に紹介して行きます。

■ ■ ■

多くの、実に多くのお寺が、明治初期の神仏分離と廃仏毀釈によって消えて行きました。境内に辛うじて残った石仏は、首を落とされ、顔を削られて風雨に晒されています。神社もまた、過疎化による氏子の減少や、若者の神道への無関心から、祭事もままならなくなっています。お寺や神社の荒廃は、古より日本人の精神文化の土台となってきたものの荒廃に繋がっているような気がします。   石仏や石神の風化は止められないにしても、せめて記録に留めておきたい・・・、そんな気持ちから素人が無謀にも立ち上げたブログです。写真も解説も稚拙ですが、良い意味でも、悪い意味でも、かつての日本人の心を育んできた風景に想いを寄せていただくきっかけになれば幸いです。                             このブログでは、引用する著作物や碑文の文章について、漢字や文法的に疑問がある部分があってもそのまま記載しています。     また、大正以前の年号については漢数字でカッコ内に西暦を記すことにしています。         なお、神社仏閣に関する記事中には、用語等の間違いがあると思います。研究者ではない素人故の間違いと笑って済ませていただきたいのですが、できればご指摘いただけると助かります。また、コメントも遠慮なくいただきたいと思います。

■訪問していただいた数

■最近の記事

クリックした記事に飛びます。

■記事の分類とアップ数
■良く参考にする書籍リスト

記事中で引用したり、取材のヒントを得るために良く利用する書籍です。  文中の注釈が長くなりますので、ここに掲載します。               ■「成田の史跡散歩」小倉 博 著 崙書房 2004年               ■「成田の地名と歴史」大字別地域の事典編集委員会 2011年      ■「成田市史 中世・近世編」成田市史編さん委員会編 1986年       ■「成田市史 近代編史料集一」成田市史編さん委員会編 1972年

■訂正一覧

掲載後判明した誤りやご指摘いただいた事項と、その訂正を掲示します。 【指】ご指摘をいただいての訂正 【訂】後に気付いての訂正 【追】追加情報等 → は訂正対象のブログタイトル        --------------- 

【訂】2014/05/05 の「三里塚街道を往く(その弐)」中の「お不動様」とした石仏は「青面金剛」の間違いでした。  【訂】06/03 鳥居に架かる額を「額束」と書きましたが、「神額」の間違い。額束とは、鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束のことで、そこに掲げられた額は「神額」です。 →15/11/21「遥か印旛沼を望む、下方の「浅間神社」”額束には「麻賀多神社」とありました。”  【指】16/02/18 “1440年あまり”は“440年あまり”の間違い。(編集済み)→『喧騒と静寂の中で~二つの「土師(はじ)神社」』  【訂】08/19 “420年あまり前”は計算間違い。“340年あまり前”が正。 →『ちょっとしたスポット~北羽鳥の「大鷲神社」』  【追】08/05 「勧行院」は院号で寺号は「薬王寺」。 →「これも時の流れか…大竹の勧行院」  【追】07/09 「こま木山道」石柱前の墓地は、もともと行き倒れの旅人を葬った「六部塚」の場所 →「松崎街道・なりたみち」を歩く(2)  【訂】07/06 「ドウロクジン」(正)道陸神で道祖神と同義 (誤)合成語または訛り →「松崎街道・なりたみち」を歩く(1)  【指】07/04 成田山梵鐘の設置年 (正)昭和43年 (誤)昭和46年 →三重塔、一切経堂そして鐘楼  【指】5/31 掲載写真の重複 同じ祠の写真を異なる祠として掲載  →ご祭神は石長姫(?)~赤荻の稲荷神社 

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■最新コメント
■最新トラックバック
■メールフォーム

メールをいただける場合はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最下行の「コメント」をクリックしていただいてもご連絡いただけます

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

旧佐原街道に佇む~押畑の「新福寺」
押畑の「新福寺(しんぷくじ)」は真言宗智山派のお寺です。

新福寺ー9
新福寺-1

飯岡の「永福寺」の末寺で、山号は「陀基処山(だきしょさん)。
ご本尊は「阿弥陀如来」です。
「永福寺」には、押畑村に「新福寺」・「万行寺」・「山之坊」・「福寿院」の四つの末寺が
ありましたが、この「新福寺」の他は明治の始めに廃寺となっています。

門柱は大正十二年(1923)のものです。


新福寺-2

境内に入ると左右に古い墓石が並ぶ墓地があります。


新福寺-3
新福寺ー5

元禄、享保、明和、天保、安政、文久などの年号が見えます。


新福寺ー7

明治二十二年(1889)に建立された「後藤蒼齊翁寿蔵碑」。
寿蔵碑は生前に功績を讃えて建立されるものですが、この後藤蒼齊は和算学者で、近郷の
人々に和算を教えていました。
成田山に明治二年(1869)に奉納された算額は、極めて高度な数学の問題と解答であり、
千葉県の有形民俗文化財に指定され、現在成田山霊光館に収蔵されています。


新福寺ー8

この立派な宝塔には、「大阿闍梨法印澄傳」と刻まれています(澄傳は読み違いの可能性が
あります)。


新福寺ー28
新福寺ー10

本堂は平成6年に新築されたもので、寺額には山号の「陀基処山」と書かれています。

昭和61年編さんの「成田市史」には、山号が「吒岐尼山(だきにさん)」と記載されています。
また、「成田市史近代編史料集一」に収録の「押畑村誌」にも、
「新福寺 村ノ中央字西ノ内ニアリ。地坪六百七拾二坪、新義眞言宗吒岐尼山ト号ス。
本郡飯岡村永福寺ノ末派ナリ。」 
 (P254)
と記されています。

「吒岐尼」とは聞き慣れない言葉ですが、真言密教における荼枳尼天(だきにてん)または、
吒枳尼天(だきにてん)に関連するのでしょうか?
荼枳尼天は白狐に乗る天女の姿で、稲荷信仰と合体して真言宗とともに全国に広まり、
多くの稲荷社が建立されました。
明治になって神仏分離が行われた際、多くの稲荷社は宇迦之御魂神などの神を祀る神社と
なりましたが、一部は荼枳尼天を本尊とする寺になりました。
こうしたことと、この山号は関係があるのかもしれません。
ただ、境内には稲荷社らしき痕跡は見えませんので、この推理は当てになりません。

創建年代は不詳ですが、文禄三年以前とされています。
その根拠は、文禄三年(1594)の押幡郷御縄打之水帳」の名前が見えることによります。
少なくとも420年以上の歴史を持ったお寺です。


新福寺ー12
新福寺ー13  安政二年(1855)
新福寺ー14  天保四年(1833)

数体の石仏が置かれたお堂があります。
首の無い石仏には天保四年と文政五年(1822)の二人の子供の戒名が記されています。


新福寺ー15

本堂の裏手に回ると、この寺の場所が相当高い位置にあることが分かります。


新福寺ー17 大きなキノコが生えていました
新福寺ー18


新福寺ー16

本堂の屋根に珍しい瓦を見つけました。
鬼がわらの変形でしょうか、何か宗教的な意味がありそうです。
成田山新勝寺と同じ牡丹のように見えますが・・・


新福寺ー38
新福寺ー40
新福寺ー56

日をあらためて撮影して見ると、椿のような気がしてきました(迷っています)。


新福寺ー20
新福寺ー21

本堂の左手にたくさんの板碑が並んでいます。
並んでいるといっても、倒して重ねているだけなので、どんな謂れがあるのかは分かりません。

「成田の史跡散歩」には、この板碑について次のように書かれています。
『新福寺の開基などについては不詳であるが、本堂の左側に三〇枚近くの板碑が積み重ね
られており、その中に延慶三年(一三一〇)の銘をもつものがある。また、大正二年(一九一三)
の「千葉県印旛郡誌」には、康元元年(一二五六)銘の板碑があったと記されているので、鎌倉
時代中期には新福寺が存在していたことになる。』
 (P197~198)

康元元年の板碑がこの寺の境内に建っていたものならば、「新福寺」の歴史は420年以上では
なく、760年以上ということになります。

石の色と形から、全て下総板碑ですが、立っている形で見たかったと、残念な気がします。


新福寺ー22
新福寺ー23
新福寺ー24

「新福寺」には裏参道があります。
長い石段が続く参道ですが、こちらを利用する人はほとんどいないようで、石段下は草が
石段を隠すほどに生えていました。


新福寺ー25
新福寺ー27

裏参道の石段を登り切ったところにある古木の幹は、恐ろしげな表情です。


新福寺ー29

境内の右手にも墓地があり、左手の墓地と同様に古い墓石が並んでいます。


新福寺ー30
新福寺ー31
新福寺ー43

文化、文政、天保、弘化、安政、文久などの年号が読めますが、左手の墓地よりは比較的
年代が新しいように思えます。
一部に明治や大正の墓石も見えています。


新福寺ー55

この石碑は上部が剥がれ落ちていますが、境内の反対側にあった寿蔵碑の「後藤蒼齊」
と同じ和算の学者、「幡谷信勝」の追悼碑のようです。
「・・・立得寚居士」と読めます。

(後藤蒼齊は) 「幡谷信勝の弟子になる山口村の山田宗勝に学んでいるので、信勝から
見れば孫弟子にあたる。」
 (「成田の史跡散歩」P199)


新福寺ー36
新福寺ー35

小さなお堂の中には石仏が一つ。
風化で刻まれた文字は消えていますが、わずかに「三月」とだけ読めました。


新福寺ー45

通りかかった方から、「新福寺」の前の道は、旧佐原街道だと教わりました。
写真の手前は曲がりくねった下り坂で、前方は国道408号線に出ます。


新福寺ー47
新福寺ー49

「新福寺」の前を右に下ったところに「道祖神」がありました。
小さな祠がたくさん並んでいます。
この道が旧佐原街道だと教えてくれた方が、これを「ドウロクジン」と呼んでいました。
「松崎街道・なりたみち」の(1)で、「三竹山の道祖神」を地元の人たちが「ドウロクジン」と
呼んでいると書きましたが、どうやらこの一帯では「道祖神」を「ドウロクジン」と呼ぶようです。

「ドウロクジン」を調べると、「道陸神」と書き、「道祖神」と同じものであることが分かりました。
「三竹山ドウロクジン」は道祖神が訛ったものではなく、始から「ドウロクジン」だったのですね。


新福寺ー50
新福寺ー51

上り坂になる手前左側に、文政六年(1823)の如意輪観音が立っています。
この石塔は道標を兼ねていたようで、正面には「此方なりたミち」「此方なめ川みち」と記され、
左の側面には「右左さくミち」と記されています。

「さくミちとは作業道、農業用の道である。この変則の十字路は、左右が成田と滑川に向かう
旧道で、バス停から直線に進む道は農道であったことがわかる。」

(「成田の史跡散歩 P197)


新福寺ー34
新福寺ー37

もともとは飯岡の「永福寺」の末寺であった「新福寺」ですが、現在は成田山から時々お坊さん
が来て、管理をされているようです。

「押幡郷御縄打之水帳」には、「新福寺」は九反一畝一四歩半の面積で、廃寺となった押畑村
の他の永福寺・末寺よりは相当広い敷地を持っていました。
(万行寺は五反九畝三歩、山之坊は四反六畝二四歩半、福寿院は二畝二五歩とあります)
廃寺の三寺の本尊は、現在ここ「新福寺」に収められています。

押畑村を含む近隣八村が合併してできた八生村の村誌には、
「新福寺 押畑字西ノ内ニアリ、真言宗ニシテ久住村飯岡永福寺ノ末寺ナリ。開基ノ年号
詳カナラザレトモ莫然タル古碑アリ。表面梵字ヲ記ス。一ハ康元元年十一月一日、一ハ
延慶三年ニシテ何レモ六百年前ノ建立ナレバ開山モ此当時ナランカ。」

(「成田市史 近代編史料集一 P248)

教えられなければそれと分からぬ旧佐原街道に、ひっそりと佇む「新福寺」です。


新福寺ー53


                  ※ 「新福寺」  成田市押畑2214



テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

八生村の寺社 | 08:34:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する