■プロフィール

sausalito

Author:sausalito
成田は新しいものと旧いものが混在する魅力的な街。歴史を秘めた神社やお寺。遠い昔から刻まれてきた人々の暮らし。そして世界中の航空機が離着陸する国際空港。そんな成田とその近郊の風物を、寺社を中心に紹介して行きます。

■ ■ ■

多くの、実に多くのお寺が、明治初期の神仏分離と廃仏毀釈によって消えて行きました。境内に辛うじて残った石仏は、首を落とされ、顔を削られて風雨に晒されています。神社もまた、過疎化による氏子の減少や、若者の神道への無関心から、祭事もままならなくなっています。お寺や神社の荒廃は、古より日本人の精神文化の土台となってきたものの荒廃に繋がっているような気がします。   石仏や石神の風化は止められないにしても、せめて記録に留めておきたい・・・、そんな気持ちから素人が無謀にも立ち上げたブログです。写真も解説も稚拙ですが、良い意味でも、悪い意味でも、かつての日本人の心を育んできた風景に想いを寄せていただくきっかけになれば幸いです。                             このブログでは、引用する著作物や碑文の文章について、漢字や文法的に疑問がある部分があってもそのまま記載しています。     また、大正以前の年号については漢数字でカッコ内に西暦を記すことにしています。         なお、神社仏閣に関する記事中には、用語等の間違いがあると思います。研究者ではない素人故の間違いと笑って済ませていただきたいのですが、できればご指摘いただけると助かります。また、コメントも遠慮なくいただきたいと思います。

■訪問していただいた数

■最近の記事

クリックした記事に飛びます。

■記事の分類とアップ数
■良く参考にする書籍リスト

記事中で引用したり、取材のヒントを得るために良く利用する書籍です。  文中の注釈が長くなりますので、ここに掲載します。               ■「成田の史跡散歩」小倉 博 著 崙書房 2004年               ■「成田の地名と歴史」大字別地域の事典編集委員会 2011年      ■「成田市史 中世・近世編」成田市史編さん委員会編 1986年       ■「成田市史 近代編史料集一」成田市史編さん委員会編 1972年

■訂正一覧

掲載後判明した誤りやご指摘いただいた事項と、その訂正を掲示します。 【指】ご指摘をいただいての訂正 【訂】後に気付いての訂正 【追】追加情報等 → は訂正対象のブログタイトル        --------------- 

【訂】2014/05/05 の「三里塚街道を往く(その弐)」中の「お不動様」とした石仏は「青面金剛」の間違いでした。  【訂】06/03 鳥居に架かる額を「額束」と書きましたが、「神額」の間違い。額束とは、鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束のことで、そこに掲げられた額は「神額」です。 →15/11/21「遥か印旛沼を望む、下方の「浅間神社」”額束には「麻賀多神社」とありました。”  【指】16/02/18 “1440年あまり”は“440年あまり”の間違い。(編集済み)→『喧騒と静寂の中で~二つの「土師(はじ)神社」』  【訂】08/19 “420年あまり前”は計算間違い。“340年あまり前”が正。 →『ちょっとしたスポット~北羽鳥の「大鷲神社」』  【追】08/05 「勧行院」は院号で寺号は「薬王寺」。 →「これも時の流れか…大竹の勧行院」  【追】07/09 「こま木山道」石柱前の墓地は、もともと行き倒れの旅人を葬った「六部塚」の場所 →「松崎街道・なりたみち」を歩く(2)  【訂】07/06 「ドウロクジン」(正)道陸神で道祖神と同義 (誤)合成語または訛り →「松崎街道・なりたみち」を歩く(1)  【指】07/04 成田山梵鐘の設置年 (正)昭和43年 (誤)昭和46年 →三重塔、一切経堂そして鐘楼  【指】5/31 掲載写真の重複 同じ祠の写真を異なる祠として掲載  →ご祭神は石長姫(?)~赤荻の稲荷神社 

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■最新コメント
■最新トラックバック
■メールフォーム

メールをいただける場合はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最下行の「コメント」をクリックしていただいてもご連絡いただけます

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

西参道三の宮通り
前回の「石橋地蔵」と「清水地蔵」で西参道に入り込みましたので、今回は西参道を歩きます。

石橋地蔵ー1
西参道ー21

「西参道三の宮通り」は公園通りの郷部大橋の上、郷部交差点から始まります。
この参道は県道18号線、成田安食線の旧道になります。


西参道ー40
石橋地蔵ー28

参道に入ると、右側に「石橋地蔵」と「清水地蔵」があり、すぐに道は二股に分かれます。
右が西参道で、左に入ると「旧松崎街道なりたみち」になります。


西参道ー22

一見、何の変哲もない生活道路です。


西参道ー23

右に下って行く細い道路があります。
前回の『郷部の「石橋地蔵」と「清水地蔵」』で紹介した、昔の「江弁須街道」です。
しばらく下るとJR成田線の線路に突き当たります。


西参道ー24
西参道ー25
西参道ー26

道は線路に向かって真っすぐ伸び、フェンスで行き止まりとなります。
線路の向こう側には、やはり先に延びる道の跡が見えています。
チラリと見えているのは「いしばし橋」です。
昔はこの道も大勢の人が行き交ったのでしょう。

「石橋地蔵」と「清水地蔵」 ☜ ここをクリック


西参道ー27

参道に戻り、さらに進むと、道は左に大きくカーブします。


西参道ー28
西参道ー29

カーブを曲がり切ると、正面に「三宮埴生神社(さんのみやはぶじんじゃ)」が見えてきます。
カーブからは300メートルほど先になります。


西参道ー41
ーーーーーーーーーーーー西参道ー37
西参道ー38

この通りは、畳屋、工務店、塗装店、建材店などがとても多いように感じます。
郷部にはニュータウンの開発前から、市営住宅が建設されていましたので、そのことが関連
しているのでしょうか?
それとも、昔から成田山の門前町が形成されて行く過程で、必要とされる職人たちが、自然と
この地区に集まったのでしょうか?
その両方かも知れませんね。

天保九年(1838)の「諸商渡世向取調書上帳」と、同十四年(1843)の「諸商人軒数書上帳」
から集計した、門前町成田でのさまざまな職業について、「成田市史 中世・近世編」にはこう
書かれています。

『なお、これらの商売の他に成田には医師五人をはじめ畳屋・薪屋・石屋・附木屋・鍛冶屋・
持遊(花札など遊具)屋などの商いもあり、~』
『また天保二年の「諸職人名前取調書上帳」(石井しげ家文書・近世編史料集五上)によると、
大工職七人、桶職七人、木挽四人、下駄職・左官・塗物職各二人、それに屋根職・建具職
各一人の計二六人の職人がいたとある。』
 (P743)


西参道ー30

「埴生神社」の姿が大きくなってきました。


西参道ー44


『本村原標ヨリ凡四町未申ニ方リ字神代ニアリ。社地坪三百坪、祭神埴山姫之命、鎮座
年暦詳カナラス。』
 (「成田市史近代編史料集一」P76)

「埴生神社」の古社名は「三ノ宮大明神」。
ご祭神は「埴山姫命(はにやまひめのみこと)」で、創建年代は不詳です。
御魂代は「土師器(はじのうつわ)」だとされています。
「埴山姫命」は土の神様で、「埴生(はぶ)」は、きめの細かい、黄赤色の土器や瓦の原料と
なる粘土のことです。
近くの美郷台には「土師神社」があり、この一帯は土器を連想させます。
   
『~古代に土師部一族がこの地に集団で居住し、その職業から、自分たちの祖神ともいう
べき埴山姫命を守護神として祀ったのが、三宮埴生神社と考えられる。まだ元号のない
時代のため、創建が○○何年とできないのであり、それだけ古いことになる。』

(「成田の史跡散歩」 P71)   


西参道ー43

「埴生神社」は、地元では「三宮(さんのみや)」の方が通りが良いようです。
ここが「三宮」なら、どこかに「一宮」、「二宮」があるはずです。

「一宮」は栄町の矢口に、「二宮」は松崎にありました。
それぞれの神社のつながりははっきりしていません。

『しかし、平安時代の書物の「倭名類聚鈔」に記載される、埴生郡内の麻在郷・玉作郷・山方郷
の位置が、それぞれ三社の周辺に比定されていることから、本来は各郷の守護神として創建
されたものと考えられるのである。』
 (「成田の史跡散歩」P70)

江戸時代末期に赤松宗旦が著した「利根川図志」に書かれている各宮について、「成田市史
中世・近世編」に次のような記載があります。

『一ノ宮大明神 下総埴生郡矢口村にあり佐倉風土記ニ云、伝フ延長二年九月十九日祭ルト
 二ノ宮大明神 同松崎村にあり年記詳ならず、経津主命を祭と云
 三ノ宮大明神 同成田より二三町西の方郷部にあり、祭神詳かならず、相馬日記に郷部村
           に埴生大明神の社ありて、鳥居に当国三ノ宮という額をかく、こハ神名帳に
           ハ見えぬ神なり、云云 
と記されている。ただし、このなかで三宮が郷部村にあるとしているのは、その場所が郷部村
と成田村の境界近くに位置するために誤ったものであろう。』 
(P801)

歴史ある立派な神社ですが、謎の残る神社とも言えますね。

昨年4月、このブログを書き始めた頃に、埴生神社を訪ねています。(参考まで)
新緑の埴生神社 ☜ ここをクリック


西参道ー31

西参道からは埴生神社の本殿がちらりと見えます。


西参道ー36

「埴生神社」の横には旅館の看板が見えます。
成田山からは少し離れていますが、西参道からお参りする人たちや、埴生神社に参拝する
人たちが利用する旅館だったのでしょうか?
今は、旅館の名前の前に「ビジネス」の表記が付いています。


西参道ー33
西参道ー98

「郷部橋」の下はJR成田線が走っています。
線路の左側に郷部橋から下る坂道がありますが、それが旧道の「松崎街道なりたみち」です。
この旧道は、近いうちに歩いてみる予定です。


西参道ー34

橋を渡った右側にある、壁面いっぱいにペイントされたビル。
大分以前からシャッターが降りていて、何のビルかは分かりませんが、音楽スタジオとか、
ライブハウスだったような雰囲気です。


西参道ー35

左側はNTTです。
旧街道はこのビルの裏側を通っています。


西参道ー39

幸町の三叉路です。
左に下る道は成田山の裏門を通り、土屋に抜ける道です。


西参道ー50

成田山裏門へは、ここを左に下ります。
さらに下って行くと「薬王寺」や「大宮神社」を経て、国道408号線に交わります。


西参道ー20
西参道ー19

三叉路を直進すると、薬師堂の三叉路、そこを左に下ると成田山の総門に至ります。
道端に小さな道標が立っています。
「正面成田不動尊」と記され、側面には『「南へ上る 酒々井 佐倉」「東へ下る 成田門前を
へて三里塚 芝山」 道』、『北へ下る 滑川 佐原」「西へ上る 安食 木下」 道』とあります。
明治十五年(1882)と刻まれていますが、この道標は新しいので、復元されたものでしょう。

さて、西参道はここから薬師堂まで進み、表参道に合流して台の坂を下り、総門に至るのか、
それとも・・・
この辺りには「西参道三の宮通り」の標識は見当たりません。

薬師堂を左に曲がり、総門に向かう道はおなじみの表参道になります。
多分、西参道のコースはこちらでしょう。

西参道ー47
上町ー35    薬師堂
上町ー39    台の坂
表参道ー61   台の坂

台の坂の詳細 ☜ ここをクリック
                                   
個人的には、薬師堂より手前の小路を左に入り、発心院・勧学院・修智院の成田山三学院
の前をを抜けて、出世稲荷から釈迦堂へ出るコースが好きなのですが・・・。

西参道ー49

幸町の三叉路と薬師堂の三叉路の中間に、レトロな赤いポストが立っています。
ここを左に入ると、成田山三学院、出世稲荷を経て成田山の境内に入れます。

西参道ー12   静かな小路
西参道ー14   成田山三学院
西参道ー15   出世稲荷
西参道ー48

ポストを通り過ぎて、成毛屋旅館を左に入っても三学院の手前で道は合流します。
参道の雰囲気としては、こちらの道の方がピッタリです。

成田山の「学問の道」 ☜ ここをクリック


西参道ー42

表参道は誰でも知っています。
裏参道も比較的知られていますが、東参道と西参道はあまり知られていないようです。
標識が立っていなければ、地元の人以外には気付かれないでしょう。
歩道が整備されていないので歩行者には少々歩きにくい道路です。
表参道ほどではないにしろ、もう少し整備がされれば、平行する「旧松崎街道・なりたみち」
もあるので、賑わいが出るのではないでしょうか。

東参道 ☜ ここをクリック


西参道ー45




テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

参 道 | 07:06:05 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
地元なのに
はじめまして。
いつも楽しく拝見しています。

地元なのに、あまりお参りに行ってません。
そういえば、JAMIL / The Rock City Boy のPV 撮影で三ノ宮使われてましたね。
神主さんのブログにも載ってました。
2015-06-16 火 19:49:05 | URL | なりたん [編集]
Re: 地元なのに
なりたん さん
コメント、ありがとうございます。ラストシーンは成田湯川駅でしたね。
このところずっと成田山にお参りしていなかったので、今日久しぶりに
お参りしました。いつも参拝客が途切れない成田山は本当に凄いですね。
2015-06-16 火 21:49:35 | URL | sausalito [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する