■プロフィール

sausalito

Author:sausalito
成田は新しいものと旧いものが混在する魅力的な街。歴史を秘めた神社やお寺。遠い昔から刻まれてきた人々の暮らし。そして世界中の航空機が離着陸する国際空港。そんな成田とその近郊の風物を、寺社を中心に紹介して行きます。

■ ■ ■

多くの、実に多くのお寺が、明治初期の神仏分離と廃仏毀釈によって消えて行きました。境内に辛うじて残った石仏は、首を落とされ、顔を削られて風雨に晒されています。神社もまた、過疎化による氏子の減少や、若者の神道への無関心から、祭事もままならなくなっています。お寺や神社の荒廃は、古より日本人の精神文化の土台となってきたものの荒廃に繋がっているような気がします。   石仏や石神の風化は止められないにしても、せめて記録に留めておきたい・・・、そんな気持ちから素人が無謀にも立ち上げたブログです。写真も解説も稚拙ですが、良い意味でも、悪い意味でも、かつての日本人の心を育んできた風景に想いを寄せていただくきっかけになれば幸いです。                             このブログでは、引用する著作物や碑文の文章について、漢字や文法的に疑問がある部分があってもそのまま記載しています。     また、大正以前の年号については漢数字でカッコ内に西暦を記すことにしています。         なお、神社仏閣に関する記事中には、用語等の間違いがあると思います。研究者ではない素人故の間違いと笑って済ませていただきたいのですが、できればご指摘いただけると助かります。また、コメントも遠慮なくいただきたいと思います。

■訪問していただいた数

■最近の記事

クリックした記事に飛びます。

■記事の分類とアップ数
■良く参考にする書籍リスト

記事中で引用したり、取材のヒントを得るために良く利用する書籍です。  文中の注釈が長くなりますので、ここに掲載します。               ■「成田の史跡散歩」小倉 博 著 崙書房 2004年               ■「成田の地名と歴史」大字別地域の事典編集委員会 2011年      ■「成田市史 中世・近世編」成田市史編さん委員会編 1986年       ■「成田市史 近代編史料集一」成田市史編さん委員会編 1972年

■訂正一覧

掲載後判明した誤りやご指摘いただいた事項と、その訂正を掲示します。 【指】ご指摘をいただいての訂正 【訂】後に気付いての訂正 【追】追加情報等 → は訂正対象のブログタイトル        --------------- 

【訂】2014/05/05 の「三里塚街道を往く(その弐)」中の「お不動様」とした石仏は「青面金剛」の間違いでした。  【訂】06/03 鳥居に架かる額を「額束」と書きましたが、「神額」の間違い。額束とは、鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束のことで、そこに掲げられた額は「神額」です。 →15/11/21「遥か印旛沼を望む、下方の「浅間神社」”額束には「麻賀多神社」とありました。”  【指】16/02/18 “1440年あまり”は“440年あまり”の間違い。(編集済み)→『喧騒と静寂の中で~二つの「土師(はじ)神社」』  【訂】08/19 “420年あまり前”は計算間違い。“340年あまり前”が正。 →『ちょっとしたスポット~北羽鳥の「大鷲神社」』  【追】08/05 「勧行院」は院号で寺号は「薬王寺」。 →「これも時の流れか…大竹の勧行院」  【追】07/09 「こま木山道」石柱前の墓地は、もともと行き倒れの旅人を葬った「六部塚」の場所 →「松崎街道・なりたみち」を歩く(2)  【訂】07/06 「ドウロクジン」(正)道陸神で道祖神と同義 (誤)合成語または訛り →「松崎街道・なりたみち」を歩く(1)  【指】07/04 成田山梵鐘の設置年 (正)昭和43年 (誤)昭和46年 →三重塔、一切経堂そして鐘楼  【指】5/31 掲載写真の重複 同じ祠の写真を異なる祠として掲載  →ご祭神は石長姫(?)~赤荻の稲荷神社 

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■最新コメント
■最新トラックバック
■メールフォーム

メールをいただける場合はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最下行の「コメント」をクリックしていただいてもご連絡いただけます

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

郷部の「石橋地蔵」と「清水地蔵」
今回の主役は、この石板です。

石橋地蔵ー12

さて、これは何でしょう?
実は、これは「橋」なのです。(橋だったと言うべきでしょうが・・・)
詳しくは後ほどに。


石橋地蔵ー1

「石橋地蔵」と「清水地蔵」は、郷部交差点から成田山に向かう「西参道三の宮通り」の
入口にあります。
この通りは県道18号線の旧道でもあります。
木立に囲まれてちょっと見つけにくいかもしれませんが、赤い幟がたくさん立っています。


石橋地蔵ー14

三の宮通りからちょっと下ったところに石段があり、境内に入れます。
石段の左側に見えるのが「清水地蔵」、右奥に見えるのが「石橋地蔵」です。
狭い境内ですが、手入れが行き届いています。


石橋地蔵ー3
石橋地蔵ー29
石橋地蔵ー42

「石橋地蔵」は、昔、小橋川に架かっていた「いしばし橋」のたもとに立っていたお地蔵様です。
明治42年(1909)と刻まれています。
長い間風雨にさらされて、さすがにお顔が分かりにくくなっています。


石橋地蔵ー2

「石橋」の地名は、旧郷部村の字(あざ)で、そこに架かっている橋なので「いしばし橋」と
呼ばれたのか、「石の橋」が架かっていたので「石橋」が字になったのか・・・。
いずれにしろ、このお地蔵様が立っていた「いしばし橋」は、そうとう昔から小橋川に架かっ
ていたようです。
その橋がこの石板だとすると、昔の小橋川は小さな流れだったのでしょう。

『本村ハ此橋ヲ以テ中央トス幅五尺余リ長七尺余盤石ナリ』
 (成田市史 近代編史料集一 P43)
横幅が約1.6メートル、長さが約2メートルの石板です。
当時の小橋川は、
『幅六尺、深壱尺ヨリ貮尺位』(同)
とありますから、1.8メートル程度の川幅で、18~30センチの深さの小川ですね。
これなら、この石板を渡せば、なんとか橋の役割は果たせたでしょうね。


石橋地蔵ー5 石橋地蔵の裏にある祠
石橋地蔵ー6  道祖神と馬頭観世音


石橋地蔵ー8
石橋地蔵ー30
石橋地蔵ー41

石段を上がってすぐ左には「清水地蔵」があります。
もともとは郷部ヶ原の山林の中にあった、首だけしかないお地蔵様でした。
お地蔵様があった場所には清水が湧き出していたので、「清水地蔵」と呼ばれていました。

『~そして清水のことは、首の清水とか地蔵の清水と呼んでいたという。
というのは当時はこの地蔵に胴体がなく、首だけが置かれていたからである。
なぜ首だけなのかは今もって不明になっている。』 
 (「成田の史跡散歩」P74~75)

昭和39年に住民により胴体が作られ、現在のお姿となりましたが、周辺の開発のため、
昭和45年に観音堂に移され、昭和59年にここに移されてきました。


石橋地蔵ー10  見事な百日紅の木
石橋地蔵ー11


石橋地蔵ー13
石橋地蔵ー39

小倉 博氏は、 『古墳時代の石棺の蓋のようである』 (「成田の史跡散歩」P74)と表現して
いますが、なるほどそう見えますね。
小橋川の川幅が広くなると、この石板は外され、旧街道(松崎街道・なりたみち)の「観音堂」
の渡り橋に転用されました。
その後、観音堂の井戸の流し台になったり、工事中に捨てられそうになるなどの試練(?)を
経て、ようやく記念碑としてこの境内に落ち着くことになったのです。
この経緯を知ると、思わず“ご苦労様でした”と声をかけたくなりますね。

西参道ー99   旧街道の観音堂



石橋地蔵ー15
石橋地蔵ー16

郷部大橋をくぐるように坂道が下っています。
坂道が曲がったところに、「辧天宮」と「石神様」があります。
「辧天宮」と刻まれた石板がはめ込まれ、には享保十九年(1734)と記されていますが、
これは祠の建立の年代で、石板は最近のものです。

「石神様」のお堂は平成13年に建てられました。
中には何やら怪しげなモノが鎮座しています。


石橋地蔵ー17
石橋地蔵ー26

郷部大橋をくぐります。


石橋地蔵ー18
石橋地蔵ー25

300メートルほど下ると、西野内踏切があります。
向こうに見えているのは「成田国際福祉専門学校」です。

ここは見通しが良いので、鉄道マニアの間では撮影スポットとして知られた踏切だそうです。


石橋地蔵ー19   遮断機が降ります
 電車が通過して行きます 石橋地蔵ー21


石橋地蔵ー24

踏切を渡ると「ごうぶこばし」がありました。


石橋地蔵ー23

さて、「いしばし橋」はどこにあるのでしょう?
下を流れる小橋川の上流を眺めると、遠くに小さな橋が見えています。
あれが「いしばし橋」でしょうか?


石橋地蔵ー35
石橋地蔵ー31

ありました!
「いしばし橋」です。
小さい橋ですが、コンクリート製のしっかりした橋です。


石橋地蔵ー34

流れが見える幅は2メートルくらいですが、葦が群生していて実際の川幅は分かりません。


石橋地蔵ー38

『源ハ印旛郡江弁須村ノ北ノ山間ヨリ発シ、本村字池田ノ大清水ノ流ヲ合、小流シテ成田村
ノ流ト石橋ニ合、稍溝洫ノ狀ヲナシ 本村ハ此橋ヲ以テ中央トス幅五尺余リ長七尺余盤石ナリ 幅六尺、
深壱尺ヨリ貮尺位、西ニ趣キ山口村ニ落ツ。曲流シテ押畑、松崎、宝田數村之流ヲ合セ
新妻川ニ入ル。平時緩流ナリ。』
 (「成田市史近代編史料集一」P43)

郷部村誌には、「いしばし橋」付近の小橋川をこう書いていますが、護岸工事によって両岸の
幅は広がったものの、流れの幅は明治の頃からあまり変わっていないようです。

もちろん、かつての石板では渡れませんね。


石橋地蔵ー33

橋を渡った先には最近開発された住宅地があり、その後ろはJR成田線の線路です。
線路に向かってコンクリートの道路跡のような場所があります。
線路の手前でフェンスに阻まれているこの場所は、踏切跡のような気がします。


西参道ー26

どうしても気になって、「ごうぶこばし」から「郷部大橋」を渡り、地蔵堂を回って線路の反対側
を探ってみました。
線路の上は「西参道三の宮通り」(県道18号線旧道)のはずです。
そして、線路の反対側に辿りつきました。
こちらは西参道から細い坂道を線路に向かって下った場所で、以前は踏切だった様子です。

『上流のいしばし橋の道はもとは江弁須街道と呼ばれ、原野であったニュータウンを抜けて
公津地区の江弁須に向かう重要な道であった。』
 (「成田の史跡散歩」P74)

江弁須街道は鉄道やニュータウンに寸断され、今やどこを通っていたのかも分かりませんが、
わずかに残る数百メートルを見つけただけでも、とても得した気分です。


石橋地蔵ー27

明治時代に書かれた郷部村誌には、この二つの地蔵堂についての記述はありません。
石橋地蔵は石板の「いしばし橋」のたもとに立ち、清水地蔵は首だけの姿で山林の清水
の前に置かれていました。
開発が進んで、今はこの場所に落ち着きましたが、小川の流れと湧き出る清水を見てきた
二つのお地蔵さまにとって、交通量の多い公園通りと県道18号線旧道に面したこの場所の
居心地はどうなのでしょうか。


石橋地蔵ー43

地蔵堂の前の紫陽花は咲き始めていますが、まだ色づいてはいません。
澄み渡る空のような青を見せてくれるのは、もうひと雨、ふた雨必要でしょうか?


石橋地蔵ー44


              ※ 「石橋地蔵」「清水地蔵」 成田市郷部480



テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

成田町の寺社 | 07:59:47 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
石神様の由緒書き?
 こんばんは
19枚目の写真の下に、石版が写っていて、「風土記」の文字がちらっと見えますが、
なんて書いてあるのか 「興味があります」
 またいつか時間のある時にでも寄って、書いて頂けるとありがたいです。
 m(_ _)m
2015-06-09 火 01:23:43 | URL | 那賀猫 [編集]
Re: 石神様の由緒書き?
那賀猫 様
わかりました。近々立寄ってみましょう。
碑文についてはこの場所に再度返信の形でお知らせします。
2015-06-09 火 09:08:44 | URL | sausalito [編集]
石神様の碑文を読んできました
那賀猫 様
お尋ねの石神様の碑文を読みに行ってきました。
この碑文は、成田山の霊光館館長で、成田の郷土史の第一人者である
小倉博氏の撰文になるものです。以下、原文のまま記します。
『樹木や池に神霊が宿るとする信仰とともに石にも神霊が宿るとする
石神信仰は古くからあり、「風土記」などにも石神のことが記されて
いる。伊弉諾命が黄泉の国から逃げるとき、追いかける悪霊を防ぐのに、
塞ぎの大石を道反大神としたのが、石神の最も古いものとされる。
石神は塞ぎの神として道祖神になったのをはじめ、恵比寿や火の神とも
習合して、さまざまな信仰をもつようになった。
そのひとつの形によって性器崇拝から良縁安産を願う産神ともなった。
郷部の石神様も産神として信仰され、若い女性の良縁、子授け安産を
祈願する神として信仰されている。』

伊弉諾命が神避された伊弉冉命恋しさのあまり黄泉の国へ赴いたものの、
伊弉冉命の変わり果てた姿に驚き逃げ帰る途中で大石で黄泉比良坂を塞ぎ、
その大石を道返之大神としたという古事記の物語から、「石神」の由来を
記したもので、特にここの石神様の由来ということではなさそうですね。
2015-06-10 水 21:24:43 | URL | sausalito [編集]
石神様の由緒書き?
 こんばんは
 我儘を聞いて調べていただきありがとうございます。
ああ、石神様はそちらの方でしたか (なるほど(怪しげなモノ)) 産神様なら重要ですよね。
  「風土記」とともに「イザナギ」「○○大神」の字も見えたのでなにが書いてあるのか興味が出たのですが。 そのあたり有名なエピソードですね。
・・・でもなるほど、狛犬とか石仏、お地蔵様なんかも魂が宿りますものねえ。
2015-06-12 金 02:09:53 | URL | 那賀猫 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する