■プロフィール

sausalito

Author:sausalito
成田は新しいものと旧いものが混在する魅力的な街。歴史を秘めた神社やお寺。遠い昔から刻まれてきた人々の暮らし。そして世界中の航空機が離着陸する国際空港。そんな成田とその近郊の風物を、寺社を中心に紹介して行きます。

■ ■ ■

多くの、実に多くのお寺が、明治初期の神仏分離と廃仏毀釈によって消えて行きました。境内に辛うじて残った石仏は、首を落とされ、顔を削られて風雨に晒されています。神社もまた、過疎化による氏子の減少や、若者の神道への無関心から、祭事もままならなくなっています。お寺や神社の荒廃は、古より日本人の精神文化の土台となってきたものの荒廃に繋がっているような気がします。   石仏や石神の風化は止められないにしても、せめて記録に留めておきたい・・・、そんな気持ちから素人が無謀にも立ち上げたブログです。写真も解説も稚拙ですが、良い意味でも、悪い意味でも、かつての日本人の心を育んできた風景に想いを寄せていただくきっかけになれば幸いです。                             このブログでは、引用する著作物や碑文の文章について、漢字や文法的に疑問がある部分があってもそのまま記載しています。     また、大正以前の年号については漢数字でカッコ内に西暦を記すことにしています。         なお、神社仏閣に関する記事中には、用語等の間違いがあると思います。研究者ではない素人故の間違いと笑って済ませていただきたいのですが、できればご指摘いただけると助かります。また、コメントも遠慮なくいただきたいと思います。

■訪問していただいた数

■最近の記事

クリックした記事に飛びます。

■記事の分類とアップ数
■良く参考にする書籍リスト

記事中で引用したり、取材のヒントを得るために良く利用する書籍です。  文中の注釈が長くなりますので、ここに掲載します。               ■「成田の史跡散歩」小倉 博 著 崙書房 2004年               ■「成田の地名と歴史」大字別地域の事典編集委員会 2011年      ■「成田市史 中世・近世編」成田市史編さん委員会編 1986年       ■「成田市史 近代編史料集一」成田市史編さん委員会編 1972年

■訂正一覧

掲載後判明した誤りやご指摘いただいた事項と、その訂正を掲示します。 【指】ご指摘をいただいての訂正 【訂】後に気付いての訂正 【追】追加情報等 → は訂正対象のブログタイトル        --------------- 

【訂】2014/05/05 の「三里塚街道を往く(その弐)」中の「お不動様」とした石仏は「青面金剛」の間違いでした。  【訂】06/03 鳥居に架かる額を「額束」と書きましたが、「神額」の間違い。額束とは、鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束のことで、そこに掲げられた額は「神額」です。 →15/11/21「遥か印旛沼を望む、下方の「浅間神社」”額束には「麻賀多神社」とありました。”  【指】16/02/18 “1440年あまり”は“440年あまり”の間違い。(編集済み)→『喧騒と静寂の中で~二つの「土師(はじ)神社」』  【訂】08/19 “420年あまり前”は計算間違い。“340年あまり前”が正。 →『ちょっとしたスポット~北羽鳥の「大鷲神社」』  【追】08/05 「勧行院」は院号で寺号は「薬王寺」。 →「これも時の流れか…大竹の勧行院」  【追】07/09 「こま木山道」石柱前の墓地は、もともと行き倒れの旅人を葬った「六部塚」の場所 →「松崎街道・なりたみち」を歩く(2)  【訂】07/06 「ドウロクジン」(正)道陸神で道祖神と同義 (誤)合成語または訛り →「松崎街道・なりたみち」を歩く(1)  【指】07/04 成田山梵鐘の設置年 (正)昭和43年 (誤)昭和46年 →三重塔、一切経堂そして鐘楼  【指】5/31 掲載写真の重複 同じ祠の写真を異なる祠として掲載  →ご祭神は石長姫(?)~赤荻の稲荷神社 

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■最新コメント
■最新トラックバック
■メールフォーム

メールをいただける場合はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最下行の「コメント」をクリックしていただいてもご連絡いただけます

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

枝垂桜と山桜、珍しい造りの本堂が残る名刹~栗源の「真淨寺」
真浄寺ー4

栗源町(現香取市)「沢」にある「真淨寺」は日蓮宗のお寺で、山号は「蓮寿山」です。
奈良時代に唐僧・鑑真によって開かれたと伝えられる古刹です。
伝承通りであれば1260年以上の歴史を有することになりますが、享徳三年(1454)に
日蓮宗に改宗したとの記録が残っていますので、少なくとも560年以上の歴史が刻まれ
ているお寺です。


真浄寺ー2

参道の入り口に建つ、日蓮宗のお寺では良く見かけるひげ文字の「題目塔」。


真浄寺ー1

立派な門柱は昭和51年に建てられました。


真浄寺ー42
真浄寺ー41

門柱の先に境内へ上る階段が見えています。
階段の両脇にはまるで巨大な仁王像のような杉の巨木がそびえています。


真浄寺ー5

境内に入るとすぐに「房総の魅力500選」と書かれた金属パネルが目に入ります。
「奈良時代に中国の鑑真和尚がひらいたと伝えられています。天正年間に至り、国分氏が
この寺を陣屋としたため、兵火にあって伽藍は焼失してしまいました。現在の本堂は、元文
5年(1740)に造営されたものです。」


「房総の魅力500選」とは、昭和58年に千葉県の人口が500万人を突破したことを記念して、ふるさとを再発見
しようと選定された名所や名物などです。



真浄寺ー6
真浄寺ー7

「蓮寿山真淨寺 日蓮宗 本尊、釈迦牟尼仏、日蓮大菩薩。 創建、奈良時代唐僧鑑真が
開いたといわれている。享徳三年二月一三日、真言宗より日蓮宗に改宗、寺号を改める。
天正一八年矢作城落城直後、国分氏当寺を陣屋としたため兵火で焼失、現本堂は元文
五年四月の造営。」
 (「栗源町史」 P154~5)

鑑真が開いたとするお寺は成田地区にも多くありますが、史実としては疑問が残ります。
ただ、それほど古いお寺だということなのでしょう。
改宗したとされる享徳三年(1454)から数えて560年、兵火で焼失した天正十八年(1590)
からは425年、現本堂が造営された元文五年(1740)からでも275年が経っています。


真浄寺ー10
真浄寺ー9
真浄寺ー11

本堂の軒下には見事な彫刻がありますが、その中に「七曜紋」が見えます。
一方、屋根の鬼瓦には「九曜紋」があります。
「九曜紋」は、かつてこの地域の領主であり、秀吉の小田原攻めの際に北条方に与して
真淨寺焼失の因をつくった「国分氏」の紋です。
「七曜紋」も、国分氏が属する千葉氏一族の紋章の一つですから、ここにあってもおかしく
はないのですが、江戸時代に法華経の守護神とされる「七面大明神」信仰と「七曜紋」が
結びついたことから、掲げられているのではないかと思います。

この本堂の「七曜紋」とは直接の関係は無いと思いますが、「七面大明神」と「七曜紋」との
関わりの一例としては、こんなことが挙げられます。
真淨寺の本堂が再建された元文五年は八代将軍吉宗の時代ですが、吉宗の側近である
田沼意行は長い間子に恵まれないため「七面大明神」に願掛けをしたところ、後に老中と
なる田沼意次が生まれたので、家紋を「七曜紋」に替えたと伝えられています。


真浄寺ー12

昭和61年に寄進された天水桶にも「九曜紋」が・・・。
裏側には「如蓮華在水」と刻まれています。


真浄寺ー13身延七十九世大僧正日慈
真浄寺ー14  身延山参拝記念碑
真浄寺ー15  一天四海皆歸妙㳒

境内の一角に並ぶ3基の題目塔。
「南無妙法蓮華経」の文字の他には、写真の右にあるような文字が・・・。


真浄寺ー17

明治41年の題目塔(左)と聖観音菩薩像(右)。
題目塔の側面には「奉唱御題目六萬部供養塔」「一天四海皆帰妙法」と刻まれています。


真浄寺ー18
真浄寺ー19

この慈母観音像の背後には、たくさんの水子供養の板塔婆が立っています。
観音様の表情と、抱かれている赤子の顔がリアルで、ちょっとドキッとします。


真浄寺ー20

ずんぐりした灯篭は平成3年に奉納されました。


真浄寺ー43

何の説明もありませんが、境内のほぼ中央に建つこの像は大黒様でしょうか?


真浄寺ー22
真浄寺ー30

「芲下大朙神碑(はなのしただいみょうじん)」と彫られた碑には、
「木のもとに 汁も膾も さくらかな」
の句が刻まれています。
これは松尾芭蕉が元禄三年(1690)に伊賀上野で詠んだ句です。
明治二年(1869)の建立ですが、傍にある枝垂れ桜にかけて建立したのでしょう。

「同村澤字寺谷眞淨寺域内に在り埀絲櫻にして圍一丈四五尺に埀んとす開花の候殊に奇觀
を極め澤櫻の名遠邇に聞ゑ騒人雅客の杖を曳くもの多かりしか近時幹枝の枯損するを以て
舊時の如くならず樹下碑石あり俳句等を刻す村の俳人髙橋如水の門人が建つるものなり如水
通稱を甚兵衛と曰ひ吉祥庵と號す往年其側に稚櫻を培植せしが今や漸く成長し往時の觀を
復せしむとす」
 (「千葉縣香取郡誌」 大正10年 P577~578)


真浄寺ー39
真浄寺ー25
*********** 真浄寺ー24
真浄寺ー29

元文五年に再建された現在の本堂は、香取市の指定文化財となっています。
説明板には次のように記されています。

「当山は蓮寿山真淨寺と称し、日蓮宗に属する。一説には唐僧鑑真大和上の開山とも
伝わるが、永徳元年(一三八一)平賀本土寺(松戸市)第九世妙高院日意上人を中興
開山とする。天正十八年(一五九〇)徳川氏が関東入府の際、矢作落城と共に、一山
ことごとく灰燼に帰し、その後再興された。本堂は、間口柱間三間・奥行同四間で、正面
に間口一間の向拝を付している。宝形造、銅板葺(元茅葺)の屋根で、建築年代は小屋
柱の墨書により、元文五年(一七四〇)とされる。正面寄り一間に「三方吹き放ち」とも
呼ばれる構造を設けていることが特徴的である。旧庫裡は宝暦八年(一七五八)の建立
であったが平成七年五月に解体され、平成九年に現在の庫裡が完成した。延享年間
(一七四四~四八)には末寺二四ヶ寺を有する名刹であった。古くから枝垂桜の名所と
して知られ、昭和六十三年には千葉県「房総名勝五百選」にも選ばれている。」



真浄寺ー26 斎藤翁碑(斎藤源吾・明治二年)
真浄寺ー27 澤地区戦没者慰霊碑(平成4年)
真浄寺ー28 題目塔(平成第九之春とある)


真浄寺ー31

裏山の中腹にある墓地から眺める本堂。


真浄寺ー33

墓地には明暦、寛文、宝暦などの古い墓石が並んでいます。


真浄寺ー35
真浄寺ー37
真浄寺ー38
真浄寺ー36

境内から少し下った場所に、たくさんの板碑が並んでいます。
いずれも境内の整備に伴ってここに集められたもののようです。
風化により板面の梵字や文様は見えませんが、お寺の歴史を語る貴重な文化財です。


さて、「真淨寺」から旧道を「道の駅くりもと」に向かってしばらく歩くと見えてくる「澤大櫻」
についてもちょっと触れましょう。

澤大櫻ー2
澤大櫻ー1

この大櫻は樹周りが5.4メートル、樹高は約10メートルあります。

記念碑には、元禄のころ真淨寺の日櫻聖人がここに山桜を植えて、真淨寺の境内にある
枝垂桜とこの山桜との間を信仰の浄土の地とした、と記されています。
この桜の木が「真淨寺」への参道入り口だったわけです。

澤大櫻ー5

正面に「南無妙法蓮華経」と刻まれたこの小さな石塔の側面には「ひした(菱田?)江戸」
の文字が見えますので、道標を兼ねていたようです。

澤大櫻ー6

元禄のころにここに植えられたとすれば、この桜は樹齢320年以上ということになります。


真浄寺ー40

「蓮壽山眞淨寺 同村大字澤字寺谷に在り域内千百八十三坪日蓮宗にして釋迦如來を本尊
とし多寶佛を配す開創年月詳ならず寺傳に曰く矢作城の陥るや城主國分大膳太夫大膳世系不詳
走て本寺に入る敵兵窮追して火を放ち堂塔悉く灰燼と為り古記随て烏有に歸せり後ち國分氏
の室蓮壽院之を再興し以て父の冥福を祈り今の山號を付すと寺門に數株の巨杉樹相並べり」

(「千葉縣香取郡誌」 大正10年 P449)

“戦に敗れて死んだ城主の霊を、遺された姫が弔うために建てた寺”としては、東和泉の
「養泉寺」があります。
討死した父と家臣を弔う姫~東和泉の「養泉寺」 ☜ ここをクリック

県道44号線のバイパスができてから、旧道の交通量はめっきり減りました。
そのぶん、静かな山村の空気が「真淨寺」の歴史を包んでいるような気がします。


真浄寺ー44
真浄寺ー45


                     ※ 「蓮寿山真淨寺」 香取市沢1811



テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

香取市の寺社 | 07:39:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する