■プロフィール

sausalito

Author:sausalito
成田は新しいものと旧いものが混在する魅力的な街。歴史を秘めた神社やお寺。遠い昔から刻まれてきた人々の暮らし。そして世界中の航空機が離着陸する国際空港。そんな成田とその近郊の風物を、寺社を中心に紹介して行きます。

■ ■ ■

多くの、実に多くのお寺が、明治初期の神仏分離と廃仏毀釈によって消えて行きました。境内に辛うじて残った石仏は、首を落とされ、顔を削られて風雨に晒されています。神社もまた、過疎化による氏子の減少や、若者の神道への無関心から、祭事もままならなくなっています。お寺や神社の荒廃は、古より日本人の精神文化の土台となってきたものの荒廃に繋がっているような気がします。   石仏や石神の風化は止められないにしても、せめて記録に留めておきたい・・・、そんな気持ちから素人が無謀にも立ち上げたブログです。写真も解説も稚拙ですが、良い意味でも、悪い意味でも、かつての日本人の心を育んできた風景に想いを寄せていただくきっかけになれば幸いです。                             このブログでは、引用する著作物や碑文の文章について、漢字や文法的に疑問がある部分があってもそのまま記載しています。     また、大正以前の年号については漢数字でカッコ内に西暦を記すことにしています。         なお、神社仏閣に関する記事中には、用語等の間違いがあると思います。研究者ではない素人故の間違いと笑って済ませていただきたいのですが、できればご指摘いただけると助かります。また、コメントも遠慮なくいただきたいと思います。

■訪問していただいた数

■最近の記事

クリックした記事に飛びます。

■記事の分類とアップ数
■良く参考にする書籍リスト

記事中で引用したり、取材のヒントを得るために良く利用する書籍です。  文中の注釈が長くなりますので、ここに掲載します。               ■「成田の史跡散歩」小倉 博 著 崙書房 2004年               ■「成田の地名と歴史」大字別地域の事典編集委員会 2011年      ■「成田市史 中世・近世編」成田市史編さん委員会編 1986年       ■「成田市史 近代編史料集一」成田市史編さん委員会編 1972年

■訂正一覧

掲載後判明した誤りやご指摘いただいた事項と、その訂正を掲示します。 【指】ご指摘をいただいての訂正 【訂】後に気付いての訂正 【追】追加情報等 → は訂正対象のブログタイトル        --------------- 

【訂】2014/05/05 の「三里塚街道を往く(その弐)」中の「お不動様」とした石仏は「青面金剛」の間違いでした。  【訂】06/03 鳥居に架かる額を「額束」と書きましたが、「神額」の間違い。額束とは、鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束のことで、そこに掲げられた額は「神額」です。 →15/11/21「遥か印旛沼を望む、下方の「浅間神社」”額束には「麻賀多神社」とありました。”  【指】16/02/18 “1440年あまり”は“440年あまり”の間違い。(編集済み)→『喧騒と静寂の中で~二つの「土師(はじ)神社」』  【訂】08/19 “420年あまり前”は計算間違い。“340年あまり前”が正。 →『ちょっとしたスポット~北羽鳥の「大鷲神社」』  【追】08/05 「勧行院」は院号で寺号は「薬王寺」。 →「これも時の流れか…大竹の勧行院」  【追】07/09 「こま木山道」石柱前の墓地は、もともと行き倒れの旅人を葬った「六部塚」の場所 →「松崎街道・なりたみち」を歩く(2)  【訂】07/06 「ドウロクジン」(正)道陸神で道祖神と同義 (誤)合成語または訛り →「松崎街道・なりたみち」を歩く(1)  【指】07/04 成田山梵鐘の設置年 (正)昭和43年 (誤)昭和46年 →三重塔、一切経堂そして鐘楼  【指】5/31 掲載写真の重複 同じ祠の写真を異なる祠として掲載  →ご祭神は石長姫(?)~赤荻の稲荷神社 

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■最新コメント
■最新トラックバック
■メールフォーム

メールをいただける場合はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最下行の「コメント」をクリックしていただいてもご連絡いただけます

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

カヤの大木と「来迎寺(らいこうじ)」
今回は松崎の「来迎寺(らいこうじ)」を訪ねます。

来迎寺ー1

「来迎寺」の創建年代は不詳とされています。
天台宗のお寺で、山号は「松葉山」。
ご本尊は「阿弥陀如来」です。

門柱には「宗祖大師御遠忌記念」と記されており、大正9年に建てられたものです。


来迎寺ー2

明治16年に千葉県令船越衛の通達によって編さんされた町村誌には、

「来迎寺、村ノ中央字備後ニアリ。境内五百四十六坪。天台宗松葉山ト號ス。下埴生郡
龍角寺村天竺山龍角寺ノ末派ナリ。其開基ノ年月ニ至テハ今詳明スベカラズ。」

とあります。(成田市史 近代編史料集一 P218)

また、後に近隣の村が合併してできた八生村の村誌(大正3年頃の作成)には、

「松崎字備後ニアリ。天台宗ニシテ安食町天竺山竜角寺ノ末寺ナリ。本尊ヲ阿彌陀如来
トス。開基詳カナラズ。鐘楼ニハ天録十四年十二月ト刻セル大梵鐘アリ。法要ハ毎十三日
ノ待夜ト十四日ノ縁日トナリ。」

とあります。(同P247)

今は鐘楼も梵鐘も姿がありませんが、大正初期まではそれなりに立派なお寺だったようです。
記録が見当たりませんが、後述の「本堂再建の碑」が大正14年と記されていることから、
火事で焼失してしまったのではないかと想像されます。

なお、梵鐘に刻まれていたとされる「天禄十四年」とは何かの間違いでしょう。
天禄年間は西暦970年から973年までの4年間しかなく、天禄十四年は存在しません。
梵鐘にこのような間違いが刻まれることは考えられませんから、記録ミスだと思います。
まず考えられるのは天禄四年(973年)を十四年と誤記した、ということですが、この年代
に制作された梵鐘であれば間違いなく重要文化財級のものですから、もっとしっかりとした
記録が残っているはずです。
また、年号を間違えて刻んであったとすれば、記録を取る時にその間違いには当然気付く
はずでしょうから、それについての記述があってしかるべきでしょう。
次に考えられるのは「天禄」ではなく「元禄」の記録間違いではないか、ということです。
とすると、その梵鐘は元禄十四年(1701年)の制作となります。
どうやらこちらの方が現実的ですね。

現在の本堂は一見民家風で、寺額もありません。


来迎寺ー3

境内にある成田市指定天然記念物の榧(カヤ)の大木です。

説明板によると、
「この“カヤ”は、わが国において、学術上価値があり、植物学上においても、このような
大樹は記録的なもので、貴重なものといえます。」


樹齢は不明ですが、目通り樹周り3.9メートルと書かれています。
この説明板は昭和55年に立てられたものですが、それ以降も成長は続いているようで、
4.3メートルと落書きがされています。


来迎寺ー4
来迎寺ー17

「八生村誌」にこのカヤの木に関する記述があります。

  日暮ノ榧
松崎来迎寺境内ニアリ。周圍二間。丈高カラズシテ其枝八方二垂レ、殆ント一反歩餘ヲ壓ス。
夏季此ノ下ニアルヤ涼気自ラ来リ去ル能ハズ。遂ニ日ノ暮ルゝヲ覚ヘズト。因リテ此名アリ。

(成田市史 近代編史料集一 P244)


来迎寺ー5

大正14年の「本堂再建寄附芳名の碑」。

見たところ、現在の本堂はその後にさらに建て直されています。


来迎寺ー6
来迎寺ー7

境内の左手にあるお堂。
中の石仏は風化してお顔も平たくなっています。


来迎寺ー8

来迎寺ー9

「二十三夜塔」。
弘化四年(1847年)の紀年銘があります。
室町時代から;始まった月待講」は、江戸時代に入って急激に全国に広まりました。
特定の月齢の夜に「講中」と称する仲間が集まって、飲み食いをしながら、経などを唱えて
月を拝み、悪霊を追い払うという宗教行事です。
その際に供養のために建てた石碑が「月待塔」です。

地方によっていろいろな月待講がありますが、月齢によってもお祭りする仏様が違います。
十三夜待   虚空蔵菩薩
十五夜待   大日如来、聖観音など
十六夜待   大日如来、阿弥陀如来など
十七夜待   千手観音、聖観音など
十八夜待   千手観音、聖観音など
十九夜待   如意輪観音、馬頭観音など
二十夜待   如意輪観音、十一面観音など
二十一夜待  如意輪観音、准胝観音など
二十二夜待  如意輪観音
二十三夜待  勢至菩薩
二十六夜待  愛染明王、阿弥陀三尊(阿弥陀如来・観音菩薩・勢至菩薩)
(参考:Yahoo!知恵袋)

なかでも、月が勢至菩薩の化身であると信じられていたことから、二十三夜講が最も
盛んに行われるようになりました。


来迎寺ー10
来迎寺ー11

「子育大明神」の掲額があるお堂。


来迎寺ー12

掲額の文字が消えてしまって、何のお堂か分かりませんが、斜めから見ると「天神社」と
読めるような気がします。
後述する資料から推測すると、「太子堂」かもしれません。


来迎寺ー14

裏手にある墓地には、比較的新しい墓石が目立ちます。
墓地の外れの一角にわずかに数基の古い墓石があり、文久とか慶應の年号が読めました。


来迎寺ー13
来迎寺ー16

「成田市史 中世・近世編」に、来迎寺について触れている文章がありました。

「来迎寺は山号を松葉山と号し、阿弥陀如来を本尊としている。 創建など明らかでないが、
文禄三年の「松崎村御縄打水帳」に寺名がみえるので中世にさかのぼる。 除地に認可
された東西六十五間・南北八〇間の境内に、五間・六間の本堂をはじめ善導大師堂、
阿弥陀堂、鐘楼堂、聖徳太子堂などがあり、また浅間宮・香取宮などを支配している。」

(P784)

かつてここに、東西約118メートル、南北約145メートルという広い境内があったとは思え
ない現状ですが、文禄年間にその名が出てくるのであれば、少なくとも420年以上の歴史
を有するお寺ということになります。
今は民家や道路で隔てられた場所にある「善導大師堂」も、もともとは境内であったわけです。


来迎寺ー20

通りに出るとそこは「善導大師堂」の裏手にある墓地の外れです。


来迎寺ー21

この通りが、かつての境内を分断しています。
郵便局もある生活道路になっています。


来迎寺ー19

「来迎寺」の境内からは、わずかに「善導大師堂」の屋根が望めるだけです。


来迎寺ー15

カヤの大木の枝が、境内の3分の1ほどを覆っています。
なるほど、村誌にあった通り、夏はこの木の下はとても涼しいことでしょう。



来迎寺ー18


            ※ 「来迎寺」 成田市松崎254
              JR成田線下総松崎駅から徒歩約20分
              北総鉄道成田湯川駅から徒歩約15分



テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

八生村の寺社 | 21:25:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する