■プロフィール

sausalito

Author:sausalito
成田は新しいものと旧いものが混在する魅力的な街。歴史を秘めた神社やお寺。遠い昔から刻まれてきた人々の暮らし。そして世界中の航空機が離着陸する国際空港。そんな成田とその近郊の風物を、寺社を中心に紹介して行きます。

■ ■ ■

多くの、実に多くのお寺が、明治初期の神仏分離と廃仏毀釈によって消えて行きました。境内に辛うじて残った石仏は、首を落とされ、顔を削られて風雨に晒されています。神社もまた、過疎化による氏子の減少や、若者の神道への無関心から、祭事もままならなくなっています。お寺や神社の荒廃は、古より日本人の精神文化の土台となってきたものの荒廃に繋がっているような気がします。   石仏や石神の風化は止められないにしても、せめて記録に留めておきたい・・・、そんな気持ちから素人が無謀にも立ち上げたブログです。写真も解説も稚拙ですが、良い意味でも、悪い意味でも、かつての日本人の心を育んできた風景に想いを寄せていただくきっかけになれば幸いです。                             このブログでは、引用する著作物や碑文の文章について、漢字や文法的に疑問がある部分があってもそのまま記載しています。     また、大正以前の年号については漢数字でカッコ内に西暦を記すことにしています。         なお、神社仏閣に関する記事中には、用語等の間違いがあると思います。研究者ではない素人故の間違いと笑って済ませていただきたいのですが、できればご指摘いただけると助かります。また、コメントも遠慮なくいただきたいと思います。

■訪問していただいた数

■最近の記事

クリックした記事に飛びます。

■記事の分類とアップ数
■良く参考にする書籍リスト

記事中で引用したり、取材のヒントを得るために良く利用する書籍です。  文中の注釈が長くなりますので、ここに掲載します。               ■「成田の史跡散歩」小倉 博 著 崙書房 2004年               ■「成田の地名と歴史」大字別地域の事典編集委員会 2011年      ■「成田市史 中世・近世編」成田市史編さん委員会編 1986年       ■「成田市史 近代編史料集一」成田市史編さん委員会編 1972年

■訂正一覧

掲載後判明した誤りやご指摘いただいた事項と、その訂正を掲示します。 【指】ご指摘をいただいての訂正 【訂】後に気付いての訂正 【追】追加情報等 → は訂正対象のブログタイトル        --------------- 

【訂】2014/05/05 の「三里塚街道を往く(その弐)」中の「お不動様」とした石仏は「青面金剛」の間違いでした。  【訂】06/03 鳥居に架かる額を「額束」と書きましたが、「神額」の間違い。額束とは、鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束のことで、そこに掲げられた額は「神額」です。 →15/11/21「遥か印旛沼を望む、下方の「浅間神社」”額束には「麻賀多神社」とありました。”  【指】16/02/18 “1440年あまり”は“440年あまり”の間違い。(編集済み)→『喧騒と静寂の中で~二つの「土師(はじ)神社」』  【訂】08/19 “420年あまり前”は計算間違い。“340年あまり前”が正。 →『ちょっとしたスポット~北羽鳥の「大鷲神社」』  【追】08/05 「勧行院」は院号で寺号は「薬王寺」。 →「これも時の流れか…大竹の勧行院」  【追】07/09 「こま木山道」石柱前の墓地は、もともと行き倒れの旅人を葬った「六部塚」の場所 →「松崎街道・なりたみち」を歩く(2)  【訂】07/06 「ドウロクジン」(正)道陸神で道祖神と同義 (誤)合成語または訛り →「松崎街道・なりたみち」を歩く(1)  【指】07/04 成田山梵鐘の設置年 (正)昭和43年 (誤)昭和46年 →三重塔、一切経堂そして鐘楼  【指】5/31 掲載写真の重複 同じ祠の写真を異なる祠として掲載  →ご祭神は石長姫(?)~赤荻の稲荷神社 

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■最新コメント
■最新トラックバック
■メールフォーム

メールをいただける場合はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最下行の「コメント」をクリックしていただいてもご連絡いただけます

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

利根川に向かって建つ浜鳥居~下総一の宮「香取神宮」(2)
香取神宮の2回目です。

前回訪ねた「奥宮」や「祖霊社」がある道は旧表参道ですが、今回は旧参道を利根川方向に
寄り道してみましょう。

香取神宮ー82

さて、この大きな木製の大鳥居は何でしょう?
向こう側は利根川、手前は堤防です。
あたりに神社は見当たりません。

香取神宮ー80

この辺りは津宮河岸(つのみやかし)と呼ばれています。
この「常夜燈」は明和六年(1769年)の紀年銘があり、水運が盛んだった頃に一種の燈台
のような役目をはたしていたようです。

香取神宮ー81

「常夜燈」の隣にある与謝野晶子の句碑。
「かきつはた 香取の神の 津の宮の 宿屋に上る 板の仮橋」
晶子が明治44年にこの地を訪れた時に詠んだ句で、平成2年にここに設置されました。

香取神宮ー83
香取神宮ー84

目の前には利根川下流のゆったりした流れが広がっています。

香取神宮ー87
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・香取神宮ー85
香取神宮ー86
利根川に向かって建つ「浜鳥居」。

この鳥居はご祭神がここから上陸したことに由来すると伝えられていて、朝廷からの奉幣使
が鹿島神宮から香取神宮に向かう時、海を渡ってここに上陸して香取神宮へと向かうのが
習わしであったそうです。
鳥居は高い土手の河原側に建っていて、土手の内陸側を走る利根水郷ライン(国道356号)
からは、その上部がチラリと見えるだけです。
平成14年に香取神宮のご用材を使って建て直されたものです。

ここでは12年に一度、式年神幸祭が行われます。
神幸祭を始め香取神宮は非常に祭事の多い神社としても知られています。
その祭事を追いかけていると、どんどん脇道にそれて行きそうなので、いずれ機会があったら
紹介したいと思います。


香取神宮ー117

「香取神宮」は延喜式の式内社で、下総の一の宮です。
旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社となっています。
また、全国に16社しかない「勅祭社」(祭礼に際して天皇より勅使が遣わされる神社)
でもあります。


ここからが前回の続きです。

大きな石灯籠の続く参道をしばらく進むと、左手に神池が見えてきます。
この池は昭和53年に式年大祭の記念事業として造られ、昭和55年10月に完成しました。

香取神宮ー17
香取神宮ー18

この日は雨あがりだったので水面は濁っていました。
小さな滝がこの池に水を流し込んでいます。


香取神宮ー19
香取神宮ー20

滝の上に登ってみると、壊れた石灯籠が無造作に積み上げられていました。
後方に見える道は、前回紹介した津宮の「浜鳥居」から「奥宮」や「祖霊社」を通ってくる
昔の表参道です。


香取神宮ー21
香取神宮ー106

三の鳥居の右手前には「神徳館」があります。
旧宮司邸跡に昭和36年に建てられましたが、その茅葺の門は天明元年(1781年)に
造営されたもので、勅使門でした。(現在補修中)

この「神徳館」の敷地内には、末社の「壐神社(おしでじんじゃ)」と、「大山衹神社(おおやま
づみじんじゃ)」があります。
二社とも急斜面にあって、側まで行くのは大変です。

「壐」とは、御印(みしるし)という意味で、国王の印のことを指す言葉です。
また、三種の神器の一つである八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)を指す言葉でもあります。
ご祭神に関する記述が見当たりませんが、この神社の持つ意味は何となく分かります。
「大山衹神社」のご祭神は「大山衹命(おおやまづみのみこと)です。

       壐神社     香取神宮ー107
香取神宮ー108   大山衹神社
 壐神社から見た神徳館 香取神宮ー109


香取神宮ー23

目の前にコンクリート製の「三の鳥居」と「総門」が見えてきました。
鳥居は平成10年の建立で、「天皇陛下御即位拾年」と記されています。

手前には堂々たる狛犬が・・・。

香取神宮ー25台座には敬神・阿形の狛犬
香取神宮ー26台座には尊皇・吽形の狛犬

香取神宮ー24
香取神宮ー142
香取神宮ー110

大きく立派な「総門」をくぐると、いよいよ本宮の境内です。


香取神宮ー28

総門をくぐると左手に大きな手水舎があります。
参拝に際しては、まずここで手、口を清めて本殿へと向かいます。

香取神宮ー144

手水舎の脇にある「海抜百三十尺」の碑。
大正12年に「大阪探勝わらぢ會建立」と記されています。
130尺は約39メートルということになりますが、調べるとこの辺りの標高は38メートル
ですので、ほぼ正確な値ですね。


手水舎のさらに左側に木柵に囲まれた一角が見えます。

香取神宮ー29

末社の「市神社(いちがみしゃ)」と「天降神社(あまくだりじんじゃ)」。
ご祭神は「市神社」が「事代主神(ことしろぬしのかみ)」です。
合祀されている「天降神社」のご祭神は、「伊伎志爾保神(いきしにほのかみ)」と鑰守神
(かぎもりのかみ)」です。
「天降神社」は以前は境内の東側の外れで、「諏訪神社」と並んでいました。


香取神宮ー30

隣に並んで建っているのは、同じく末社の「馬場殿神社(ばばどのじんじゃ)」で、ご祭神は
「建速須佐之命(たけはやすさのおのみこと)」です。


香取神宮ー32

「木母杉」。
「貞享元年水戸光圀参宮の折四丈五尺余の老杉であるのを見て此の宮地の数多の杉の
母であろうと名付た 此の杉は今は枯れて寄生した椎樹のみが残る」

説明の木札にはこう書かれています。
さらに、「香取神宮小史」には、この木母杉の項で、黄門さまが参詣する以前の様子を、
「太古宮地は皆槻の木であったが、その後竹林となり、更に杉林となったと云ふ。」
と書いています。


なかなか拝殿・本殿まで進めません。
次回は香取神宮の象徴的な建造物である「楼門」をくぐり、拝殿・本殿へと進みます。



テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

香取市の寺社 | 18:24:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する