■プロフィール

sausalito

Author:sausalito
成田は新しいものと旧いものが混在する魅力的な街。歴史を秘めた神社やお寺。遠い昔から刻まれてきた人々の暮らし。そして世界中の航空機が離着陸する国際空港。そんな成田とその近郊の風物を、寺社を中心に紹介して行きます。

■ ■ ■

多くの、実に多くのお寺が、明治初期の神仏分離と廃仏毀釈によって消えて行きました。境内に辛うじて残った石仏は、首を落とされ、顔を削られて風雨に晒されています。神社もまた、過疎化による氏子の減少や、若者の神道への無関心から、祭事もままならなくなっています。お寺や神社の荒廃は、古より日本人の精神文化の土台となってきたものの荒廃に繋がっているような気がします。   石仏や石神の風化は止められないにしても、せめて記録に留めておきたい・・・、そんな気持ちから素人が無謀にも立ち上げたブログです。写真も解説も稚拙ですが、良い意味でも、悪い意味でも、かつての日本人の心を育んできた風景に想いを寄せていただくきっかけになれば幸いです。                             このブログでは、引用する著作物や碑文の文章について、漢字や文法的に疑問がある部分があってもそのまま記載しています。     また、大正以前の年号については漢数字でカッコ内に西暦を記すことにしています。         なお、神社仏閣に関する記事中には、用語等の間違いがあると思います。研究者ではない素人故の間違いと笑って済ませていただきたいのですが、できればご指摘いただけると助かります。また、コメントも遠慮なくいただきたいと思います。

■訪問していただいた数

■最近の記事

クリックした記事に飛びます。

■記事の分類とアップ数
■良く参考にする書籍リスト

記事中で引用したり、取材のヒントを得るために良く利用する書籍です。  文中の注釈が長くなりますので、ここに掲載します。               ■「成田の史跡散歩」小倉 博 著 崙書房 2004年               ■「成田の地名と歴史」大字別地域の事典編集委員会 2011年      ■「成田市史 中世・近世編」成田市史編さん委員会編 1986年       ■「成田市史 近代編史料集一」成田市史編さん委員会編 1972年

■訂正一覧

掲載後判明した誤りやご指摘いただいた事項と、その訂正を掲示します。 【指】ご指摘をいただいての訂正 【訂】後に気付いての訂正 【追】追加情報等 → は訂正対象のブログタイトル        --------------- 

【訂】2014/05/05 の「三里塚街道を往く(その弐)」中の「お不動様」とした石仏は「青面金剛」の間違いでした。  【訂】06/03 鳥居に架かる額を「額束」と書きましたが、「神額」の間違い。額束とは、鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束のことで、そこに掲げられた額は「神額」です。 →15/11/21「遥か印旛沼を望む、下方の「浅間神社」”額束には「麻賀多神社」とありました。”  【指】16/02/18 “1440年あまり”は“440年あまり”の間違い。(編集済み)→『喧騒と静寂の中で~二つの「土師(はじ)神社」』  【訂】08/19 “420年あまり前”は計算間違い。“340年あまり前”が正。 →『ちょっとしたスポット~北羽鳥の「大鷲神社」』  【追】08/05 「勧行院」は院号で寺号は「薬王寺」。 →「これも時の流れか…大竹の勧行院」  【追】07/09 「こま木山道」石柱前の墓地は、もともと行き倒れの旅人を葬った「六部塚」の場所 →「松崎街道・なりたみち」を歩く(2)  【訂】07/06 「ドウロクジン」(正)道陸神で道祖神と同義 (誤)合成語または訛り →「松崎街道・なりたみち」を歩く(1)  【指】07/04 成田山梵鐘の設置年 (正)昭和43年 (誤)昭和46年 →三重塔、一切経堂そして鐘楼  【指】5/31 掲載写真の重複 同じ祠の写真を異なる祠として掲載  →ご祭神は石長姫(?)~赤荻の稲荷神社 

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■最新コメント
■最新トラックバック
■メールフォーム

メールをいただける場合はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最下行の「コメント」をクリックしていただいてもご連絡いただけます

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

ちょっとしたスポット~ついに発見! 染井の一里塚
【 ちょっとしたスポット 】

この一年間、多古の中村にある「日本寺」を基点として江戸まで続く里程標の一番目、
「染井の一里塚」を探していました。
地図には載っていませんし、折につけ染井のあたりを探していましたが見つかりません。
半ばあきらめかけていたところ、偶然多古コミュニティプラザ内の図書室の奥で見つけた
「多古町史」の中に、僅かな記載があることに気づきました。

去年の5月に偶然見つけた「三里塚」も忘れられた存在でした。

三里塚街道ー20
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・三里塚街道ー21
三里塚街道ー53

「三里塚」は幹線道路から外れた住宅地の中で辛うじて生き残っていましたが、それでも
遠くから見える二本の大木がその存在を主張するように立っていました。
三里塚街道を往く(その参 三里塚交差点界隈) ⇒


一里塚ー4

これがやっと見つけた「一里塚」です。
小さな木の鳥居があり、小石が積まれています。


一里塚ー5
一里塚ー6

50センチほどの今にも崩れそうな小さな祠です。
これがかつて道往く人々に行程を知らせていた「一里塚」とはとても思えません。
「多古町史上巻」(昭和60年多古町史編さん委員会)の329ページにこんな記述があります。

「佐倉を経て江戸へ至る江戸道に沿って、染井に一里塚、芝山町白枡に二里塚、成田
に三里塚があった。四里目は四の字を避けて法華塚といい遠山村(成田市)にあった。
染井の一里塚は現在、その名残の道祖神が国道二九六号線交差点付近の畑の中に
祀られている。このあたり元は台地縁辺部であって、道路工事のため掘り崩し原状を
とどめていないが、一里塚はその縁辺部にあったのである。
この一里塚の基点は南中の日本寺であるとか、松崎神社であるともいわれている。
里程からいえば日本寺説が有力であるが、なぜ日本寺を基点としたか、だれがそれを
制定したのかは明らかでない。」


  基点とされる日本寺  日本寺ー54
日本寺ー10
関東三大檀林日本寺 ⇒


一里塚ー3
一里塚ー8

すぐ上を国道296号線が走っていますが、この位置と場所では気づく人はいません。


一里塚ー9

「多古町史下巻」にも一里塚に関わる資料を見つけました。(P746)
文化三年(1806年)に俳人の飛鳥園一叟が記した文です。(■は判読不能個所)

「染井なる里に醇醤を販て、風雅の店舎あり。さながら猩々も待ねば遷■をも畜はず、前には
纓濯ふ難き流を構へ、三笑の徒も渡るべき橋を懸て、更に欲界にそまらず、只恵みを天に
まかせて、福いを私に願はざりけり。
さて武蔵野や■に名高き花の都へ往き来る■の旅客は、貴となく賎となく僧俗風人酒中の
仙も此処に憩ふて飽く迠に楽み、春は遠山の枕なし雲に雨運ぶかと■き、秋は洗染の紅葉
に■き目を疑ふ。遙に七村八村の山邑の美景は、いづれの工も刻りなしがたく。画工も筆を
投難しと眺望して麻の脚半に刻を移すとかや。
されば彼村々あるが中に東台てふ処の水月庵のあるじ俳地の利を考て、此酒家に月毎文台
の席を設、遠近の風君群参して終日滑稽を詠吟す。幸なるかな酒舎の傍にさくらを栽し一塚
あり。いにしむかしより往還の一里塚にして一と木の花今に春を忘れず。斯栄の久しければ、
其まゝに酒軒を名付て一櫻舎と呼事になりけらし。」


今では想像できない、なかなか景色の良い所であったようです。
多分、昔の「一里塚」はもう少し大きく、目印の木なども植えられた「塚」であったのでしょう。
春には近隣の住民が桜の下で酒宴をひらくような、風流な場所でもあったようです。
田畑の開墾や道路の整備によってこの場所に追いやられ、やがて忘れられて行ったのだと
思います。


一里塚ー2

やっと見つけた嬉しさと、この景色の寂しさに複雑な思いが交差する「染井の一里塚」でした。


一里塚ー11



テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

史跡・その他 | 07:53:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する