■プロフィール

sausalito

Author:sausalito
成田は新しいものと旧いものが混在する魅力的な街。歴史を秘めた神社やお寺。遠い昔から刻まれてきた人々の暮らし。そして世界中の航空機が離着陸する国際空港。そんな成田とその近郊の風物を、寺社を中心に紹介して行きます。

■ ■ ■

多くの、実に多くのお寺が、明治初期の神仏分離と廃仏毀釈によって消えて行きました。境内に辛うじて残った石仏は、首を落とされ、顔を削られて風雨に晒されています。神社もまた、過疎化による氏子の減少や、若者の神道への無関心から、祭事もままならなくなっています。お寺や神社の荒廃は、古より日本人の精神文化の土台となってきたものの荒廃に繋がっているような気がします。   石仏や石神の風化は止められないにしても、せめて記録に留めておきたい・・・、そんな気持ちから素人が無謀にも立ち上げたブログです。写真も解説も稚拙ですが、良い意味でも、悪い意味でも、かつての日本人の心を育んできた風景に想いを寄せていただくきっかけになれば幸いです。                             このブログでは、引用する著作物や碑文の文章について、漢字や文法的に疑問がある部分があってもそのまま記載しています。     また、大正以前の年号については漢数字でカッコ内に西暦を記すことにしています。         なお、神社仏閣に関する記事中には、用語等の間違いがあると思います。研究者ではない素人故の間違いと笑って済ませていただきたいのですが、できればご指摘いただけると助かります。また、コメントも遠慮なくいただきたいと思います。

■訪問していただいた数

■最近の記事

クリックした記事に飛びます。

■記事の分類とアップ数
■良く参考にする書籍リスト

記事中で引用したり、取材のヒントを得るために良く利用する書籍です。  文中の注釈が長くなりますので、ここに掲載します。               ■「成田の史跡散歩」小倉 博 著 崙書房 2004年               ■「成田の地名と歴史」大字別地域の事典編集委員会 2011年      ■「成田市史 中世・近世編」成田市史編さん委員会編 1986年       ■「成田市史 近代編史料集一」成田市史編さん委員会編 1972年

■訂正一覧

掲載後判明した誤りやご指摘いただいた事項と、その訂正を掲示します。 【指】ご指摘をいただいての訂正 【訂】後に気付いての訂正 【追】追加情報等 → は訂正対象のブログタイトル        --------------- 

【訂】2014/05/05 の「三里塚街道を往く(その弐)」中の「お不動様」とした石仏は「青面金剛」の間違いでした。  【訂】06/03 鳥居に架かる額を「額束」と書きましたが、「神額」の間違い。額束とは、鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束のことで、そこに掲げられた額は「神額」です。 →15/11/21「遥か印旛沼を望む、下方の「浅間神社」”額束には「麻賀多神社」とありました。”  【指】16/02/18 “1440年あまり”は“440年あまり”の間違い。(編集済み)→『喧騒と静寂の中で~二つの「土師(はじ)神社」』  【訂】08/19 “420年あまり前”は計算間違い。“340年あまり前”が正。 →『ちょっとしたスポット~北羽鳥の「大鷲神社」』  【追】08/05 「勧行院」は院号で寺号は「薬王寺」。 →「これも時の流れか…大竹の勧行院」  【追】07/09 「こま木山道」石柱前の墓地は、もともと行き倒れの旅人を葬った「六部塚」の場所 →「松崎街道・なりたみち」を歩く(2)  【訂】07/06 「ドウロクジン」(正)道陸神で道祖神と同義 (誤)合成語または訛り →「松崎街道・なりたみち」を歩く(1)  【指】07/04 成田山梵鐘の設置年 (正)昭和43年 (誤)昭和46年 →三重塔、一切経堂そして鐘楼  【指】5/31 掲載写真の重複 同じ祠の写真を異なる祠として掲載  →ご祭神は石長姫(?)~赤荻の稲荷神社 

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■最新コメント
■最新トラックバック
■メールフォーム

メールをいただける場合はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最下行の「コメント」をクリックしていただいてもご連絡いただけます

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

「福は内」だけの成田山節分会
今回は去る2月3日に行われた「成田山せつぶんえ」の様子をお伝えします。

節分ー13

「節分」は雑節の一つで、立春・立夏・立秋・立冬の前日のことです。
季節の終わりの日ということになります。
江戸時代頃から、立春の前日のみが「節分」と言われるようになりましたが、本来は年4回
の「節分」があったわけです。
季節の変わり目には邪気(邪鬼)が出ると考えられていて、これを追い払う儀式が行われます。


節分ー1

豆撒きが始まる1時間も前から、お坊さんが節分の由来や本日の手順などを説明しています。
今日の特別ゲストの名前を読み上げると、どよめきが広がりました。
大相撲の横綱白鵬、大関稀勢の里、前頭隠岐の海、前頭遠藤の四力士、NHK大河ドラマの
出演者の井上真央、東出昌大、伊勢谷友介、優香、長塚京三の計9名が地元有力者や
年男らとともに豆を撒きます。


節分ー12
節分ー4
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・節分ー40
大本堂の階段の上には祭壇が設けられ、震災で被災した陸前高田市の杉で作られた
大きな「勝御守」が置かれています。
下は御札売り場で500円で売られている御守り札です。
500円の内の100円が陸前高田市に寄付されます。


節分ー19
節分ー20
節分ー21
境内は人でいっぱいです。
大本堂の階段から香堂に向かって、芝居の花道のように舞台が造られています。
舞台に近い場所にいる人たちは豆を撒く力士や芸能人が良く見え、豆もキャッチできる
でしょうが、身動きできないくらい窮屈そうです。
舞台から遠い人は力士や芸能人は良く見えないでしょうし、豆も届かなそうです。


節分ー2

機動隊員も大勢出て警備にあたっています。


節分ー6
                                            横綱 白鵬
節分ー9
                                            大関 稀勢の里
節分ー7
                                             前頭 隠岐の海
節分ー8
                                             前頭 遠藤

大相撲の力士たちが階段の上に並びました。
さすがに大きな体です。


節分ー24
節分ー25

NHK大河ドラマの出演者たちも記念撮影のために並び始めました。
見物客からは時折黄色い声援が湧き起こります。


節分ー11
節分ー26

豆撒きに参加する年男(女)の皆さんも参加しての記念撮影が始まりました。
こうしてみても大相撲の力士たちは頭一つ二つ抜きん出ています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・節分ー22
節分ー23
節分ー10

お坊さんの吹く法螺貝の先導で大僧正が登場します。


節分ー28

記念撮影の後、本堂内での読経が始まります。
三重塔、一切経堂、鐘楼の前にも大勢の人が集まっていますが、ほんのひと時
スピーカーから流れる読経に聞き入って、動きが止まっています。


節分ー16

この豆撒きは「震災に勝つ!福は内!」と叫びながら行う、「特別追儺豆まき式」です。
この式の他に、年男(女)の皆さんが本堂内のお不動様の前で豆を撒く「開運豆まき」も
行われています。
成田山では「鬼は外!」とは唱えません。
御本尊の不動明王の前では、鬼も改心ししてひれ伏すからだそうです。

この日、撒かれる大豆は860キロ、殻付の落花生が400キロです。
その他にこの日のために用意された「節分會福御守」(剣守)が1095枚(1年の日数の365×
3回の豆まき式)撒かれます。

節分の行事は平安時代の追儺(ついな)が始まりだと言われています。
宮中で大晦日に行われていた「鬼やらい」が変化し、民間に伝わったのでしょう。
宇多天皇の時代に、鞍馬山の鬼が都に下りてきて悪さをするので、豆で目を打って
追い払ったという伝説が残っていますが、このころから豆撒きが始まったようです。


節分ー32
節分ー29
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・節分ー30
大きな手で豪快に撒く力士の枡の中はみるみる空になって行きますが、役者さんたちの
枡にはまだ沢山の豆や剣守が残っています。


  憮然とした表情の二人 節分ー15
節分ー17
突然警官の吹く笛で豆撒きが中断されたのです。
誰かが落ちた豆を拾おうとしゃがんだようです。
警備の警官からは倒れたように見えるのでしょう、繰り返し「途中でしゃがまないでください」と
注意がアナウンスされて再開です。


節分ー18
節分ー31
節分ー33

警官の制止もなんのその、湧きあがる歓声と押し合いへしあいの中、豆撒きは終わりました。

節分ー36
節分ー38

次の回に備えて早くも陣取りをする人、御参りを済ませて帰路につく人・・・。
ざわついた境内に豆撒きの余韻が残ります。


節分ー39
                                         撒かれた豆と剣守

ここ30年以上は2月4日が立春で、節分は2月3日でした。
難しいことは分かりませんが、立春は地球が天球上の黄経315°の点を通過する時
なのだそうです。
天体の動きによって決まっているのならば、多少の変動は当然あるわけです。
1980年や1984年は2月4日(立春は2月5日)でしたし、東京オリンピックの翌年の
2021年は2月2日になります。
立春をはじめとする二十四節気、そして節分や彼岸、社日、八十八夜、入梅、半夏生、
土用、二百十日、二百二十日の九雑節など、日本人は微妙な季節の移り変わりを敏感
に感じて暮らしてきました。
でも、最近の地球温暖化と異常気象のせいか、季節感がなくなってきたように思われます。
それぞれにささやかな祭事があったはずですが、その多くは忘れられてしまいました。
「節分」は生き残っている数少ない祭事ですが、なんとか後世に伝えて行きたいものです。




テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

成田山 | 07:55:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する