■プロフィール

sausalito

Author:sausalito
成田は新しいものと旧いものが混在する魅力的な街。歴史を秘めた神社やお寺。遠い昔から刻まれてきた人々の暮らし。そして世界中の航空機が離着陸する国際空港。そんな成田とその近郊の風物を、寺社を中心に紹介して行きます。

■ ■ ■

多くの、実に多くのお寺が、明治初期の神仏分離と廃仏毀釈によって消えて行きました。境内に辛うじて残った石仏は、首を落とされ、顔を削られて風雨に晒されています。神社もまた、過疎化による氏子の減少や、若者の神道への無関心から、祭事もままならなくなっています。お寺や神社の荒廃は、古より日本人の精神文化の土台となってきたものの荒廃に繋がっているような気がします。   石仏や石神の風化は止められないにしても、せめて記録に留めておきたい・・・、そんな気持ちから素人が無謀にも立ち上げたブログです。写真も解説も稚拙ですが、良い意味でも、悪い意味でも、かつての日本人の心を育んできた風景に想いを寄せていただくきっかけになれば幸いです。                             このブログでは、引用する著作物や碑文の文章について、漢字や文法的に疑問がある部分があってもそのまま記載しています。     また、大正以前の年号については漢数字でカッコ内に西暦を記すことにしています。         なお、神社仏閣に関する記事中には、用語等の間違いがあると思います。研究者ではない素人故の間違いと笑って済ませていただきたいのですが、できればご指摘いただけると助かります。また、コメントも遠慮なくいただきたいと思います。

■訪問していただいた数

■最近の記事

クリックした記事に飛びます。

■記事の分類とアップ数
■良く参考にする書籍リスト

記事中で引用したり、取材のヒントを得るために良く利用する書籍です。  文中の注釈が長くなりますので、ここに掲載します。               ■「成田の史跡散歩」小倉 博 著 崙書房 2004年               ■「成田の地名と歴史」大字別地域の事典編集委員会 2011年      ■「成田市史 中世・近世編」成田市史編さん委員会編 1986年       ■「成田市史 近代編史料集一」成田市史編さん委員会編 1972年

■訂正一覧

掲載後判明した誤りやご指摘いただいた事項と、その訂正を掲示します。 【指】ご指摘をいただいての訂正 【訂】後に気付いての訂正 【追】追加情報等 → は訂正対象のブログタイトル        --------------- 

【訂】2014/05/05 の「三里塚街道を往く(その弐)」中の「お不動様」とした石仏は「青面金剛」の間違いでした。  【訂】06/03 鳥居に架かる額を「額束」と書きましたが、「神額」の間違い。額束とは、鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束のことで、そこに掲げられた額は「神額」です。 →15/11/21「遥か印旛沼を望む、下方の「浅間神社」”額束には「麻賀多神社」とありました。”  【指】16/02/18 “1440年あまり”は“440年あまり”の間違い。(編集済み)→『喧騒と静寂の中で~二つの「土師(はじ)神社」』  【訂】08/19 “420年あまり前”は計算間違い。“340年あまり前”が正。 →『ちょっとしたスポット~北羽鳥の「大鷲神社」』  【追】08/05 「勧行院」は院号で寺号は「薬王寺」。 →「これも時の流れか…大竹の勧行院」  【追】07/09 「こま木山道」石柱前の墓地は、もともと行き倒れの旅人を葬った「六部塚」の場所 →「松崎街道・なりたみち」を歩く(2)  【訂】07/06 「ドウロクジン」(正)道陸神で道祖神と同義 (誤)合成語または訛り →「松崎街道・なりたみち」を歩く(1)  【指】07/04 成田山梵鐘の設置年 (正)昭和43年 (誤)昭和46年 →三重塔、一切経堂そして鐘楼  【指】5/31 掲載写真の重複 同じ祠の写真を異なる祠として掲載  →ご祭神は石長姫(?)~赤荻の稲荷神社 

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■最新コメント
■最新トラックバック
■メールフォーム

メールをいただける場合はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最下行の「コメント」をクリックしていただいてもご連絡いただけます

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

資料が見つからない「耀窟神社」
前回紹介した八幡神社の「西大須賀の神楽」で、「湯立て神事」が行われる「耀窟神社
(ようくつじんじゃ)」を訪ねました。

耀窟神社ー1

県道からちょっと入ったところに鳥居があります。
民家の間の駐車場のようなスペースなので、気を付けていないと見過ごしそうです。


耀窟神社ー2

昭和42年に建てられた立派な社号標です。
「耀窟大明神」は読めましたが、もう一つが読めません。
裏に記された由来(?)を何とか読んでみて分かりました。
「若宮八幡宮」です。

長文ですが、その一部を抜き出すと、
「従五位上斯波毛野飛彈守尊親ハ皇紀九十九代後亀山天皇第三皇子小倉宮良泰親王ノ
曾孫ナリ ・・・・・ 文亀辛酉年同月日父尊親ト共ニ西大須賀ニ於テ誘殺 等覺照卋童男
神際 若宮八幡宮 右ハ王源斯波宗統譜ニ據リテ
昭和四十二年八月下野国晃陽郷長野城址住南朝皇胤第廿六代昇謹誌崇祖王源會建立
栃柿泉町 福原弘念刻」

と書かれています(誤読があるかも知れません)。

何やら良く分かりませんが、南北朝時代の後亀山天皇の第三皇子であった小倉宮良泰親王
(南朝第百代天皇・招慶院天皇)の曾孫にあたる「毛野飛騨守尊親」が、文亀元年(1501年)
にこの地で謀殺されたようです。
南北朝時代は、1392年(南朝・元中九年、北朝・明徳三年)に足利義満により南北朝が統一
されて両統迭立となり、一応の決着をみましたが、その後も火種が尽きずに、100年後には
遠く下総の地でもこのような事件が起きていたのですね。


耀窟神社ー3
耀窟神社ー4

長い石段が続きます。


耀窟神社ー5
耀窟神社ー7 - コピー

128段登ったところに「金毘羅社」がありました。
荒れ果てています。


耀窟神社ー6

脇にあるこの祠には㊎とあります。
明治20年の紀年銘がありました。


耀窟神社ー8 - コピー

さらに78段。
大木に寄りかかるように小さな祠が見えます。
風化が進んで何のお宮かは分かりません。


耀窟神社ー9

やっと登り切った先に参道が続きます。


耀窟神社ー10

明治33年に建てられた「阿夫利神社」。

耀窟神社ー11

「耀窟神社」の創建は不詳です。
ご祭神は「稜威尾羽張神(いつおわりばりのかみ)」であることと、「湯立て神事」が行われる
こと以外に、この神社に関する資料は見つかりません。
(前回の八幡神社の項でも紹介しました「ぜんまいねずみ」さんのブログ「ぐるり房総」の中に
「湯立て神事」の写真があります。)
西大須賀の神楽(ぐるり房総)⇒ 

「下総町史」にもこの神社に関する資料は無く、千葉県や成田市の神社リストにもありません。
成田市の無形民俗文化財に指定されている「西大須賀の神楽」の説明にも、神社名が出て
くるだけで、神社の説明はありません。

ウィキペディアで、江戸時代の下総地方の名士「赤松宗旦」(1806~62)に関する記事の
中に、耀窟神社の名前を見つけましたが、旅の途中に立ち寄ったと言うだけの記述でした。


耀窟神社ー13
耀窟神社ー17

小振りな本殿は装飾も無く、素っ気ない感じです。


耀窟神社ー14
耀窟神社ー15

本殿の裏には崩れかけた祠が散在しています。
その中の一つに、「寛延」(1748~50)の年号が読めました。


耀窟神社ー16

明治43年と記された「耀窟神社之跡」の碑。
「耀窟神社」は何らかの理由で消失し、この碑が建てられた後、大正に入ってから拝殿と本殿
が再建されたのでしょうか?


耀窟神社ー22
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・耀窟神社ー23
耀窟神社ー24

神社の真上を着陸態勢に入った旅客機が横切ります。
静かな境内の空気がビリビリと振動します。


耀窟神社ー28

ここには昔城があったとも言われていますが、それらしき気配は感じられません。
ただ鬱蒼とした森が覆う台地です。


耀窟神社ー25
耀窟神社ー26

神社の裏手の森を進むと、利根川から茨城方向が見渡せます。
こうしてみると、確かに城があってもおかしくない立地です。


耀窟神社ー27
耀窟神社ー19

この神社には、「湯立て神事」が行われるとき以外は、お参りする人もほとんどいないように
思えます。
この辺りには横穴式の墳墓があり、神社との関連や城の存在、さらに、社号標の記述などを
調べて行けば意外な歴史が掘り起こせるかもしれません。


耀窟神社ー29


        ※ 「耀窟神社」 成田市西大須賀1892
           JR成田線滑河駅より徒歩約30分
           しもふさ循環バス西大須賀下車 徒歩約10分 駐車場なし


テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

滑河町の寺社 | 07:50:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する