■プロフィール

sausalito

Author:sausalito
成田は新しいものと旧いものが混在する魅力的な街。歴史を秘めた神社やお寺。遠い昔から刻まれてきた人々の暮らし。そして世界中の航空機が離着陸する国際空港。そんな成田とその近郊の風物を、寺社を中心に紹介して行きます。

■ ■ ■

多くの、実に多くのお寺が、明治初期の神仏分離と廃仏毀釈によって消えて行きました。境内に辛うじて残った石仏は、首を落とされ、顔を削られて風雨に晒されています。神社もまた、過疎化による氏子の減少や、若者の神道への無関心から、祭事もままならなくなっています。お寺や神社の荒廃は、古より日本人の精神文化の土台となってきたものの荒廃に繋がっているような気がします。   石仏や石神の風化は止められないにしても、せめて記録に留めておきたい・・・、そんな気持ちから素人が無謀にも立ち上げたブログです。写真も解説も稚拙ですが、良い意味でも、悪い意味でも、かつての日本人の心を育んできた風景に想いを寄せていただくきっかけになれば幸いです。                             このブログでは、引用する著作物や碑文の文章について、漢字や文法的に疑問がある部分があってもそのまま記載しています。     また、大正以前の年号については漢数字でカッコ内に西暦を記すことにしています。         なお、神社仏閣に関する記事中には、用語等の間違いがあると思います。研究者ではない素人故の間違いと笑って済ませていただきたいのですが、できればご指摘いただけると助かります。また、コメントも遠慮なくいただきたいと思います。

■訪問していただいた数

■最近の記事

クリックした記事に飛びます。

■記事の分類とアップ数
■良く参考にする書籍リスト

記事中で引用したり、取材のヒントを得るために良く利用する書籍です。  文中の注釈が長くなりますので、ここに掲載します。               ■「成田の史跡散歩」小倉 博 著 崙書房 2004年               ■「成田の地名と歴史」大字別地域の事典編集委員会 2011年      ■「成田市史 中世・近世編」成田市史編さん委員会編 1986年       ■「成田市史 近代編史料集一」成田市史編さん委員会編 1972年

■訂正一覧

掲載後判明した誤りやご指摘いただいた事項と、その訂正を掲示します。 【指】ご指摘をいただいての訂正 【訂】後に気付いての訂正 【追】追加情報等 → は訂正対象のブログタイトル        --------------- 

【訂】2014/05/05 の「三里塚街道を往く(その弐)」中の「お不動様」とした石仏は「青面金剛」の間違いでした。  【訂】06/03 鳥居に架かる額を「額束」と書きましたが、「神額」の間違い。額束とは、鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束のことで、そこに掲げられた額は「神額」です。 →15/11/21「遥か印旛沼を望む、下方の「浅間神社」”額束には「麻賀多神社」とありました。”  【指】16/02/18 “1440年あまり”は“440年あまり”の間違い。(編集済み)→『喧騒と静寂の中で~二つの「土師(はじ)神社」』  【訂】08/19 “420年あまり前”は計算間違い。“340年あまり前”が正。 →『ちょっとしたスポット~北羽鳥の「大鷲神社」』  【追】08/05 「勧行院」は院号で寺号は「薬王寺」。 →「これも時の流れか…大竹の勧行院」  【追】07/09 「こま木山道」石柱前の墓地は、もともと行き倒れの旅人を葬った「六部塚」の場所 →「松崎街道・なりたみち」を歩く(2)  【訂】07/06 「ドウロクジン」(正)道陸神で道祖神と同義 (誤)合成語または訛り →「松崎街道・なりたみち」を歩く(1)  【指】07/04 成田山梵鐘の設置年 (正)昭和43年 (誤)昭和46年 →三重塔、一切経堂そして鐘楼  【指】5/31 掲載写真の重複 同じ祠の写真を異なる祠として掲載  →ご祭神は石長姫(?)~赤荻の稲荷神社 

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■最新コメント
■最新トラックバック
■メールフォーム

メールをいただける場合はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最下行の「コメント」をクリックしていただいてもご連絡いただけます

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

1400年前の雷鳴~雷神社
「雷神社(らいじんじゃ)」は小橋川に架かる「雷神橋」の前にあります。
(正しくは、雷神社の前にあるのが雷神橋ですね。)

雷神社ー1
雷神社ー2

鳥居は昭和58年に建てられました。

小橋川は郷部を水源として新妻で根木名川に合流する全長4.8キロの川です。


雷神社ー3 遠くに見えるのは北総線
階段では猫が日向ぼっこ 雷神社ー4

雷神社ー5

急階段の上にちらりとお社が見えます。


雷神社ー6

第三十四代舒明天皇(593~641)が行幸の途中にこの地を通った時、山頂の古松より
一つの雷鳴が響きました。
これを聞いた天皇はこの雷鳴に深く感ずるものがあり、その古松の下に一祠を建てられ
たのが、この神社の始まりだと伝えられています。
伝承通りとすれば約1400年の歴史があることになります。
ご祭神は「大雷神」で、疫病除けの神様として近隣の信仰を集めています。


雷神社ー7

神額は陸軍大将・立花小一郎の書です。
立花小一郎(1861~1929)は、日清戦争では第1軍参謀、日露戦争では第4軍参謀副長
を務めるなど、輝かしい軍歴を持ち、福岡市長を務めた後、貴族院議員となった人物です。
この神額を書くに至った経緯は分かりません。


雷神社ー8
雷神社ー11

本殿は質素な造りです。


雷神社ー9
雷神社ー17
雷神社ー10 享保十一年(1726年)

本殿の裏に2つの祠。
いずれも「雷神宮」と記されています。


雷神社ー12  山口雷神社竣工記念碑(平成6年)
雷神社ー13   平成5年の記念植樹

雷神社ー14
雷神社ー15

「『成田詣』という道中記には「雷の宮へ参り候、抑是は山口村の一の宮にて峨々たる
老松隠森渠々として枝を交え、社頭の石坂を登りて渇仰弥増」と記し、雷神社の森の
すばらしさを表現している。」

(「成田の地名と歴史」成田市発行 P389)

いまは樹木も少なくなっていますが、古木の生い茂るこの小山は当時の面影を残しています。

なお、「成田市史近代編資料集1旧町村誌」中に納められている「下総国下埴生郡山口村誌」
(明治17年)に、雷神社について次のような記述があります。(214P)
「字雷アリ、地坪四拾九坪。 祭神ハ大雷神ナリ。 境内ノ土地醎気ヲ帯ビ海塩ノ如シ。」
塩害があるような場所ではありませんので、太古にこの一帯が海だった名残でしょうか?
そんな土壌に見事な森が育つものなのか、記述に誤りがあるのか、何らかの理由で一時的に
醎気(かんき-辛い・塩辛い)を帯びたのでしょうか?


雷神社ー18
雷神社ー19

眼下を我孫子に向かう成田線が走っています。
下総松崎(しもうさまんざき)駅を出て成田に向かっています。


雷神社ー20
雷神社ー26

雷神社という名前は多くあるようですが、そのほとんどは雷(いかずち)と読むようです。
雷(らい)と読むこの神社は、(伝承によれば)1400年の歴史を刻むわりには地味な
存在です。
狭いながらもきれいに掃き清められた境内には、冷たい北風が吹きつけて、
近くを走る電車の音も届きません。


雷神社ー27


               ※ 「雷神社」 成田市山口1205
                  北総線成田湯川駅から徒歩約20分

                         新年は1月5日(月)から更新の予定です。
                           皆様良いお年をお迎えください。




テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

八生村の寺社 | 07:12:58 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
こんにちは

今年は、ブログを通じ、成田の素敵な風景を
楽しませていただきました。
来年もよろしくお願いします。

では、良いお年をお迎え下さい。
2014-12-29 月 10:25:28 | URL | bonbonno [編集]
bonbonno 様

こちらこそ美しい写真に癒されました。
ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
2014-12-29 月 15:58:18 | URL | sausalito [編集]
雷神社本殿の木の質感が個人的に好きです。
私も成田を通じて沢山の勉強をさせていただき、ありがとうございます。
来年もよろしくお願いいたします。
良いお年を(^○^)
2014-12-30 火 00:26:47 | URL | ナーキー [編集]
霹靂稲荷
 雷神様は古代からずーっと人との関係を深めてきたようです。東大和市には「霹靂稲荷」としてお稲荷さんになっています。
 最近の天候異変を考えると、真剣に平穏をお願いしたくなります。
 よいお年をお迎え下さい。
2014-12-30 火 07:37:50 | URL | 野火止用水 [編集]
ナーキー様 
ナーキー様

いつもコメントをいただき、ありがとうございます。
このブログを通じて私自身多くの勉強ができました。
寒くなってやや動きが鈍っていますが、来年もがんばって成田を
歩き回るつもりです。 良いお年をお迎えください。
2014-12-30 火 08:02:12 | URL | sausalito [編集]
野火止用水 様
野火止用水 様

本当に最近の異常気象には驚かされます。
成田でも数キロの距離で天候が変わり、集中豪雨になったりします。
天気予報はあまりあてにできなくなり、リュックの中には折り畳み傘が
必需品になっています。来年も頑張って歩こうと思います。
良いお年をお迎えください。
2014-12-30 火 08:11:13 | URL | sausalito [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する