■はじめに

このブログでは、引用する著作物や碑文の文章について、漢字や文法的に疑問がある部分があっても、そのまま記載しています。また、大正以前の年号については、漢数字でカッコ内に西暦を記すことにしています。 なお、神社仏閣に関する記事中には、用語等の間違いがあると思います。研究者ではない素人故の間違いと笑って済ませていただきたいのですが、できればご指摘いただけると助かります。また、コメントも遠慮なくいただきたいと思います。

■プロフィール

sausalito

Author:sausalito
成田は新しいものと旧いものが入り混じる魅力的な街。歴史を秘めた神社やお寺。遠い昔から刻まれてきた人々の暮らし。そして世界中の航空機が離着陸する国際空港。そんな成田とその近郊を、流れる風になって気の向くままに綴ります。

■訪問していただいた数

■参加ランキング

クリックしていただくと励みになります               ↓           ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 成田情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉県情報へ

■ジャンル別 ・ アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
関東地方
9位
アクセスランキングを見る>>

■最新記事

■記事の分類とアップ数
■良く参考にする書籍リスト

記事中で引用したり、取材のヒントを得るために良く利用する書籍です。  文中の注釈が長くなりますので、ここに掲載します。               ■「成田の史跡散歩」小倉 博 著 崙書房 2004年               ■「成田の地名と歴史」大字別地域の事典編集委員会 2011年      ■「成田市史 中世・近世編」成田市史編さん委員会編 1986年       ■「成田市史 近代編史料集一」成田市史編さん委員会編 1972年

■訂正一覧

掲載後判明した誤りやご指摘いただいた事項と、その訂正を掲示します。 【指】ご指摘をいただいての訂正   【訂】後に気付いての訂正       【追】追加情報等            → は訂正対象のブログタイトル   --------------- 

【訂】2014/05/05 の「三里塚街道を往く(その弐)」中の「お不動様」とした石仏は「青面金剛」の間違いでした。   【訂】06/03 鳥居に架かる額を「額束」と書きましたが、「神額」の間違い。額束とは、鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束のことで、そこに掲げられた額は「神額」です。→15/11/21「遥か印旛沼を望む、下方の「浅間神社」”額束には「麻賀多神社」とありました。”       【指】16/02/18 “1440年あまり”は“440年あまり”の間違い。(編集済み)→『喧騒と静寂の中で~二つの「土師(はじ)神社」』             【訂】08/19 “420年あまり前”は計算間違い。“340年あまり前”が正。  →『ちょっとしたスポット~北羽鳥の「大鷲神社」』               【追】08/05 「勧行院」は院号で寺号は「薬王寺」。  →「これも時の流れか…大竹の勧行院」         【追】07/09 「こま木山道」石柱前の墓地は、もともと行き倒れの旅人を葬った「六部塚」の場所  →「松崎街道・なりたみち」を歩く(2)          【訂】07/06 「ドウロクジン」      (正)道陸神で道祖神と同義    (誤)合成語または訛り  →「松崎街道・なりたみち」を歩く(1)      【指】07/04 成田山梵鐘の設置年 (正)昭和43年 (誤)昭和46年   →三重塔、一切経堂そして鐘楼  【指】5/31 掲載写真の重複       同じ祠の写真を異なる祠として掲載  →ご祭神は石長姫(?)~赤荻の稲荷神社 

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■最新コメント
■最新トラックバック
■メールフォーム

メールをいただける場合はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最下行の「コメント」をクリックしていただいてもご連絡いただけます

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

新緑の三ノ宮埴生神社
成田山の西参道三ノ宮通りにある埴生神社(はぶじんじゃ)を訪ねました。




三ノ宮埴生神社が正式名で、御霊代(みたましろ)は土師器(はじのうつわ)。
御祭神は埴山姫命(はにやまひめのみこと)で、土の神様です。

その名前や御霊代、御祭神からして、古代に土器の製造を職業としていた
土師部(はじべ)一族が創建したと言われています。
創建年代ははっきりしていません。





成田総鎮守として子育て、安産、初宮参りなどの祈祷が多く行われます。

その昔、麻生郷(栄町矢口)に一宮、玉作郷(成田市松崎)に二ノ宮があり、
その総社としてここ三ノ宮があったようです。





裏手には小高い山があり、木々の間から見えるお社は
長い歴史の重みをたたえています。





小さな裏山には新緑がまぶしい散策路がありました。





お地蔵さんが・・・と思ったら、どうやら違うようです。
何やらお婆さんのような・・・
色あせた紙に女性の戒名のようなものが書かれています。
説明書きはどこにもありませんので想像するしかありません。





小さな墓石と見えたのは、馬頭観世音と刻まれた三つの石碑でした。
嘉永三年と寛政十年と、小さな見字がかろうじて読めました。





石碑の脇から石段が小さな祠に向かって続いています。





浅間神社の掲額がありました。
小さな賽銭箱に投げ入れたお賽銭は乾いた音を立てて底に落ちて行きました。





お社の隣にそびえる椎の巨木は樹齢何百年になるのでしょうか。

いかにも神様が宿られている厳粛な雰囲気を醸し出しています。





この一帯は昔からその地の利ゆえに数々の争乱に見舞われています。
(このことはいずれ触れることになるかもしれません)
その中で現代まで地域の中心として人々の信仰に守られてきた埴生神社は
成田の一角で長い時の流れを見守ってきました。





埴生神社のあるこの道は、県道として多くの車が往来する生活道路ですが、
地元の人達以外には“参道”としてはほとんど知られていません。

ここが“参道”だとは数カ所に立てられた標識がなければ気付かないでしょう。

三ノ宮埴生神社の現在の社殿は明治39年に再建されたもので、年月を重ねて
静かに参道の傍らに鎮座されています。



       ※三ノ宮埴生神社  成田市郷部994
        成田山表参道が薬師堂の前で二股に分かれるところを左へ徒歩約10分。
        JR成田駅、京成成田駅からは徒歩約20分。
        車ではニュータウン側からは公園通りを郷部交差点で右折。
        (408号線のイオンモール側からは左折)
        郷部大橋を登りきったところが交差点なので通り越しに注意。
        県道18号(成田・安食線)の標識と西参道三ノ宮通りの標識がある。




テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

成田町の寺社 | 19:47:21 | トラックバック(0) | コメント(8)
コメント
自然の中にある神社ほど美しく神聖なものはありませんね♪
鳥居が勇ましい。
巨木の存在感がスゴイ!!
なんだか時間というよりも歴史を感じますね。
2014-04-20 日 16:57:58 | URL | つよし兄さん [編集]
どの土地でもそうでしょうが、調べると神社仏閣は周りに驚くほど
沢山あります。それぞれに歴史があり、興味が尽きません。
この三ノ宮埴生神社がある旧埴生庄には「吾妻鏡」にも出てくる
悲劇の勇士埴生時常の物語をはじめ激動の歴史があります。
史跡のほとんどは現存していませんが、時間をかけて探しあるいて
みようと思っています。
2014-04-20 日 18:23:55 | URL | sausalito [編集]
 この辺りの神社の屋根は特徴的ですね 端のほうがカーブしてる。
千葉県の特徴なのか、関東の特徴なのか判りませんが。
 そうですね徳島に比べお金かかってる作りですねw
2015-05-24 日 01:44:15 | URL | 那賀猫 [編集]
Re: Re: タイトルなし
> 那賀猫 様
> あまり気にしていませんでしたが、小さな神社などでは端が反っている
流れ造りが 多いかも知れませんね。
2015-05-24 日 08:59:51 | URL | sausalito [編集]
 あ、そうです、
 徳島県には 波尓移麻比袮神社(はにやまひめ神社)式内社があります。
ググって見てください。 今にも消滅しそうな小さな神社ですが(汗)
 土器製造者が関係しているのでしょうね。 
2015-05-24 日 20:06:50 | URL | 那賀猫 [編集]
Re: タイトルなし
写真を見ましたが、確かにこじんまりしたお社ですね。
波邇夜須毘売神が埴山姫命と同じ神様ですが、波尓移麻比袮も
埴山姫命と同じ神様でしょうか?
2015-05-24 日 22:34:35 | URL | sausalito [編集]
 はい、そうですよ~ 同じ神です。
 漢字というのは後から入ってきたもので、おのおの読みに当てられたものです。  
少なくとも神話の時代(神武以前)は無いものでしたから。
(すみません漢字が入ってきた正確な時期は勉強不足の為判りません)
 ですから「阿波、安房、粟」等は同じ「あわ」なのです。 
千葉と徳島は神話の時代にはもう繋がりがあったのですね。
 館山の安房神社の由緒書きに書いてあったりします。
2015-05-25 月 21:04:40 | URL | 那賀猫 [編集]
Re: タイトルなし
神話時代の実質的な北限は香取・鹿島あたりだったようですね。

2015-05-25 月 22:50:33 | URL | sausalito [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する