■プロフィール

sausalito

Author:sausalito
成田は新しいものと旧いものが混在する魅力的な街。歴史を秘めた神社やお寺。遠い昔から刻まれてきた人々の暮らし。そして世界中の航空機が離着陸する国際空港。そんな成田とその近郊の風物を、寺社を中心に紹介して行きます。

■ ■ ■

多くの、実に多くのお寺が、明治初期の神仏分離と廃仏毀釈によって消えて行きました。境内に辛うじて残った石仏は、首を落とされ、顔を削られて風雨に晒されています。神社もまた、過疎化による氏子の減少や、若者の神道への無関心から、祭事もままならなくなっています。お寺や神社の荒廃は、古より日本人の精神文化の土台となってきたものの荒廃に繋がっているような気がします。   石仏や石神の風化は止められないにしても、せめて記録に留めておきたい・・・、そんな気持ちから素人が無謀にも立ち上げたブログです。写真も解説も稚拙ですが、良い意味でも、悪い意味でも、かつての日本人の心を育んできた風景に想いを寄せていただくきっかけになれば幸いです。                             このブログでは、引用する著作物や碑文の文章について、漢字や文法的に疑問がある部分があってもそのまま記載しています。     また、大正以前の年号については漢数字でカッコ内に西暦を記すことにしています。         なお、神社仏閣に関する記事中には、用語等の間違いがあると思います。研究者ではない素人故の間違いと笑って済ませていただきたいのですが、できればご指摘いただけると助かります。また、コメントも遠慮なくいただきたいと思います。

■訪問していただいた数

■最近の記事

クリックした記事に飛びます。

■記事の分類とアップ数
■良く参考にする書籍リスト

記事中で引用したり、取材のヒントを得るために良く利用する書籍です。  文中の注釈が長くなりますので、ここに掲載します。               ■「成田の史跡散歩」小倉 博 著 崙書房 2004年               ■「成田の地名と歴史」大字別地域の事典編集委員会 2011年      ■「成田市史 中世・近世編」成田市史編さん委員会編 1986年       ■「成田市史 近代編史料集一」成田市史編さん委員会編 1972年

■訂正一覧

掲載後判明した誤りやご指摘いただいた事項と、その訂正を掲示します。 【指】ご指摘をいただいての訂正 【訂】後に気付いての訂正 【追】追加情報等 → は訂正対象のブログタイトル        --------------- 

【訂】2014/05/05 の「三里塚街道を往く(その弐)」中の「お不動様」とした石仏は「青面金剛」の間違いでした。  【訂】06/03 鳥居に架かる額を「額束」と書きましたが、「神額」の間違い。額束とは、鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束のことで、そこに掲げられた額は「神額」です。 →15/11/21「遥か印旛沼を望む、下方の「浅間神社」”額束には「麻賀多神社」とありました。”  【指】16/02/18 “1440年あまり”は“440年あまり”の間違い。(編集済み)→『喧騒と静寂の中で~二つの「土師(はじ)神社」』  【訂】08/19 “420年あまり前”は計算間違い。“340年あまり前”が正。 →『ちょっとしたスポット~北羽鳥の「大鷲神社」』  【追】08/05 「勧行院」は院号で寺号は「薬王寺」。 →「これも時の流れか…大竹の勧行院」  【追】07/09 「こま木山道」石柱前の墓地は、もともと行き倒れの旅人を葬った「六部塚」の場所 →「松崎街道・なりたみち」を歩く(2)  【訂】07/06 「ドウロクジン」(正)道陸神で道祖神と同義 (誤)合成語または訛り →「松崎街道・なりたみち」を歩く(1)  【指】07/04 成田山梵鐘の設置年 (正)昭和43年 (誤)昭和46年 →三重塔、一切経堂そして鐘楼  【指】5/31 掲載写真の重複 同じ祠の写真を異なる祠として掲載  →ご祭神は石長姫(?)~赤荻の稲荷神社 

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■最新コメント
■最新トラックバック
■メールフォーム

メールをいただける場合はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最下行の「コメント」をクリックしていただいてもご連絡いただけます

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

「御遷座旧跡」と「不動尊旧跡」~お不動様の旅(3)
お不動様
                                (不動尊像 成田山ホームページより)

お不動様の旅はまだまだ続きます。

寛朝大僧正による祈祷の効もあってか、将門の乱も治まり、天皇から寺号も賜った「新勝寺」
でしたが、時が経つにしたがって次第に人々からは忘れられて行き、荒れ果ててしまいます。
見かねた近郷の名主たちが集まり、相談の結果、お不動様を成田村の名主諸岡三郎左衛門
の屋敷内に移すことになりました。
以後、お不動様はこの場所で大切にお祀りされていました。

足跡ー58

「成田不動尊 御遷座旧跡」の碑。
昭和41年に建立されました。


足跡ー59

「不動の大井戸」。
三郎左衛門は、霊水が湧き出ると言われた近くの大井戸から毎朝水を汲んでお不動様に
お供えしました。
その井戸はもう埋められてしまいましたが、同じ水脈より湧出する清水を「不動の大井戸」と
名付けて今日に伝えています。
三郎左衛門は羊羹の米屋の創業者の遠縁にあたる人物で、その屋敷跡は米屋總本店の
の裏側にある、ここ「お不動様旧跡庭園」のあたりになります。

お不動様は現在の成田山の向かい側にある神明山に本堂が建立されるまで、この場所に
留まることになります。


表参道ー8

米屋は表参道のほぼ中間点にあり、一年中参拝客がお土産を求めて来店します。


表参道ー31
表参道ー30

総本店の裏に工場があり、その工場敷地の中に「お不動様旧跡庭園」はあります。
案内板はあるのですが、店舗とは仕切られた工場内なので、ちょっと入りにくい感じがします。


足跡ー57

平成4年に建立の「平成水守り不動」。
裏側に「大本山成田山新勝寺貫主 照硯 開眼」と記されています。
この庭園を守護し、「不動の大井戸」の水源を守っていただくよう願って建立したと、
米屋のホームページに書かれています。


足跡ー60
足跡ー61

小さな庭園ですが、いつもきれいに清掃され、手入れされています。


お不動様が諸岡家屋敷内から神明山へ遷座した年代は不明ですが、小倉 博氏の著書
「成田 寺と町まちの歴史」(聚海書林)によれば、 
「遷座年代は不明だが、天文年間(一五三二~五五)に千葉郡生実の大厳寺の道誉
上人が参拝したとの記録があるので、それ以前のことと思われる。」

とあります。(参拝したのは神明山)
神明山はとても狭かったので、永禄九年(1566年)には現在の成田山の場所へ遷座した
のですが、いくら狭かったとはいえ、せっかく建立した本堂をわずか十年や十五年で放棄
してしまうとも思えません。
道誉上人は、享禄四年(1531年)に和泉国(大阪)から関東に下って修行し、帰国。
しばらくして再び関東に下った際、成田山にて21日間の断食修行を行い、天文二十年
(1551年)に大厳寺の開山となりましたから、成田山で修業した時は大厳寺開山の
前ということになります。
諸岡家の屋敷内から遷座したのは天文年間の早い時期だったと私は推測しています。



さて、もう一か所忘れてはならない場所があります。

足跡ー56

ここは「不動尊旧跡」と呼ばれる場所です。
安政五年(1858年)、新勝寺の新本堂(現釈迦堂)が完成し、その入仏供養の行列が
ここから出発しました。
元禄十四年(1701年)の新本堂(現光明堂)の入仏供養は、前回訪ねた不動塚から
出発しましたが、その後この地が幕府直轄領となったため、約1.7キロ離れたこの地に
仮の安置所を設け、ここから出発したのが始まりです。

現在でも7月の祇園祭では、ここから神輿と稚児行列が出発して始まります。

祇園ー15 今年の祇園祭でのお稚児さんと神輿
祇園ー17


足跡ー43
足跡ー45
足跡ー51

中央に小さな祠がありました。
失礼して中を覗かせていただきました。


足跡ー47
足跡ー49

慶應四年(1868年)と明治4年の「永代護摩木山」と刻まれた石碑。
護摩木山とは護摩木になる杉を切りだす山のことで、山ごと寄進されるものです。


足跡ー53
足跡ー54

足元には京成本線、その先にはJR成田線の線路が見えています。
見えている陸協は「阿利耶(ありや)」という難解な仏教語がついた「阿利耶橋」です。


足跡ー55

落葉の季節ですが、きれいに掃き清められていました。
新本堂の入仏供養のために、一時的に使われただけの場所ですが、
成田山新勝寺と地元の人々に大切に守られていることが分かります。


次回は神明山から薬師堂(明暦の本堂)、光明堂(元禄の本堂)、釈迦堂(安政の本堂)、
そして現在の大本堂へとお不動様の旅を追いかけます。


足跡ー69
・・・・・・・・・足跡ー68


             ※ 「お不動様旧跡庭園」
               JR・京成 成田駅から表参道を徒歩5~6分
               なごみの米屋本店内を抜けて裏に出られます。
             ※ 「不動尊旧跡」
               JR・京成 成田駅から徒歩約15分
               駐車場はありません。




テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

成田山 | 08:17:00 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
相変わらず素晴らしい記事ですね(*^^*)
本で出版できますよ。
僕のブログは、いまいち中途半端です(笑)内容とともにいろいろ勉強させていただきありがとうございます\(^o^)/
2014-12-08 月 22:36:32 | URL | ナーキー [編集]
いえいえ、ナーキーさんのブログはテーマの選択がおもしろく、いつも
楽しく読ませていただいています。 特に今回の土方歳三については、
私の好きな歴史上の人物なので興味深く、また五稜郭へ行ってみたいと
思いました。
2014-12-08 月 23:06:15 | URL | sausalito [編集]
生野さん、ありがとうございます。
生野さん
コメントをありがとうございます。少しでも楽しんでいただければ、また書く
く気力が湧いてきます。(本文は別ファイルに保存させていただきました)
詳しいことは存じませんが、お身体が大変そうですね。無理はなさらず
気長に療養なさってください。私は東日本大震災の後、仕事で東北での
支援活動を行っている時に、過労とストレスから突発性難聴を発症し、
引退しました。引退するととたんに体のあちこちに異変が起こり、入退院
を繰り返しましたが、ブログを書くために歩くことが多くなり、少しずつ健康
を取り戻しています。何とか頑張ってブログを書くことが健康法になってい
るようです。まだあまり遠出はできませんが、いつか機会があればお会い
したいですね。
2014-12-10 水 08:02:19 | URL | sausalito [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する