■プロフィール

sausalito

Author:sausalito
成田は新しいものと旧いものが混在する魅力的な街。歴史を秘めた神社やお寺。遠い昔から刻まれてきた人々の暮らし。そして世界中の航空機が離着陸する国際空港。そんな成田とその近郊の風物を、寺社を中心に紹介して行きます。

■ ■ ■

多くの、実に多くのお寺が、明治初期の神仏分離と廃仏毀釈によって消えて行きました。境内に辛うじて残った石仏は、首を落とされ、顔を削られて風雨に晒されています。神社もまた、過疎化による氏子の減少や、若者の神道への無関心から、祭事もままならなくなっています。お寺や神社の荒廃は、古より日本人の精神文化の土台となってきたものの荒廃に繋がっているような気がします。   石仏や石神の風化は止められないにしても、せめて記録に留めておきたい・・・、そんな気持ちから素人が無謀にも立ち上げたブログです。写真も解説も稚拙ですが、良い意味でも、悪い意味でも、かつての日本人の心を育んできた風景に想いを寄せていただくきっかけになれば幸いです。                             このブログでは、引用する著作物や碑文の文章について、漢字や文法的に疑問がある部分があってもそのまま記載しています。     また、大正以前の年号については漢数字でカッコ内に西暦を記すことにしています。         なお、神社仏閣に関する記事中には、用語等の間違いがあると思います。研究者ではない素人故の間違いと笑って済ませていただきたいのですが、できればご指摘いただけると助かります。また、コメントも遠慮なくいただきたいと思います。

■訪問していただいた数

■最近の記事

クリックした記事に飛びます。

■記事の分類とアップ数
■良く参考にする書籍リスト

記事中で引用したり、取材のヒントを得るために良く利用する書籍です。  文中の注釈が長くなりますので、ここに掲載します。               ■「成田の史跡散歩」小倉 博 著 崙書房 2004年               ■「成田の地名と歴史」大字別地域の事典編集委員会 2011年      ■「成田市史 中世・近世編」成田市史編さん委員会編 1986年       ■「成田市史 近代編史料集一」成田市史編さん委員会編 1972年

■訂正一覧

掲載後判明した誤りやご指摘いただいた事項と、その訂正を掲示します。 【指】ご指摘をいただいての訂正 【訂】後に気付いての訂正 【追】追加情報等 → は訂正対象のブログタイトル        --------------- 

【訂】2014/05/05 の「三里塚街道を往く(その弐)」中の「お不動様」とした石仏は「青面金剛」の間違いでした。  【訂】06/03 鳥居に架かる額を「額束」と書きましたが、「神額」の間違い。額束とは、鳥居の上部の横材とその下の貫(ぬき)の中央に入れる束のことで、そこに掲げられた額は「神額」です。 →15/11/21「遥か印旛沼を望む、下方の「浅間神社」”額束には「麻賀多神社」とありました。”  【指】16/02/18 “1440年あまり”は“440年あまり”の間違い。(編集済み)→『喧騒と静寂の中で~二つの「土師(はじ)神社」』  【訂】08/19 “420年あまり前”は計算間違い。“340年あまり前”が正。 →『ちょっとしたスポット~北羽鳥の「大鷲神社」』  【追】08/05 「勧行院」は院号で寺号は「薬王寺」。 →「これも時の流れか…大竹の勧行院」  【追】07/09 「こま木山道」石柱前の墓地は、もともと行き倒れの旅人を葬った「六部塚」の場所 →「松崎街道・なりたみち」を歩く(2)  【訂】07/06 「ドウロクジン」(正)道陸神で道祖神と同義 (誤)合成語または訛り →「松崎街道・なりたみち」を歩く(1)  【指】07/04 成田山梵鐘の設置年 (正)昭和43年 (誤)昭和46年 →三重塔、一切経堂そして鐘楼  【指】5/31 掲載写真の重複 同じ祠の写真を異なる祠として掲載  →ご祭神は石長姫(?)~赤荻の稲荷神社 

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■最新コメント
■最新トラックバック
■メールフォーム

メールをいただける場合はこちらから

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最下行の「コメント」をクリックしていただいてもご連絡いただけます

■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

成田山発祥の地「不動塚」~お不動様の旅(2)
お不動様
                                (不動尊像 成田山ホームページより)

前回に続いてお不動様の旅の跡を辿ります。

さて、寛朝大僧正は尾垂ヶ浜に上陸後、公津ヶ原まで進み、その地で将門の乱を
鎮めるべく、21日間の祈願を行うことになります。
奇しくも祈願の最終日に将門が藤原秀郷、藤原為憲、平貞盛らに討たれ、さしもの
大乱も治まりました。


足跡ー63
祈祷を行う寛朝大僧正(成田山ホームページより)


足跡ー26

寛朝大僧正が祈祷を行ったとされる場所は「不動塚」と呼ばれています。
並木町のJR踏切のそばには小さな祠があり、中に石のお不動様が立っています。


足跡ー28
足跡ー27
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・足跡ー29

昭和16年にこの像は建てられました。
長い間野ざらしになっていたのでしょうか、風化が進んでいます。


足跡ー30

「成田山舊跡 不動塚之碑」と刻まれたこの石碑は明治17年に建てられました。

将門の乱が平定され、寛朝大僧正が都へ帰還する際に、なぜか不動明王像が
全く動かなくなりました。
その時の様子を「新修成田山史」(成田山新勝寺編 P15)にはこう書かれています。

「兵乱既に治まりしを以て、僧正再び尊像を俸持して都に還らんとせしに、重きこと盤石の
如く、僧正未曾有の想をなし、合掌瞑目至心に黙禱せしに明王髣髴として告げ給わく、
『夫れ衆生は無辺にして、我が願も亦尽くることなし。儻し深信機熟の者あらば、処として
応ぜざるなし、我復び京師に還るを願はず、永く此の地に留りて東国の逆徒を鎮押し
渇仰の輩を利益せん』と。」 


この話を聞いた天皇は大いに感動し、「新たに勝った」という意味を込めて、「神護新勝寺」の
寺号を与えてこの地に堂宇を建て、不動明王を祀りました。
天慶三年(940年)のことです。

これが成田山の始まりです。

「こうした縁故から、成田山が元禄十四年(1701)に新本堂(現光明堂)を建立したとき、
この不動塚から御本尊の入仏供養の行列が出発したという。」

(「成田の史跡散歩」 崙書房 小倉 博 著 P87)


足跡ー31

一応、手水舎になっていますが、手水盤には水は無く、刻まれた文字も読めません。


足跡ー35
足跡ー32

さして広くもない境内の手水舎の傍に小さな石仏が置かれています。


足跡ー33

この祠には「十九夜様」と書かれた木札が掛っています。
十九夜様(十九夜講)とは、安産や子供の健康を祈って、地域の女性が旧暦の
十九日に集まって、如意輪観音に灯明や線香をあげて十九夜念仏を唱える
風習です。


足跡ー34

祠の中におられるのは如意輪観音さまと思いきや、右手で如意宝珠ならぬ赤子を抱く
子安観音さまのようです。
やさしく微笑んで赤子を見つめています。


足跡ー36

不動塚に並んで小さな金刀比羅神社があります。
地図を見ると不動塚の表示は無く、金刀比羅神社のみが表示されています。
お不動様は間借りしている感じです。


足跡ー38
明治45年奉納の手水盤  足跡ー37


足跡ー40

寛朝大僧正がこの地で将門の乱の平定を祈願し始めた天慶三年一月頃には、平貞盛
と藤原秀郷が4千の兵を集めて将門軍を攻め破りました。
貞盛・秀郷軍が二月半ばに将門の本拠である石井に攻め寄せた時には、将門軍には
わずか4百の兵しか残っていませんでした。
攻め手には藤原為憲も加わって、連合軍と将門の決戦が始まります。
強風が吹き荒れる中、風上に立った将門軍は弓矢による戦いを優位に展開し、圧倒的に
数の優位を持つ連合軍を退けます。
しかし勝ち戦の中、自陣に引き上げる将門は、急に風向きが変わって反撃に転じた連合軍
によって放たれた矢を額に受けて討死してしまいます。
戦場から遠く離れた公津ヶ原では寛朝大僧正が21日間の祈祷を終わるころでした。


足跡ー39

成田山発祥の地とか、神護新勝寺に関する説明板は無く、不動塚は踏切脇の道端に
金刀比羅神社と同居しています。
厳密にこの場所であったかどうかはともかく、この場所に由緒あるお寺があったとは
とても思えません。

今では千葉県内のほか、北海道から沖縄まで、成田山の別院、分院、末寺、教会は
71ヶ所に上ります。
これほどの大寺院の発祥の場所としては、寂しい景色です。


足跡ー64


お不動様の旅はまだ続きます。
次回は表参道の「なごみの米屋」裏にある、「成田不動尊御遷座旧跡」と、不動が岡にある
「不動尊旧跡」を訪ねます。


                ※ 不動塚  成田市並木町
                   京成電鉄公津の杜駅から徒歩約30分
                   京成成田駅から千葉交通バス八街(やちまた)行き
                   並木町下車徒歩約5分(1時間に1本程度の運行)



テーマ:千葉県 - ジャンル:地域情報

成田山 | 19:31:46 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
成田山の発祥について大変興味深い記事でした。勉強になりました。ありがとうございます。
香川県の金比羅山に行ったことがあるのですが、「金毘羅」とはどういう意味なのでしょうか?
2014-12-06 土 00:35:28 | URL | ナーキー [編集]
ナーキー様
残念ながら私は金毘羅様には行ったことがありません。
機会があったら行きたいとは思っているのですが・・・。
釈迦の弟子の一人の劫賓那(こうひんな)が金毘羅となったようです。
どうして海運の神様になったのか、など、私には分からないことが多く、
おいおい調べてみようと思っています。
2014-12-06 土 08:44:06 | URL | sausalito [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する